ベイブリーズホテルパタヤ 宿泊記

ピーチ航空の深夜便でバンコクスワンナプーム国際空港に到着。その後、タクシーでパタヤまで1.5時間ほどかけてこちらのホテルに到着しました。チェックイン時刻はすでに午前3時。とりあえずの荷物を置いて身体を休めるだけの安宿ホテルとして用意したのですが、どうだったのでしょうか。

ベイブリーズホテルパタヤ

ホテル名:ベイブリーズホテルパタヤ
ホテルランク:★★★☆☆
宿泊部屋:スタンダードルーム
予約価格:約3,000円
予約方法:ホテルズドットコム経由

ホテルズドットコム経由で予約

とりあえずの一時休憩場所としての予約だったということと、下手に費用をかけたくはなかったので、コストはギリギリまで抑えるホテル選びをしました。というわけで、★3クラスのホテルです。★2クラス以下であればもっと値段を下げられるのですが、正直それ以上下げるとドミトリータイプだとか、環境劣悪なホテルになると予想されたため、回避しました。

ポイントサイト経由でコストを抑えます

ちなみに、1泊3,000円とだいぶお安い値段ですが、そこはハピタスMr. Rebates等のポイントサイトを経由してお得に今回も予約をします。旅行慣れしている方なら、ほぼ例外なく知っているテクニックですが、ポイントサイトを経由すると広告費の一部がキャッシュバックされるため、非常にお得に宿泊が可能となります。


パタヤセカンドロードの利便性高めな立地

ホテルの場所は比較的利便性の高いセカンドロードに位置しています。買い物に便利なセントラルフェスティバルまでは徒歩圏、ウォーキングストリートまでは若干距離があるのでビーチロードまで歩いてからソンテウに乗るような感じだとコスパよく動けます。

ただ、裏側がLKメトロのビアバー群がありまして、このホテル横もビアバーとなっており、かなり夜中も騒がしい立地となっています。休むタイプのホテルですね。。。

外観は極々いたって普通のシンプルなホテル

外観はこのとおり極々普通の★3ホテル。エントランス側にスペースのゆとりはないが、パタヤのホテルとしては標準的かと思います。目の前にバイクが立ち並んでおり、バイタクではなく、レンタルバイクとして活用しているパタヤ沈没者も多いようです。

写真は翌朝に撮影したものとなります。ちなみに、深夜3時に到着した際は、すぐ目の前でビアバーがどんちゃん騒ぎをしていました。

深夜3時のチェックイン

エントランスには簡単ながらソファが並んでおり、簡単なミーティングポイントとなっています。まぁ、バジェット滞在を目的とするなら、こういう簡単な設備でも嬉しいですね。

深夜3時にチェックインということもあり、名前を告げなくてもロビースタッフから「Techさんかい?」と声を掛けられました。そのままパスポートを渡して部屋の鍵を受け取ります。ちなみに、ホテルの部屋の種類は以下のとおり。

  • スタンダードルーム 24㎡ ←予約部屋&宿泊部屋
  • スタンダードルームバルコニー付き 24㎡
  • スーペリアルーム 24㎡
  • デラックスルーム 24㎡
  • デラックスルームバルコニー付き 24㎡
  • ジュニアスイート 40㎡
  • スイートルーム 45㎡

深夜3時にチェックインでしたが、スムーズに入ることができて良かったです。さっそく宿泊部屋509に向かいます。

 


スタンダードルーム

部屋に入るとキングベッドの部屋がお出迎え。窮屈な感じはなく、スペースだけ言えば十分快適な部類かと思います。ただし、ホテル全体からも経年化が見られ、清潔感という意味ではやや劣ります。

テレビやミニテーブルなどもあります。あくまで簡単ではありますが。

コンプリメンタリの無料ボトルウォーターが2本用意されていました。外に出る手間が省けるので、嬉しいですね。

ミニバーもあります。ホテルとは思えないほど、値段がお手頃だったので使いやすいですね。

ルームサービスを見ると140THB(約500円)の朝食が提供されています。さすがパタヤ★3ホテル。安いですね。

部屋の鍵は電気代節約のためのカードキータイプ。持ち歩きは嵩張るので、やや面倒ですね。

バスルーム

バスルームはかなり経年化が進んでいる印象です。頑固なサビ汚れも所々見えるため、ちょっとあまり使いたくはないなぁという印象。シャワーヘッドは固定式であるため、使い勝手もあまり良くありません。

アメニティに石鹸はなく、ミニボトルのシャンプーとボディソープが付いていました。あまり泡立ちも良くはなく、バスルームの快適さはかなり低めですね。。。

さっさとシャワーを浴びてゆっくり熟睡を・・・と思ったのですが、外の騒音が部屋の中まで響いてくるようでして、なかなか寝付けません。体力的にはそこそこ疲れていたので、すぐ寝れるような気がしていたのですが、午前4時過ぎまで外のビアバーの奇声や歓声は収まることはありませんでした笑。

朝食はお手軽ビュッフェ155THB

翌朝、目が覚めたのは9時過ぎ。寝不足なのは間違いありませんが、朝食をとりあえず食べに行きます。1階のレストランで155THBで簡単なビュッフェ形式の朝食が食べられるようです。お手軽ですね。

★5ホテルの朝食には遠く及びませんが、簡単なものが揃っています。まぁ、どっかの屋台なりお店入る必要もないので、かなり助かりますね。

こんな感じで軽く食べました。ちなみに、この後に飲んだコーヒーはここ数年間で一番まずかったのを記憶しています笑

ホテルズドットコムの予約は元々レイトチェックアウト(午後1時)が付帯しており、朝食を食べて二度寝をしてから、ゆっくりと次のホテルへ移動することとしました。

まとめ:快適さ度外視で安く泊まりたいなら

総合評価:★★☆☆☆:快適さ度外視で安く泊まりたいなら
ハード面:★☆☆☆☆:経年劣化して設備類は不衛生感強め
ソフト面:★★★☆☆:可もなく不可もなく
コスト面:★★★☆☆:安い分だけ快適さも低め
アクセス面:★★★☆☆:買い物とかは便利、でも外はうるさい

深夜便からの一時避難ホテルとして、こちらのホテルを予約したのですが思っていた以上に快適さに難があり、休むには一苦労させられました笑。やはり外の騒音と部屋の中の清潔感でしょうか。

宿泊価格がかなり安価なだけあり、快適さは望めない環境かと思いますが、安さ最重視の方であれば、まぁありなんじゃないかなと。本当はホリデイインエクスプレスやフォーポインツなどの安価なホテルがあればそちらに流れたかったのですが、パタヤはあまりグローバルホテルの選択肢がないのが難しいところですね。以上、ご参考まで。

ベイブリーズホテルの最安値を検索する

この記事書いているのが2018年3月なので、完全に時期を外していますが2017年に宿泊したホテルの中で、個人的に良かったホテルをまとめたいと思います。とは言...
タイ滞在5日目。前日のコートヤードサウスパタヤを逃げるようにチェックアウトして、こちらのホテルへ避難。サウスパタヤはリゾートタイプのホテルが密集しており、立地...




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です