マジェスティックホテルクアラルンプール ジュニアスイート宿泊記

本日は、クアラルンプールにあるマジェスティックホテルに滞在しています。こちらのホテルは、クアラルンプールにあるマリオット系列のホテルのひとつなのですが、最安ルームは1万円から宿泊できる価格帯です。前日までは、プトラジャヤのマリオットホテルに宿泊していたため、Uber(現在はGrab)でクアラルンプールへ移動しつつ、ホテルへチェックインしました。今回は、こちらのホテルの様子を紹介します。

マジェスティックホテル クアラルンプール オートグラフコレクション

ホテル名:マジェスティックホテルクアラルンプール
ホテルランク:★★★★★
宿泊部屋:ジュニアスイートルーム
予約価格:約350MYR=約9,000JPY
予約方法:マリオット公式経由

今回はペナン島へ向かう繋ぎ滞在として、クアラルンプールへ1泊する予定です。あまり宿泊場所にこだわりはなかったので、未だ宿泊したことがなく、比較的コストも抑えられるこちらのホテルを選択しました。

予約はマリオット公式経由で。公式サイトからホテルを予約する場合は必ずハピタスなどのポイントサイトを経由しないと勿体ないでしょう。ハピタス内のマリオットホテルのバナーをクリックしてから、予約をするだけで、宿泊価格の数%のキャッシュバックを受けられます。旅行好きなら使わない手はありませんね。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

KLセントラル駅にほど近い立地

立地的には国立モスクに隣接しており、ホテル裏側からはクアラルンプールのバードパークや植物園が広がっています。

一方で、KLセントラル駅にもほど近いため、徒歩で行けないこともないですが、車の交通量が極めて多いことや、横断歩道等の設備がほとんどない点、足場がかなり悪くトランクを転がしていた場合には相当苦労する点を考慮すると、車でアクセスするのが確実と言える立地です。

今回は、Uberでホテル前まで移動してきました。車から降りると可愛いコスチュームのオジサンが出迎えてくれました笑。あれは何ていうんでしょうか、冒険家というか探検家をイメージさせるコスチュームをドアマンなり車の誘導をする係は着ています。その後、荷物をチェックインカウンターまで運んでもらい、チェックインが空くのを待つことに。

チェックインで1段階のアップグレード

IMG_5363 IMG_5364

私はマリオットグループのプラチナ会員(現在で言う所のプラチナプレミア)なので、会員専用レーンがあればそちらに並べばよいのですが、残念ながらこちらのホテルのチェックインカウンター前にはそのようなレーンは見つけられませんでした。しばしばといっても5分少々ですが、カウンター前で待ってチェックインを行います。

プラチナ会員としてのベネフィットとして、1ランクの部屋のアップグレードをしてもらいました。元々はデラックスルームを予約していたため、ジュニアスイートへのアサインに。ちなみに、ホテルの部屋カテゴリは以下のとおり。

  • デラックスルーム 40㎡ ← 予約部屋
  • ジュニアスイートルーム 56㎡ ← 宿泊部屋
  • グランドスイートルーム 77㎡
  • プレミアスイートルーム 92㎡
  • ザ ストレーツルーム(ヘリテッジ館) 30㎡
  • コロニアルスイートルーム(ヘリテッジ館) 40㎡
  • ガバナースイートルーム(ヘリテッジ館) 53㎡
  • マジェスティックスイートルーム 130㎡

こちらのホテルはスイート未満の部屋カテゴリが1つしかないため、1ランクアップさせるだけでスイートの名前が付いた部屋が割り当てられるのが特徴です。なお、プラチナ会員へのベネフィットは1ランクのアップグレードである旨、会員ベネフィットの書面に記載されているため、スーパーアップグレードを期待するのは徒労に終わる可能性が高いかもしれません。

IMG_5359 IMG_5360

今夜の宿泊部屋1016へ。

ジュニアスイートルーム

IMG_5333

ホームページの広さで言うと、56㎡になるこちらのお部屋。さっそくどんな感じか見ていきましょう。

入口ドアの左後方と右後方にはビジネスデスクがそれぞれ1台ずつ設置されています。また、丸テーブルの奥は、壁面テレビが掛けてあり、その前はL字型のソファーが用意されていました。ジュニアスイートと言えど、相当の空間のゆとりがある点はさすが、と言えますね。

IMG_5339 IMG_5340

部屋の中央にはリビングスペースとしてL字型ソファーがどーんと存在感を表しています。テレビは部屋のサイズと比べると、ちょっと小さ目でしょうか。

IMG_5335

こちらにもテーブル。4人掛けですが、4人で泊まってもギリOKな広さの部屋と言えます。

ビジネスデスク

IMG_5334

こちらが2つあるビジネスデスクの1つ。アウトレットも豊富にあり、機能的。

IMG_5336

こちらは2つ目のビジネスデスク。

クローゼット

IMG_5337 IMG_5338

クローゼット内には、トランク置き、バスローブ、アイロン台、セーフティボックスとホテル備品が完備。

ミニバー

IMG_5341 IMG_5342

コーヒーカップやインスタント類が並んでいました。

IMG_5343IMG_5345

ボトルウォーターは机上のもの2本と引き戸内にある3本と大量にセットしてくれていて、嬉しいですね。

ベッドスペース

IMG_5346

ベッドは、キューブ型の柱に囲まれた特徴的かつシックなデザイン。手前にはオットマンが用意されており、さらにその奥には1人用のオットマン付きのソファが配置されています。デザインもさることながら、機能的でいいですね。

