Uberを東京で20回ほど使ってみた感想をまとめる

私は最初海外でUberを頻繁に利用していたのですが、最近では東京でも頻繁にUberを利用するようになりました。流しのタクシーももちろん利用しますが、Uberならではのメリットがやはりあって、個人的には愛用している次第です。海外含めておそらく100回程度使ったぐらいかと思いますが、東京に限れば20回を越えたぐらいの利用回数です。今回は東京でUberを使ってきた私の個人的感想を述べたいと思います。

Uberって何?

Uberは世界的にも有名な配車サービスです。アメリカやヨーロッパなど様々な国でタクシーをアプリのボタンひとつで呼ぶことができます。

タクシードライバーは必ずしもタクシー会社所属のドライバーという訳ではありません。日本の場合は(2018年9月現在)必ずタクシー会社所属のドライバーが来ますが、ヨーロッパなどではUberに登録しているドライバーとして、若者や普通のおじさん、ただの主婦などが来てくれます。

ちなみに、東南アジアでは2018年4月に配車サービスのGrabに統合されたため、利用できなくなりました。東南アジアでタクシーを呼びたいときはGrabを使いましょう。

シンガポール市内の移動では、現地のタクシー、メトロ、バスの利用が非常に便利ですね。タクシーを使わずともメトロ網が広がっており、ほとんど苦も無く移動することが...

Uberを東京で使ってみた(その1)

具体的なメリットなど細かい話をする前に、実際にUberを使った際の様子をご紹介します。こちらは2018年の5月に乗車した際の記録です。

このときは東京駅周辺からJR田町駅周辺までUberを利用しました。15分ほどの乗車で距離は5km弱。料金は約2,800円と少々普通のタクシーと比較すると高いかなという印象です。

アプリの操作方法などはアプリ画面を開けば、フィーリングで十分わかるように設計されているため、特に解説しませんが、実際に送迎予約をしてから車が来てくれるまでは約10分ほどの待ち時間がありました。

また、予約の段階でドライバーの車種やナンバー、車の位置などもすべてわかるようになっています。

東京のUberならではということで、一般のタクシーとは違いボックス車で来てくれましたし、ハイヤーということで高級車で迎えてくれます。高級車であることをメリットと感じない人も最近は多くなっていますが、女性や上席を連れている場合などは手厚い待遇の典型例とも言えますね。

Uberを東京で使ってみた(その2)

こちらは2018年9月の記録。距離は短く、周辺の駅までは距離があったため利用しました。Uberの初乗り料金(下限料金)となります。

当日は雨が降っていたこともあり、傘をさして荷物を運んでというのはちょっと大変な状況でもあったので利用しました。ハイヤーなので、あえて1.5km程度の距離を使用すべきかは悩ましいところではありましたが、800円程度で乗車できる点は非常に嬉しい限りです。

このときも送迎時間は10分程度でした。雨の日は若干Uberの予約が多くなる傾向にあり、捕まえづらくなる現状があります。この辺はもう少し改善してほしいと思うところです。

Uberを東京で使ってみた(その他)

ここ2-3ヶ月で何度か利用していますが、料金の推移としては一般のタクシー料金+500-1,000円ぐらいの金額感と感じています。もちろん距離によっては微妙にその金額感は変わってくるのですが、距離と金額の対応だけ記載しておこうと思います。

  • 1.61km 3:30 823円 → 最低下限料金
  • 6.44km 16:36 3,128円 → 1kmあたり500円
  • 3.22km 15:52 2,155円 → 1kmあたり670円(渋滞あり)
  • 3.22km 7:26 1,647円 → 1kmあたり511円
  • 6.44km 16:49 3,270円 → 1kmあたり508円
  • 4.83km 15:26 2,754円 → 1kmあたり570円(渋滞あった?)

上記の距離と金額の関係を見ていただけるとわかるかと思いますが、渋滞がなければ1kmあたり約500円で利用することができます。

Uber側の料金計算式は「Base料金+距離制の料金+時間制の料金」という体系なので、厳密には違いますが、感覚値としては500円/kmで利用できると考えても差し支えないでしょう。

普通の一般車タクシーが約330-350円/kmで利用できるため、倹約するのであれば、まぁちょっと特別なときに利用する程度とした方がよいかと思いますね。

Uberのメリット

さて、ではUberを東京で使うメリットは何でしょうか。何度も利用してきた私個人の感想からすると以下のようなものが代表的なものではないかと考えます。

  • 現金のやり取りが不要(クレジットカード決済可能)
  • 降車時の支払手続きが一切不要
    (個人的に一番のメリットと感じています)
  • 領収書をネットで管理できる
  • 大きな荷物でも安心して乗れる
  • 事前に指定した場所で待っていてくれる
  • 車のナンバー、ドライバーの氏名、顔写真、評価なども事前にすべてわかる安心感
  • ほぼ漏れなく高級車で送迎してくれる

