【マレーシア】KLIAクアラルンプール国際空港から市内への交通アクセスをまとめてみる

クアラルンプール国際空港(KLIA: Kuala Lumpur International Airport)から市内へのアクセス方法は複数あり、他の都市と同様に空港と市内を結ぶエクスプレス特急、タクシー、高速バスの3通りが主な交通手段だ。マラッカなどの地域に行く場合には、交通手段が多少限られてくるが、市内へのホテルへ向かう場合や単純な市内観光が目的の場合には、比較的簡単に向かうことができるだろう。今回は、そんなクアラルンプール国際空港の交通事情について紹介する。

クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法

主だった交通手段とその概要は以下のとおり。

  • KLIAエクスプレス
    片道55MYR(約1,400円)、往復100MYR(約2,600円)という運賃だが、インターネットで予約すると10%割引される仕組み。KLセントラル駅まで、たったの28分でアクセスできる便利な交通手段。
  • タクシー
    豪華リムジンかバジェットクラスかなどの車種ランクによって料金は上下するが、バジェットクラスの場合、クーポン定額制で74.3RM (約1,900円)の料金となっている。渋滞状況にも依るが、市内まで約1時間。
  • 高速バス
    KLIAからKLセントラルを結ぶ高速バス。片道10RM(往復18RM)という破格の安さ。30分間隔で運行しているため、バジェットタイプの旅行者には非常に便利と言える。

KLIAエクスプレス

運賃:片道55RM(約1,400円)、往復100MYR(約2,600円)
支払方法:現金、クレジットカード等
所要時間:KLセントラル駅まで28分
運行時間:AM5:00~深夜AM1:00

IMG_2391IMG_2392

KLIAエクスプレスはKLIAまたはKLIA2から、KLセントラルまでを結ぶ高速鉄道だ。上記画像はKLIA2のチケットカウンター。

運賃は、片道55RM(約1,400円)、往復100MYR(約2,600円)となっている。インターネットで事前予約すると10%割引される仕組みとなっている。マレーシアの交通手段の中では、若干高めの値段設定であることが様々な方面から指摘されているが、観光客を中心に利用客はそこそこ多い。

支払方法は、現金、クレジットカードで支払いが可能。マレーシアのプリペイドカード”Touch’n go”も利用できる。

所要時間はKLセントラル駅まで、たったの28分。ピークタイムは15分(オフピーク時は20分)間隔で運行しており、利便性も抜群だ。

IMG_2393IMG_2394

KLIA2のエクスプレスのホームはこのようにがらーんと剥き出し状態。

IMG_2395IMG_2396

ホームに駅員などがいるはずもなく、列車が来ると勝手に乗り込んでいく。

IMG_2398IMG_2399

時間帯にもよるが、日中はそこまでたくさんの人が利用する訳ではない。空席は多いので、ほぼ確実に座れるのは微妙に嬉しいポイントだ。

車内は座席スペースと荷物置きスペースに分かれているが、空席が多いので座席横に荷物を置いておいても困ることはないだろう。このエリアはまだ観光客が多いので、物盗りに合う危険性は少ないが海外では横に荷物を置ける方が安心できる。

なお、車内での飲食は台湾やシンガポールと同様に禁止されているので、注意が必要。

IMG_2400IMG_2401

こちらは終点のKLセントラル駅の改札出口。日本の鉄道と同様の自動改札があり、チケットを入れることで通ることができる。往復チケットを買っていた場合には、タッチするだけでOK。

IMG_2402IMG_2404

KLセントラルに隣接する形で、ヒルトンやアロフトといったホテルがあり、ここセントラルを中心に宿泊する形でも利便性はなかな良い。

タクシー

運賃:74.3RM(約2,000円)(バジェットタイプ)
支払方法:現金、クレジットカード等
所要時間:クアラルンプール市内まで約60分(交通事情による)
運行時間:24Hours

クアラルンプール中心部へ向かう場合には高速鉄道を利用してもよいが、交通アクセスの悪いホテルやマラッカなどの地方都市へ向かう場合には、タクシーが主要な交通手段となってくる。

クアラルンプール市内までは、交通事情にもよるが約60分で到着することができる。大きな荷物があったりする場合には、非常に便利な交通手段だ。ただし、クアラルンプール市内に入ると交通渋滞がひどいことが度々あるので、要注意と言える。

空港ではタクシーカウンターでチケット購入する前払いシステム。クレジットカードでも支払いが可能な点も嬉しい。マレーシアは基本チップは不要なので、これ以上料金がかからない点も日本人的に嬉しい。

車種によって、値段が変わる料金体系となっており、バジェットタイプ、プレミアタイプ、大人数向けのファミリータイプがある。予算を節約したいのなら、安価なバジェットタイプがいいだろう。

実はUberも結構お得

Uberを使って市内へ向かうのも、予算的にお得な場合が多い。Uberは通常、距離と時間によって運賃が決定する料金システムだが、空港と市内の移動では定額制となる。

料金は75RM(約2,000円)にプラス高速料金という設定。バジェットタクシーとほぼ同額なので、自分の好みで選択するのがいいだろう。なお、個人的には車が綺麗な方が好きなので、東南アジアはUber派だ。

高速バス

運賃:10RM(約260円)
支払方法:現金
所要時間:クアラルンプール市内まで約60分(交通事情による)
運行時間:AM5:00-PM11:00

主にLCCが中心となるKLIA2からの運航が多い高速バス。料金も8~10RM(約200円~260円)と他の交通手段と比べて格安。

クアラルンプール市内だけじゃなく、マレーシア各都市に運航しており、地方への移動を安く済ます場合に重宝する。エコノミーな旅行を計画している場合には、選択肢として活躍するはずだ。

まとめ:ホテルまで直接行けるタクシーか安く高速バスか

海外旅行をする際には、必ず大きなトランクを持って移動しなければならない。その点を考慮すると、高速鉄道は料金の割に移動が多くなりがちなので、ホテルの場所次第ではあまりお勧めできない。

その分、交通渋滞の心配はあるもののタクシーの値段はそこまで高くもないので、2人以上で利用するならばタクシー利用が非常にお勧めだ。

また、予算を安く済ませたいということであれば、高速バスを検討するのもいいだろう。ほとんどお金を掛けずに市内まで移動ができ、浮いたお金でマッサージなり、美味しいものを食べに行くのもいいだろう。

十分検討してから行けば、時間もお金も効率的に使えるのは間違いない。ご参考まで。

香港のUberって大丈夫?現地に行って実際に利用してみた
最近海外の移動手段はもっぱらUberを利用することが多い。発展途上国に限らず、世界中でぼったくりタクシーが横行しており、基本的に外国人がタクシーに安心して乗車で...
知らなきゃ損するホテル予約をするためのポイント4選!
2日以上の旅行に行く際には、どこのホテルに泊まろうか考えるかと思う。皆、そこで共通して考えることが、「お得に泊まりたい!」ということなのは、確かではないだろ...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です