ウェルビー名駅 宿泊記

2022年6月上旬だったでしょうか、名古屋にちょうど来ていました。名古屋に転勤した友人に会いに久しぶりに名古屋へ行って、少々観光チックなことをしたりとそんな休暇で利用したホテルのひとつです。サウナで有名なウェルビーグループ。栄店も気になっているのですが、今回は夜遅くに到着して比較的スムーズにチェックインできそうな名駅側を利用しました。

ウェルビー名駅

ホテル名:ウェルビー名駅
ホテルランク:★★☆☆☆
宿泊部屋:プレミアムルーム
予約価格:約6,000円
予約方法:楽天トラベル経由

予約は楽天トラベルから

ホテル予約の際は色々とテクニックがあったりするのですが、今回はウェルビーなのであまり特殊なこともせず、直に楽天トラベルから予約を行いました。楽天で予約をする際は、楽天スーパーセールやお買い物マラソンが実施しているタイミングで合わせて予約するなどで、旅行代金以外のポイントバック率も合わせた形でお得に宿泊するようにしています。今回もタイミングがちょうど重なった関係もあり、利用させてもらいました。

ちなみにですが、旅行代理店サイトなどから予約をする際は、キャッシュバックサイトを経由して予約するのがおすすめです。日本だとハピタスなどのキャッシュバックサイトが有名ですね。楽天トラベルに限らずHotels.comやBooking.comなどのホテル予約サイトもキャッシュバックサイト内では対象となっており、キャッシュバック率が高い時期は8%バックにもなるときがありますので、他ホテルサイトを利用する際もぜひご活用ください。

名古屋駅から徒歩5分

ウェルビー名駅は名古屋駅の南側、つまりは名鉄名古屋駅側からさらに南へ歩いた位置にあります。名古屋駅直結ではないため、改札を出てから5分ほど歩く必要がある点には注意が必要です。

名鉄百貨店とヤマダ電機を通り過ぎて交差点まで来ると、ウェルビーが入っている建物が見えます。

遅めのチェックイン

今回はチェックインが遅い関係もあってシティホテルでもなく、サウナ特化型のこちらのホテルにしてしまいました。滞在時間も短く、周辺も名古屋駅付近なのでコンビニ、ドラッグストアも豊富で不足があってもすぐに買いに行ける環境となっています。

サウナ施設に簡易宿泊スペースが付帯したホテル?

チェックイン受付カウンター前

施設はホテルというよりもスーパー温泉に近いですね、受付で鍵を預かってそこでチェックインを済ませます。基本的にサウナ利用客・カプセルホテル利用客は脱衣所側のスペースへ案内されるのですが、プレミアムルーム宿泊者は別に区分けさせられたエリアへ案内されます。写真で見えている右側のドアからプレミアムルームのエリアへ入ることができます。

チェックインの時間を忘れてしまいましたが、確か午後8時か9時頃だった気がしますね。平日夜ということもあり、混雑はしてなくスムーズにチェックインもでき快適でした。

プレミアムルーム

ウェルビー名駅はホテルではなくサウナがメインの施設なので、宿泊できる部屋は「カプセルルーム」か「プレミアムルーム」の2種類しかありません。私は今回、少しでも快適に・・・と思い、プレミアムルームを選択しました。

プレミアムエリア側はすべて半個室のパーティションで仕切られたブースが並ぶ空間となっており、フリードリンクマシンなども中に用意されています。

部屋数は全部で12部屋。決して多くはないものの、最繁忙期でなければ満室になることはないのかな?とも思いました。私が宿泊していたときは、半分程度の利用度合いでしたね。

こんな感じでパーティションで仕切られていますが、天井付近は壁で仕切られていないため、音は筒抜けのエリアとなっています。出入りする部分はスライドドアではなく、アコーディオンカーテンですね。不透明なパーティションなので、中の様子は見えないようになっています。

半個室の環境であるため、音の出るようなものは一切NGとなります。電話はもちろんスマホやPCからの音もすべてこのエリアではNGとなります。

プレミアムルームの広さは畳で2畳くらいのスペースでしょうか。半分はベッドで埋められており、極めて狭いのは間違いありません。寝るときはなんだかんだ隣の明かりなどがチラチラ入ってくるため、備品のアイマスクを付けて寝ました。

また、隣で人が動く音というのは結構夜中大きく聞こえるため、それを防ぐ意味でも備品の耳栓を使用して寝ざるを得ませんでした。就寝環境としては決して良いとは言い難いものだと思います。

ベッド以外の残り半分はPCデスクに革張りの椅子が置かれています。PCはデスクトップで動かせないですから、実質的にスペースはほぼないようなもので書き物やPC作業はかなりしづらく不便と言えます。

また、革張りの椅子はどこをどう使うとこんなにボロボロになるのか、何十年も使い続けているからなのか、理由はわかりませんが相当年季の入った椅子でしたね。決してホテル全体が真新しい設備というわけではないですが、椅子だけは異様に古く感じたのを覚えています。

