ダイナスティイン バンコク 宿泊記

2019年8月のプーケット旅行からの帰り。一度バンコクで乗継をする予定となっていたため、スワンナプーム空港で1泊しようか、バンコク市内で1泊しようか、かなり悩ましい状況でした。旅の途中で、友人からナナプラザに近くて★3クラスの安い宿があるんだけど、どんな感じか教えてほしい、という何とも自分がホテル好きなのを知っての依頼があり、急遽バンコク市内のこちらのホテルで1泊過ごすこととしました。

ダイナスティイン バンコク

ホテル名:ダイナスティインバンコク
ホテルランク:★★★☆☆
宿泊部屋:スーペリアダブル
予約価格:約1,600THB=約5,500JPY、予約変更可・朝食なし・諸税込
予約方法:Booking.com経由

予約はBooking.com経由で

Booking.com公式から予約を行う際は大抵Mr. Rebatesなどのキャッシュバックサイトを経由させてから、予約することを心がけています。まぁ、これは単純に節約の一種なので、特に大した話ではありませんが。国内のポイントサイトだとハピタスなども利用しますね。Hotels.comやBooking.comなどのホテル予約サイトは高い時期で8%バックのときもあり、予約のタイミングとホテルの販売価格を睨めっこしながら、最適な時期を決定する意外と地味に大変な作業だったりします。

Booking.comは特典プログラムがないに等しいので、単純な価格勝負の予約サイトになっています。私自身は部屋代10%OFFのHotels.comの方が利用頻度高いのですが、価格勝負だと明らかにBooking.comの方で安いレートが出てくるケースがそこそこありますね。今回は(特典プログラムを加味した上でも)最安を提示していたので、こちらを利用した次第です。



ナナプラザ至近、徒歩15秒

こちらのホテルはバンコクで有名なナイトスポットのナナプラザに極めて近い場所にあります。ナナプラザを背にして、左側へ歩くこと15秒くらいでホテルの入り口まで来ることができます。夜遅くまで遊びたい方には最適な場所ですね笑。

ただ、立地柄といいましょうか、日中はそこまで影響はないのですが、夜は車の交通規制がかかるため、タクシーで入り口まで向かうことがかなり困難な状況となります。そのため、タクシーを捕まえるためには、ある程度歩く必要がある点に留意が必要ですね。

1階はカフェレストラン&フロント

午後11時過ぎにタクシーでホテル前まで到着。たまにはマッカサンからメトロで来ようかと思ったのですが、メトロが動いている時間でもなかったことで、マッカサンからホテルまでタクシーを拾って向かうことに。タクシードライバーは珍しく英語が話せる兄ちゃんで、コミュニケーションが楽で大変助かりました。この時間帯のナナプラザ周辺はものすごく渋滞するエリアであるため、もの凄く嫌がられましたが笑。結局、”200THB=700円払うから行ってくれ”と交渉で妥結。

1階はカフェ・レストランになっていて、午前中なんかは軽く朝食を食べれるような感じの場所となっていますね。深夜0時を過ぎる頃になると、ホテル前にはレディボーイさんがウロウロパトロールしているので、まぁやはりナイトスポット至近の場所だけあります。

チェックイン時に現金デポジット

バンコクで久方このランクのホテルに宿泊していなかったこともあり、チェックイン時に現金デポジット(500THB)が必要なことに驚きました。今でもこういうタイプのホテルはあるんですね。これまで泊まってきたホテル(バンコク)で一度も求められたことはなかったのですが、ホテルランクの低いところだと、未だに求められることもあるのでしょう。

  • コンパクト 16㎡
  • スタンダード 20㎡
  • スーペリア 22㎡ ←予約部屋&宿泊部屋
  • スタンダードNew 26㎡
  • デラックス 32㎡
  • デラックスNew 32㎡

こちらのホテル直HPを見ると、コンパクトという名称の部屋カテゴリがあるようです。Booking.comで販売されているのは、あくまでスーペリアとスタンダードでしたから、ホテルHPから直接予約すると下位カテゴリでも予約できるみたいですね。

部屋そのものは、ほとんどがダブルルームのような印象です。ホームページからツインルームが見当たらなかったので、もしかするとあるのかもしれませんが、部屋数自体がきっと少ないのでしょう。

スーペリアダブル

部屋の広さは22㎡とのことですが、まぁ簡素なだけあって、そこそこ広く感じますね。むしろ殺風景とも言えますが。

意外とトランクを開けるだけのスペースは十分にあったりします。

一応、荷物置きにもなるデスクがありますね。テレビも壁掛けタイプで設置されています。あまり部屋でゆっくり過ごす感じのホテルとは思いませんが、想像していたよりは良かった印象です。

タイの★3ホテルはかなりピンキリな印象があり、衛星面や騒音的にとても過ごせるような場所ではないホテルが多数あるのですが、こちらのホテルは見る限りナナプラザが近い割には騒音も聞こえてきませんし、そこそこまともなのかな?とも感じます。

ミニバー

簡素なインスタントコーヒーなどがありますが、まぁあまり使う人はいないでしょうね。冷蔵庫内には瓶タイプのコンプウォーターが入っていました。

ホテルそのものは古いのですが、こういう細かい部分はキッチリ綺麗に整えてあり、結構悪くない印象です。

クローゼットはドアなしのタイプ。セーフティボックスもちゃんとあります。

バスルーム

バスルームはユニットタイプ。シャワーのみですね。このへんはバスタブがあっても使えるレベルでないので、合理的でいいと思います。この部屋だけかもしれませんが、シャワーの水圧も強かったのが印象的でした。

★4と★3あたりで差が出てくる点と言えば、やはり水回りでしょうね。バンコクは特に差が顕著に出てくる印象があります。★3の中でも割とまともに利用できるバスルームかと思います。

★3ということで、アメニティはほとんどないに等しいですが、石鹸と一体型のシャンプー&ボディソープがありました。手持ちがなくてもギリギリなんとかなるレベルですね。

まとめ:ナナプラザが好きな方に笑

総合評価:★★★☆☆:ナナプラザが好きな方に笑
ハード面:★★★☆☆:全体的にかなり古いホテルだが清掃状態は良好
ソフト面:★★★☆☆:可もなく不可もなく
コスト面:★★★☆☆:抜群にお得かというとこれまた何とも・・・
アクセス面:★★★★★:ナナプラザ好きならすごくいい立地

まとめもへったくれもないのですが、まぁここはナナプラザが好きな人にだけお勧めできるホテルですね笑。普通の旅行者であれば、敢えてここに泊まる理由はないかと思います。むしろスクンビット方面だったり、カオサン方面など面白いエリアは多数あるので、そっちの方が健全な旅行という観点ではいいのかなと。

ただ、ナイトスポットに至近とうこともあって、夜遅くまで飲んで徒歩で帰れる立地というのも、なかなか悪くない気もします。この辺は遊び方次第なんだろうな、と感じますがまぁその辺は個々人の好みで。

値段という観点から見ると、まぁ★3だと標準的な価格帯です。5,000円以内に収まるレートがあるのかはわかりませんが、節約志向型だとちょっと予算オーバーかもしれません。この辺は立地にお金を払うイメージでしょうか。何はともあれ、用途が割と明確になっているホテルということもあるので、わかりやすいホテルかと思います。以上、ご参考まで。

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ クラブジュニアスイート 宿泊記 インターコンチネンタル大阪 エグゼクティブスイート/クラブフロア 宿泊記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です