ザ・プリンスさくらタワー東京 オートグラフコレクション 宿泊記

だいぶ前の宿泊記となってしまいますが、2020年12月末に宿泊した品川のこちらのホテルを紹介したいと思います。SPGアメックスの無料宿泊クーポンが余っており、今後旅行の予定も立てられないため、さっさと使ってしまうことにしました。

ザ・プリンスさくらタワー東京 オートグラフコレクション

ホテル名:ザ・プリンスさくらタワー東京 オートグラフコレクション
ホテルランク:★★★★☆
宿泊部屋:デラックス
予約価格:無料宿泊クーポンを利用
予約方法:マリオット公式経由

予約はSPGアメックスの無料宿泊クーポンで

今回の予約はクレジットカード(SPGアメックス)に付帯する無料宿泊クーポンを利用しての予約でした。SPGアメックスは確か2016年くらいか注目され始めて、ものすごいお得な付帯得点やマリオットのプラチナチャレンジとも相まって、ホテラー界の中ではマストなカードとして広く認知されています。若干、付帯得点のお得加減は当時からやや薄れてしまった印象がありますが、今も現役で使用しているカードのひとつです。

ちなみに、(個人的な意見として)ブランドを固定しないで好きなホテルを選んで泊まりたい、と考える人にとってはホテルズドットコムは結構おすすめできるサイトかと感じます。昔から10泊で1泊無料(厳密には諸税部分は対象外なので違いますが・・・)の会員プログラムを実施しており、安定したお得感を感じられる予約サイトとなっています。

また、ホテル予約サイトから予約を行う際は大抵Mr. Rebatesなどのキャッシュバックサイトを経由させてから、予約することがホテラー界の中では定石となっています。これは単純に節約術の一種なので、大した話ではありませんが、国内のポイントサイトのハピタスなどを活用して、ホテル代を抑えるテクニックとなります。Hotels.comやBooking.comなどのホテル予約サイトでも高い時期で8%バックのときがあり、キャッシュバックでお得に宿泊することが可能です。

品川駅徒歩5分だが、体感は徒歩10分

こちらのホテル、立地条件が良く、品川駅から徒歩5分の距離にあります。品川駅付近はお店が多数あるので、食事やちょっとした買い物などは全く困らないかと思います。

ただ、ホテル側へ少し歩くだけで、完全な坂道になってしまいお店は基本皆無。そのため、ホテルから買い物へ行こうとすると必然的に品川駅の目の前まで歩くことになるため、若干注意が必要です。私も今回はリモート会議&リモート飲み会が重なっていたため、品川駅付近で食事を済ませてから、こちらのホテルにお酒を持ち込んで飲み会には対応しました。若干このあたりの利便性は難ありかな、と感じます。

なお、最も近いコンビニとしてグランドプリンスホテル新高輪の地下にセブンイレブンがあるようで、そちらを利用するのが最も便利かと思います。

エントランスはオシャレ、常時ドアマンもいる手厚い対応

私は東京在住ですが、ここのホテルには初めて宿泊するため、エントランスを見るのも初めてでした。オートグラフコレクションはあまり統一的なデザインのイメージがなく、ホテル毎に個性が違うイメージのため、どんなホテルか少々ワクワクしてこの時は訪問しました。

写真を見ていただくとわかる通り、シックな門構えのエントランスで10メートルほどの小道からホテル入口に入っていく構造となっています。このエントランスには常時ドアマンがおり、(開けるべきドアはないのですが)タクシー応対など伝統的なレセプション対応をされておりました。

天井高は低いものの、間接照明で落ち着いたフロントロビー

2020年12月当時は顔認識型の体温検査機があり、そちらで体温確認をしたあとチェックインする流れになっていました。年末ですが、特に混雑する様子はなく落ち着いた雰囲気で静かなホテルロビーとなっており、居心地の良さを感じます。

チェックイン時はおしぼりをいただいたり、(このランクのホテルとしては)比較的丁寧な対応をしつつ、部屋を確保していただきました。無料宿泊クーポンを使用していることもあり、アップグレードはなかったですが、もともとの部屋の広さが46平米もあるということもあり、全く問題ないですね。

