【クアラルンプール】1泊2日おすすめ観光ルートを紹介

クアラルンプールの街はクアラルンプール国際空港から車で1時間の距離にある。空港からは高速鉄道もあるため、飛行機の乗り継ぎでクアラルンプール空港を使う場合などトランジットベースでの観光もしやすい都市の一つ。今回はクアラルンプールに初めて1泊2日する人向けの超ド定番を網羅した観光モデルコースを紹介したい。

クアラルンプールの観光モデルコース

今回紹介するモデルコースは、そのほとんどが観光ガイド等なくても立ち寄れる場所を中心に押さえている。また時間についても、相当余裕をもって組んでいるので、実際に観光する際は、合間にローカルなお店を巡ったり、観光スポットを追加するなど、ぜひ自分なりにアレンジしていただきたいと思う。

旅の概要は以下の通り。

  • 1日目昼過ぎ:クアラルンプール空港到着〜市内ホテル
  • 1日目午後:ペトロナスツインタワー
  • 1日目夜:チャイナタウンで夕食
  • 2日目午前:イスラム系美術館・国立モスク見学
  • 2日目昼過ぎ:セントラルマーケットでショッピング
  • 2日目夕方:クアラルンプール空港へ移動

日本を朝一出発した場合は、昼過ぎにクアラルンプールへ到着することがえきる。また、2日目夕方の帰国または次の国への出発便とすれば、たった2日間で主要な美味しいところを網羅できるプランだ。

1日目昼過ぎ クアラルンプール空港到着〜市内ホテル

日本出発の場合には、早朝出発するとお昼過ぎの到着が可能だ。前日深夜便を利用すれば、よりクアラルンプールでの滞在時間を伸ばすことができる。体力的な問題もあるが、深夜便を利用する方が航空券価格も割安なことが多く、滞在時間を増やすこともできるため、可能であればそちらを使った方が望ましいだろう。

空港からの交通手段は複数用意されており、どれも1時間程度で市内まで行くことができる。電車含めて楽しみたい人はエクスプレスの利用がオススメだ。

クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法は複数あり、他の都市と同様に空港と市内を結ぶエクスプレス特急、タクシー、高速バスの3通りが主な交通手段となっ...

ホテル到着後はチェックインをして荷物を置いて、観光スタートだ。すぐに外出準備をしよう。

1日目午後 ペトロナスツインタワー

IMG_2499IMG_2498

まずはツインタワー鑑賞から。ホテルの立地にもよるが、市内のホテルならタクシーで15分以内で着ける場合も多い。時期にもよるが、ツインタワー前には常に人だかりができている。

IMG_2497

とりあえずツインタワー前で記念撮影をしよう。色んな国の人が撮影しており、写真をお願いすれば大概快く取ってくれる。

IMG_2496IMG_2512

このときは旧正月の時期ということもあって、いろんなところにハッピーニューイヤーの文字が飾られていた。

IMG_2501IMG_2502

ツインタワー内部はショッピングモールとなっている。日中に訪れた際には、マレーシア最先端のデパートも合わせて楽しもう。

IMG_2503IMG_2504IMG_2505IMG_2506

ちなみにマレーシアでは、ドリアンのアイスやらお菓子が豊富。コーラは2.75RM(74.25円)、コンビニ価格を単純比較すると日本の半額ぐらいの物価であることがわかる。
※1リンギット=27円で計算

IMG_2507IMG_2508

日本食ももちろんあり。向こうではパックでの販売ももちろんあるが、1貫単位でも販売されている。ただし、見た目が蛍光色だったりするので、日本人的にはちょっと不気味かもしれない。

IMG_2509IMG_2510

ペトロナスツインタワー裏手には、KLCCパークがある。KLCCパークの入り口前には、鮮やかな噴水ショーをやっており、こちらもぜひ立ち寄っておこう。

IMG_2513IMG_2514

なお、ショッピングモール内のトイレは有料だ。入り口前におばちゃんが利用料を徴収してくる、2.0RM(54円)という何ともいやらしい値段。中はいたって普通のトイレであり、観光客がやむなく使用するので、人件費を考えてもいい商売になってたりする。

IMG_4110IMG_4114

ペトロナスツインタワーまでのアクセス・ペトロナスツインタワーからの移動は、交通機関の利用が得意であれば、日中夜間問わず地下鉄を利用するのもいいだろう。ただ、移動で彷徨う時間がもったいないので、Uberで次の目的地まで行くのが非常に便利。地下鉄ほど安くはないが、日本のタクシーとは比べられないほど安い。

クアラルンプールはマレーシアの都市。東南アジアというかアジアの中では、英語が公用語として使われている国の一つ。タクシーの運転手ももちろん使えるので、通常のタ...

なお、公共のタクシーはぼったくりもあるので、利用の際は注意したい。

1日目夜間 チャイナタウン


ツインタワー周辺をぶらぶら散策すると、到着フライトの時間にもよるが夕方〜夜になっているんじゃないだろうか。夕食を食べれる場所は複数あるが、今回はチャイナタウンに行くパターンを紹介する。

IMG_4089IMG_4090

チャイナタウンはクアラルンプールの中心部に位置しており、ペトロナスツインタワーからタクシーで10分〜15分程度で着くことができる。夕方は若干渋滞が気になるところだが、バンコクなどの都市と比較するとかなり軽い渋滞だ。そこまで心配するほどではない。

IMG_4091

チャイナタウンは、有名な観光スポットだけあって、常にたくさんの人で賑わっている。なお、チャイナタウン内にはナイトマーケットも開催されているが、価格帯は観光価格に釣りあがっており、買い物はオススメできない。