私の間隔だと降車時の支払手続きが一切不要という点は非常に大きなメリットです。現金を出す必要がないのはもちろん、カードを財布から取り出す必要すらありません。普通のタクシー利用時のドライバーさんが電子マネー決済の設定をしてからピピッと決済する時間も必要ありません。

着いたら、一言「ありがとうございます、じゃ!」で済むのは個人的にものすごく楽で他のサービスにはないメリットかなと感じています。

海外のケースだと車両ナンバー、ドライバーの顔や評価がわかる点は重宝しますね。トラブルがあった場合でもUber本社が間に入って対応してくれるケースも多いですし。日本だとドライバーの身元がはっきり記録で残っているため、忘れ物をした際の事後対応は極めて楽かと思います。

Uberのデメリット

では、Uberを東京で使うデメリットは何でしょうか。いくつか感じるところを書いておきます。

  • 送迎時間が長い
  • 都内でも場所によっては台数が少ない
  • 料金がやや高い

この3点くらいかなと個人的には思います。送迎時間が長いというのは、Uberのアプリ上で表示されている待ち時間と実際にUber車が来てくれる時間に差があるため、想像以上に長く感じるという面があります。

基本的に待ち時間10分と表示された場合、渋滞や道路状況を加味して15-20分程度は待つ覚悟をしておく必要があるかと。ただ、個人的には待ち合わせ場所でUberの配車依頼をするのではなく、事前に予約をしておいて使った方が圧倒的に効率的かと思います。

例えば、自分が東京駅に着く時間などを事前に把握しておき、迎車時刻をそこに合わせて依頼するような形です。これまでの経験上、事前予約を毎回するため、待ち時間はほとんどありません。

まとめ:荷物が多いときはUberを必ず使います

海外ユーザー向けに特化したUber

海外のUberと東京のUberは同じUberですが、サービスはかなり異なる印象を持っています。やはり東京のUberはハイヤーサービス的な側面が強いことや、海外旅行客に特化している点が特徴として挙げられるでしょう。

ドライバーさんとは色々な話をしてきましたが、多くのドライバーさんがUber利用者の5-8割前後が外国人観光客と話していました。成田空港をベースにしているドライバーさんに話を伺ったときに、成田空港から都内までタクシーを利用する海外旅行者も比較的多く、一度「成田空港から河口湖まで」行ってほしい旨言われたこともあるそうです笑。タクシーの距離ではないですね。

中国からの家族客ニーズもカバーするため、大きなトランクが複数入れられるワゴンタイプの高級車だったり、大人数で乗車できるようなボックスタイプの高級車だったりで運行されるケースがほとんどです。海外旅行客にとって利便性の高いサービスなのは間違いないでしょう。

※ちなみに、都内のほとんどのUberはトヨタアルファード、ベルファイアです

旅行帰りなど荷物が多いときこそ重宝する

私の場合、ほぼ例外なく旅行帰りなど荷物が多くなるときはUberを予約して利用しています。家内と2人で大型トランクを持っている場合、普通のタクシーは入らない可能性高いですし、そもそもタクシー待ちに並ぶのは非常に面倒くさいと言えます。

そのため、事前に予約をしておいて、待ち合わせ場所で待機してもらうのがUberの賢い使い方なのではないかと思います。というか事前にドライバーさんに待機してもらうハイヤー利用に感覚は近いのではないかと。もし身軽な状態でふとタクシー使いたくなった場合には、流しのタクシーを拾ってしまうのが早いのは間違いありません。

クーポンコードでお得に乗車しよう

Uberは新規登録者向けにクーポンコードを配布しています。以下のリンクから登録すると1,500円分の無料乗車クーポンを手に入れることができます。使おうと思ったときにUberアプリをダウンロードするのはかなり面倒な作業になるため、もし今後試してみたいと思うのであれば事前にダウンロードしてアカウントを作っておくのが良いでしょう。

Uber 無料乗車クーポン付きリンク

作成したアカウントは国内海外共通で利用できます。海外旅行時でも大活躍してくれること間違いなしのアプリですので、旅行のお供としてアプリを入れておくのもいいかもれません。以上、ご参考まで

私はかねてからのUberアプリ愛用者ですが、先日の台北旅行の際にもUberを利用してみました。台湾のUber事情はここ数年間で2転3転しており、うまく使える...
最近海外の移動手段はもっぱらUberを利用することが多い。発展途上国に限らず、世界中でぼったくりタクシーが横行しており、基本的に外国人がタクシーに安心して乗車で...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です