室内用のスリッパ、靴ベラが置いてありました。

セキュリティボックスはなく、ベッド下の鍵付きの引き出しがその役目となっています。まー、これだけ見ると貴重品を預けていたとしてもハンマーひとつあれば中身を取り出すことができるので、セーフティボックスとしての保管能力は薄いですね。結局貴重品はほぼ肌身離さず持ち歩くことになりました。

プレミアムルーム共用エリア

サウナエリア側に洗面台などが揃っているのですが、こちらはプレミアムルーム宿泊者専用として利用できる洗面台、トイレスペースがあります。

リラックススペース

ウェルビーはサウナメインですが、サウナに入った後のリラックススペースがしっかり目に充実しています。ごろごろできるスペースはもちろん漫画も結構種類豊富で時間が許せばいつまでもいられる環境になっています。私がいた時間帯はうるさい客もいなく非常に快適でした。

軽食スペースもありました。私がサウナから出てきたタイミングは深夜時間帯ということもあって、サービスは終了していましたが日中であれば利用できるのでしょう。

漫画がたくさん置かれているエリアの一部にマッサージスペースがありました。サウナと合わせてもみほぐしのマッサージってめっちゃ気持ちいいですよね。この記事書きながらまたサウナへ行きたくなってきました。

サウナ

肝心のサウナの方ですが、やはりサウナ特化型の施設ということもあり、満足度は非常に高かったです。

内風呂は「通常のお風呂」と「寝風呂」「水風呂」とそこまでバリエーションは豊富とは言えないのですが、サウナが「森のサウナ」「フィンランドサウナ」「ミストサウナ」と3種類あり、外気浴スペースが豊富にあるため、サウナを楽しむ環境は非常に充実していたと言えます。

詳しくはウェルビー名鉄のオフィシャルページを見ていただくとよりサウナの情報がわかるかと。

朝食は近所の喫茶店でモーニング

翌朝、夜と朝でたっぷりサウナを楽しんだ後は朝食を食べに外へ出かけました。名古屋のモーニングって個人的になんかうさんくさい価格設定に見えてしまって個人的にあんまり好きじゃないんですよね。とはいえ、せっかく名古屋にいることだし、モーニングをいただくことにします。

「コーヒー1杯で食事が付いてきてお得」とときどき名古屋のモーニングを表現する方がいるのですが、どう考えてもコーヒー1杯と食事の値段でコーヒーを提供しているようにしか聞こえないんですよね。もちろん今の時代、賃料・人件費・原価高騰という商売上難しい問題があるので、それなりの価格で提供しないと商売成立しないという点は理解できるのですが。

この日はこちらの喫茶店を利用させていただきました。もちろんおいしかったですよ。

まとめ:あくまで半個室のスペースである点に注意

総合評価:★★☆☆☆:あくまで半個室のスペースである点に注意
ハード面:★★☆☆☆:だいぶ老朽化が進んでいましたね
ソフト面:★★★★☆:歯ブラシはもちろん整髪料も無料で利用可能
コスト面:★★★☆☆:サウナ料金込みなのでお得なようなそうでもないような
アクセス面:★★★★☆:近いけど思ったほど近くない笑

あまり厳しく言うのも違うのですが、あくまでこちらはサウナ特価の施設であって宿泊は二の次なんですよね。それを踏まえるとまぁ致し方ないかなと感じています。

今回一番困ったポイントというのが、プレミアムルームが半個室スペースだったということですね。多少の設備の老朽化はさておき、半個室のエリアになっているため、電話などの会話ができません。スマホなども音声は出せないため、イヤホンを付けて・・・などかなり滞在中は居心地の悪い状況で過ごしました。電話ができるスペースは施設内になく、かろうじてフロントロビーのエレベータで人が行き交うエリアでなら可能という状況です。正直そこで急な仕事をこなさなくてはならなかったので中々きつかったと言えます。

とはいえ、サウナ施設なので手ぶらでも全然問題ないようにアメニティ類が揃っていたり、暇つぶしスペースが充実していたりとウェルビーならではの良さも沢山ありました。このへんは利用目的次第ですかね。

最後に宿泊料金の面だけ述べておくと、今回の宿泊料金の中にサウナの利用料金がすべて含まれています。そのため、サウナ利用料金3,000円(時間無制限)が含まれているため、宿泊代金は実質3,000円という計算になります。そう考えると、コスパは良いのかなとも思ったり・・・。

いずれにせよホテル重視であれば「やめましょう」とはっきり申し上げられますが、サウナ重視であれば「ぜひ一度は」と言ってよい施設だったかと思います。そんな感じです。ご参考まで。

そんな感じでいい部分も悪い部分も色々感じた滞在となりました。以上、ご参考まで。

名古屋マリオットアソシアホテル 宿泊記 ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋 宿泊記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。