IMG_5347 IMG_5349

やはりリビングスペースとセパレーションしていないことや、56㎡の広さの使い方が上手いこともあって、かなりの空間的余裕があります。

ウェルカムギフト

IMG_5358

今回も例に漏れず、ウェルカムギフトを選択しました。ただ、こちらのホテルでは残念ながらウェルカムギフトにアルコール類が選択肢に含まれておらず、泣く泣くソフトドリンクとフルーツのセットを選択。

うーん、前日までの豪華なギフトと比べてしまったら、ちょっとこちらは微妙なチョイスをしてしまったかな。

バスルーム

IMG_5350 IMG_5355

バスルームはバスタブ付きとなっています。こちらのバスタブは、一般的なホテルにあるバスタブよりも、かなりサイズは大きく、かつ、深めのデザインとなっており、お湯を張るのにもそれなりの時間を要するほど。

IMG_5351 IMG_5352 IMG_5353 IMG_5354

バスタブに浸かりながら、正面のテレビモニターを鑑賞できる作りとなっており、バスタイムも楽しめる設計となっています。バスソルトも用意してくれているところは、非常に気が利いていますね。

IMG_5356 IMG_5357

なお、バスタブでシャワーを使うと周辺は水浸しになるので、若干工夫が必要。というか、シャワーはシャワーブースを使うのが、この部屋での標準的な使い方なのでしょう。

チェックイン後は、外出しようと考えたものの、なぜか強烈な腹痛に襲われ、しばしトイレから動けずに悶絶をしていたのが記憶に残っています。

夕食前はジムで運動

ジムの設備もこちらのホテルはなかなか充実していました。さすがに前日宿泊したプトラジャヤのマリオットホテルほどではないにせよ、複数のランニングマシンが用意されており、高カロリーなホテルの食事で食べ過ぎた場合には使い勝手はいいでしょう。

私も1時間ほど利用しましたが、日中だったためか、ホテルスタッフ以外誰とも遭遇しなかった程度の空きっぷり。

ジムの入口前には、タオル、ボトルウォーター、青りんごがフリーで置いてある。この辺の設備面の配慮も嬉しいポイントですね。

屋外プールももちろんあり

屋外プールももちろんあり。台形型のこちらのプールは、日中は日差しが入り込んで気持ちよくプールを楽しむことができます。写真は翌日午前10時過ぎの時間帯でしたが、プールの半分程度まで日差しが入ってきている状況。

こちらのプールは大人気というほどではないのですが、常時3-6名程度の宿泊客で利用されていました。

ちなみに、こちらとは別にヘリテッジ館にも屋外プールがあります。利便性はどっちが良いかはわかりませんが、個人的には日差しのタイミング次第であるため、ヘリテッジ側の方が使いやすいかもしれません。

クラブラウンジはティータイム制のコンパクトなもの

IMG_5366 IMG_5367

ジュニアスイート以上の部屋の宿泊客はクラブラウンジが利用できます。ただ、こちらのホテルのクラブラウンジは規模的にかなり手狭で、6-7組程度の宿泊客が入るといっぱいになってしまう規模。

IMG_5368 IMG_5369

また、クラブラウンジの運営も軽食提供が午後3時~5時となっており、アフタヌーンティー形式で提供されます。ビュッフェ形式ではなく、1人1セットお菓子&スイーツが提供される運営であるため、他のホテルにあるクラブラウンジとは雰囲気がだいぶ異なりますね。

イブニングカクテルは午後5時~7時の運営となっていますが、そちらには顔を出さず。まぁ、規模や運営時間が短いということもあって、今回はパスした形。

この後は、部屋でWork, Work, Workしてから、しばしブログ書いたりして寛いだ後に、KLセントラルへブラインドマッサージと夕飯を食べに出かけます。

朝食レストランは規模も品ぞろえも大満足

IMG_5370 IMG_5371

翌朝の朝食は、1階のレストランで。こちらのレストランは規模も多いし種類も豊富でこれまた嬉しい限り。マレーシアのマリオット系列ホテルは(一部を除いて)朝食レストランが本当充実しているところ多いですね。

IMG_5372 IMG_5373

各種ブレッド類。

IMG_5374 IMG_5375

サーモン、生ハム、パンケーキ。

IMG_5376 IMG_5377

ヌードルバーやエッグステーションなど色々なライブキッチンがありました。

IMG_5378 IMG_5379

中華系フードもあり。

IMG_5380

毎度同じような朝食だが、本日も大満足。

まとめ:ジュニアスイートの居心地がとにかくいい!

総合評価:★★★★☆:ジュニアスイートの居心地がとにかくいい!
ハード面:★★★★★:バスルームの造りがとにかく◎
ソフト面:★★★★☆:宿泊客数が多い分、少々慌ただしい
コスト面:★★★★★:ホテルのクオリティと比べて割安感は強め
アクセス面:★★★☆☆:周辺の徒歩移動が唯一のネック

当初想定していたよりも、かなり快適な滞在となったと印象に残っています。プラチナ会員で1ランクのアップグレードは渋いという意見が来そうですが、個人的にはジュニアスイートの部屋のクオリティが高く、もう数泊したかった、というのが本音です。
(現在のマリオットプログラムと比較すると当時はしっかり優遇されて良かったですね)

1人利用であれば、ジュニアスイートの居心地は相当良いはず。もし、2人利用であれば元々ジュニアスイートを予約しておいて、当日アップグレードを期待してもよいかもしれません(マイオットのゴールド会員以上の場合)。

個人的には下手に高いホテルへ泊まるよりも1.5万円程度でジュニアスイートを予約できるこちらのホテルはかなりお勧めです。もちろん1万円程度でデラックスルームを予約するというのも、ありだと思います。個々人の旅のスタイルで、部屋は決めていただくときっと良いでしょう。以上、ご参考まで。

マジェスティックホテルクアラルンプールの価格をチェックする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です