  • デラックス 46㎡ ←予約部屋&宿泊部屋
  • サウスサイド・デラックス 46㎡ 
  • タワーサイド・デラックス 46㎡
  • デラックストリプル 46㎡
  • デラックスコーナー 39㎡
  • タワーサイドデラックスコーナー 39㎡
  • ジュニアスイート 52㎡
  • サウスサイドジュニアスイート 52㎡
  • さくらスイート 85㎡

正直な話、都内でこれだけ広い部屋のホテルはなかなかないのではないか、と感じます。東京都内のビジネスホテルであれば11~14平米という狭さですし、ラグジュアリーホテルでも20~25平米かなと。そういった面を考えると、多少宿泊価格が高くても許容できるかな、とも思います。

エレベーターに乗って本日のお部屋へ。ちなみにホテルそのものが広いこともあって、ホテル入口から50メートルくらいは歩かないとエレベーターに辿り着かなかった印象を持っています。あくまで体感ですけれど。

スタジオデラックス

部屋に入ってみると日差しがまぶしいくらいに入り込むシックなお部屋が迎えてくれました。ベッドサイズはキングでしょうか、ここまで大きいサイズは久しぶりですね。やはり大きいベッドというのは気分上がります。

逆側からはこんな風景。デスクと呼ぶには少々厳しいサイズの机とベッドの対面にテレビが設置されています。部屋が広いだけあって、テレビサイズがかなり小さく感じてしまいますね。私はほとんどテレビを見ない人間(好きな番組だけ録画する派)なので、ホテルでのテレビサイズは正直大きくても小さくても何でも良いのですが。

窓側にはシングルのソファが2席。仕事時は机を使わず、ずっとこちらのソファを利用していました。結局のところ。ビジネス目的だと部屋の構造はちょっとイマイチかな、と思いますが単純な宿泊であれば何ら問題ないでしょうね。

テレビの下には冷蔵庫があり、備え付けのドリンクが入っています。ちょっとパンパン気味に入っているので、後から買ってきた飲み物を冷やすスペースがほとんどないのは少々嫌ですね。

別の引き出しにはパジャマ。しかも2種類。2種類置いてあるホテルというのはなかなか珍しい気がします。いいですね、こういうところは特に。

クローゼットはこのとおり大きめのものがあります。

トイレはタンクレスタイプ。シャワールームとは別になっており、手洗い用の蛇口がトイレ個室内にあるうれしい設計。しかもハンドタオルも常備していてくれるサービスの良さ。不自由はありません。

まとめ:東京にしては広いお部屋でゆっくりのんびり

総合評価:★★★★☆:東京にしては広いお部屋でゆっくりのんびり
ハード面:★★★★☆:建物自体は経年しているものの中は快適
ソフト面:★★★★★:朝食は見れていないですが、それ以外の面は◎
コスト面:★★☆☆☆:うーん、あまり安い日はなかったような
アクセス面:★★★★☆:ホテル前の坂道が・・・

こちらのホテル、無料宿泊クーポンの消化処がなかったため、やむなく選択したのですが何だかんだ良いホテルで安心しました。全体的な居心地は総じて良く、唯一難点があるとするとアクセス面かコスト面かと言ったところでしょうか。

ちょっとした小腹がすいたときや、買い物したいときにホテル内コンビニはなく、隣のホテル(グランドプリンスホテル新高輪)まで行く必要があります。ただ、食事をするとなると品川駅まで坂道をとことこ歩くことになるため、なんとも難しいところです。

もう1点気になるのはコスト面ですね。今回は無料宿泊クーポンでお得に宿泊させていただいたため、あまり気にしなかった点なのですが、このホテルにいくら位まで出せるかは難しいところです。コロナの影響があるとはいえ、東京都内のホテルは価格がかなり高めで推移しているため、決して地方ホテルの価格では泊まれません。そのあたりはちょっと考えざるを得ないところですね。

とはいえ、トータルで考えると、品川駅でゆっくり滞在したい選択肢としてはお勧めできるホテルのひとつなのは間違いありません。ご参考になれば幸いです。

ANAインターコンチネンタル東京 宿泊記 ウェスティンホテル東京 宿泊記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。