IMG_4092IMG_4093

食事処も多数あり、中華料理だけでなく、シンガポール、タイ、ベトナムなどアジア周辺国の料理も食べることができる。

IMG_4094IMG_4095

価格は日本の居酒屋なぞに比べれば割安感があるが、そこまで価格差があるわけでないので、期待して行くとがっかりするかも。あくまで、雰囲気を楽しむという感覚で行くのがお勧めだ。

IMG_4097IMG_4098IMG_4099IMG_4100

友人を連れて行った際は、 チャーハンやカレー風炒め物、北京ダック風チキン等をオーダー。屋外でビールを飲みながらチャイナタウンの雰囲気を味わいつつ、腹を満たすのがオススメだ。

IMG_4102IMG_4103

チャイナタウンにはお菓子も販売している。こちらのクッキー的な饅頭は1.1RM(約30円)。

この後は、明日に備えてホテルへ戻るのもいいし、ブキビンタン方向へ行くのもいいだろう。ビアバーも豊富にあるため、遅くまで飲み歩くことも可能だ。

今回はクアラルンプール滞在時に利用したホテルを紹介。たった1泊だけの滞在ではあり、あまり期待はしていなかったものの中々コスパのよい宿泊となった。ルネッサンス...
クアラルンプールに1泊する際に使用したこちらのホテル。クアラルンプールの中心部に位置しており、2017年にできたばかりということで色々と期待が膨らむ滞在となった。...

2日目午前 国立モスク

翌日は午前9~10時頃から動き出すのがよい。朝食は、涼しいホテルで食べてから動くと、朝から疲れずに済むのでホテル飯をお勧めしたい。国立モスクまでは、ルート的にタクシーで移動するのが便利だ。徒歩圏であったとしても、周辺道路は渡りにくい構造となっているので、注意が必要だ。

IMG_4151IMG_4152

国立モスクは無料で入場が可能。礼拝の時間などは入場ができなかったりするので、日時は必ず確認しておこう。

なお、イスラム教のルールに従い、観光客も服装には気をつける必要あり。女性は顔以外を隠せるローブの貸し出し、男性はタンクトップや短パンなどの肌の露出する服装の場合、ローブを着用することになる。

IMG_4155IMG_4157

モスク内には、なぜか全身マッサージ機が複数台設置されている。ただ、マレーシアのモスクや大きな施設の場合は比較的一般的な景色。

IMG_4159IMG_4160

モスク内には一般立ち入りできないスペースもあり。そのほか、礼拝お清めのルールを絵で示すものもある。

IMG_4161IMG_4162

モスクに併設された売店ではドリアンアイスが販売されている。友人が興味半分でドリアンアイスに挑戦してみるが、3口でギブアップ。アイスであっても、かなり食べづらい代物。挑戦する場合には、覚悟をもって臨もう。

2日目午前 イスラム美術館

IMG_4132IMG_4134

国立モスクを見学した後は、すぐ近くのイスラム美術館を訪問するといいだろう。徒歩1~2分の距離にあり、入場料14.0RM(378円)で見学ができる。

IMG_4135IMG_4136

中はイスラムの歴史やマレーシア以外にあるイスラム建築や文化財が数多く展示されている。

IMG_4137IMG_4138

天井の模様がたいへん綺麗で印象的。

IMG_4139IMG_4140IMG_4141IMG_4142IMG_4144IMG_4145IMG_4146IMG_4150

館内をゆっくり回れば、1時間程度は費やしてしまうかもしれない。屋内で涼しい環境であることからも、あまり急がずゆっくり観て回るのがよいだろう。

2日目午後 セントラルマーケット

イスラム美術館を見終わったあとは、ローカルな雑貨屋で買い物でこしよう。イスラム美術館、国立モスクから歩いて来る場合、川の上の陸橋を通る必要があり、地味に長い距離を歩くこととなる。ただでさえ暑い中、長距離を歩くと地獄にいる体験ができるが、オススメはできない。タクシーでの移動がオススメだ。

IMG_4165IMG_4167

セントラルマーケットの1階部分は雑貨屋スペース、2階部分はフードコートと雑貨屋スペースとなっており、各々のお店が独自に商品を置いているので一軒一軒回るときっと面白い物が見つかるかもしれない。

IMG_4168この時はフードコートで一休み。日本円で200円程度で食事ができる。フードコートのメニューも多数あるので、ぜひ立ち寄っておこう。

2日目夕方 クアラルンプール空港へ移動

出発の時間帯にもよるが、市内から空港までは車で1時間。渋滞の影響もあるため、出発には余裕をもたせて空港へ向かおう。

1泊2日をフルに使える場合や2泊以上の日程で滞在できる場合には、市内観光を増やしてもいいし、郊外にある洞窟ツアーを予約して行くのもオススメだ。時間に余裕があるからこそ、ちょっと行動範囲を広くでき、より奥深いマレーシアを体験できるはずだ。

まとめ:1泊2日クアラルンプールはちょうどいい?

これまで何回かクアラルンプールを訪れているが、市内はコンパクトにまとまっているためか1泊2日もあれば十分観光を満喫できてしまう。

もちろん郊外の観光スポットへ行く場合やマラッカなどの地方都市へ行く場合はもっと日数が必要となって来るが、首都クアラルンプールに限定すれば、割と気楽に動ける都市と考えても良いだろう。

個人的にはクアラルンプールはホテル宿泊代金が全世界的に非常に低い水準にあるため、長期滞在してのんびり過ごすのが1番のように感じるところだ。以上、ご参考まで。

クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス方法は複数あり、他の都市と同様に空港と市内を結ぶエクスプレス特急、タクシー、高速バスの3通りが主な交通手段となっ...
バンコクから成田へ向かうマレーシア便はクアラルンプール国際空港(KLIA:Kuala Lumpur International Airport)で乗り継ぎを行う。ここ、クアラルンプール国際空港はマ...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です