インターコンチネンタル大阪 エグゼクティブスイート 宿泊記

記事の投稿日時とはだいぶずれているが、先日大阪へ遊びに行ってきた。2泊3日のプライベート旅行。日中は、ほとんどUSJにいただけだが、宿泊先は大阪で有名なこちらのホテルを使用した。今回は、インターコンチネンタル大阪を紹介する。

インターコンチネンタル大阪 エグゼクティブスイート

インターコンチネンタルアンバサダー週末無料券を利用

ホテル名:インターコンチネンタルホテル大阪
ホテルランク:★★★★★
宿泊部屋:エグゼクティブスイート
予約価格:約80,000円/2泊(インターコンチネンタルアンバサダー週末無料券利用)
予約方法:IHG公式経由

予約はIHG公式から。IHGのホテルプログラムに詳しい人ならご存じのインターコンチネンタルアンバサダー週末無料券を利用した。

インターコンチネンタルアンバサダープログラム

インターコンチネンタルホテルにはIHGホテルグループに属しているが、インターコンチネンタルブランド独自のアンバサダープログラムが用意されている。アンバサダープログラムは有料会員制のプログラムで、会員になると、

  • 宿泊部屋1アップグレード保証
  • 16:00までのレイトチェックアウト
  • 専用チェックインエリア
  • ウェルカムフルーツ、無料のボトルウォーター
  • アンバサダーギフト
  • 週末無料券
    (金土または土日の宿泊時に利用でき、2泊目の宿泊代金が無料となるバウチャー)

などのサービスが受けられる。有料会員になるには、200米ドルまたは32,000IHGポイントの支払をする必要があるが、インターコンチネンタルを頻繁に利用するなら、有料会員になる価値は高いと思う。有料会員登録のリンクはこちら

通常に予約する場合はスタンダードルームで30,000円~50,000円

通常予約する場合は、スタンダードルームで最安30,000円から予約できることがある。ただ、週末の場合は宿泊価格が高騰することが多く、安くても40,000円前後となることが多い。ただし、エグゼクティブスイートは1泊100,000円超えとなることもしばしば。そのため、無料アップグレードを活用する方が、お得に宿泊できることが多い。

もし有償で予約をするのであれば、Topcashbackを経由して予約するのがオススメだ。こちらのサイトを経由して予約することで、時期にもよるが、部屋代金の8%前後をキャッシュバックすることができる。

日本語のサイトであれば、ハピタスを経由して予約するのも、簡単にキャッシュバックが得られるのでおすすめだ。多少キャッシュバック率は下がってしまうが、こちらもサイトを経由するだけでキャッシュバックを受けられる。どちらのサイトも広告費の一部をユーザーに還元する仕組みであるため、ホテル側のサービスが悪くなったりはしない。利用しない手はないだろう。

大阪駅直結の超好立地

インターコンチネンタル大阪は大阪駅に直結しており、雨天時でも傘不要の好立地に位置している。もちろん徒歩で移動できるため、タクシーを探す必要もない。

梅田駅周辺には、価格帯がもっと安いホテルも複数あるが、やはりそれらと比べても駅と直結型のホテルは少なく、周辺の移動も徒歩でカバーできる場所が多い所は非常に便利と言えよう。大阪駅は東京駅と新幹線で結ばれている点や1本で関西国際空港へ行けることもあって、海外の客人に紹介しやすいという点も強みと言える。

グランフロント大阪内に入口あり

 

ホテルの入り口はグランフロント大阪の1階にある。大阪駅からはグランフロントの中を通っていくため、買い物をしながら向かってもいいだろう。周辺に飲食店が多数あり、夕食やちょっとした食事に困らない点は非常に嬉しいところ。

ホテル入口はこちら。ホテルフロントはこちらからエレベーターで上がった先にある。

エレベーターで4階に上がると、そこはフロントチェックインカウンターがお出迎え。エレベーターから出た瞬間に高級感溢れる雰囲気が漂ってくる。

チェックイン

 

アンバサダー会員はローカウンターでのチェックインも可能だが、今回到着時した時には、ほとんど人がおらず待ち時間なしの状況。そのため、ハイカウンターのスタッフに声を掛けた。今回はエグゼクティブスイートを予約していたこともあり、クラブフロアまでスタッフにご案内してもらえることに。

エレベーターの途中には、ホテルのバーレストラン”adee”(アディ)がある。ワンドリンク2,000円弱と値段は安くないため、大阪駅近くで夕食をした後に立ち寄るような使い方ができるといいレストラン。宿泊時はさすがにわざわざ行く必要性はないので、今回は利用せず。

エレベーターでクラブフロア(28階)に上がり、チェックイン手続きへ。インターコンチネンタルホテルの部屋の種類は以下のとおり、かなりの種類があり、それぞれアップグレードポリシーも決まっている。

  • スーペリア 42㎡
  • デラックス 49㎡
  • デラックスビュー 49㎡
  • コーナースイート 59㎡ ←予約部屋
  • エグゼクティブスイート 83㎡ ←宿泊部屋

スタンダードな宿泊部屋以外にレジデンスタイプの部屋も用意されている。部屋の広さはレジデンスの方が広いが、キッチンエリアやリビングエリアが増えているためであり、アップグレードポリシーや宿泊用途に応じて予約部屋を決定するのが良いだろう。

  • スーペリアレジデンス 60㎡
  • 2ベッドルームレジデンス 90㎡
  • デラックスレジデンス 74㎡
  • 2ベッドデラックスレジデンス 108㎡
  • 2ベッドルームプレミアムレジデンス 117㎡
  • 3ベッドルームプレミアムレジデンス 166㎡

なお、スタンダードルームの予約でもコーナースイート程度であれば、アップグレードされる場合はしばしば見受けられ、高いランクの部屋を予約すべきかどうかはやや判断が難しい。ただ、FlyerTalkでは明確なアップグレードポリシーを日本で一番詳しいと言ってもいいRanyanさんがコメントしている。以下抜粋。

Upgrade policy
according to this post by Raynyan, the hotel upgrades as following:

Rewards Club Members
Club Member/Gold: No upgrade
Platinum/Spire: One level upgrade depends on availability (Basically same to non-RA Ambassadors)

Ambassadors
#At least guaranteed as below, Club is not given for Non-Club category booking
Superior to Deluxe
Deluxe to Deluxe View
Deluxe View to Suite
Suite to Corner Suite
Corner Suite to same room with Suite rate

Club Room (Club Deluxe) to Club Deluxe View
Club Deluxe View to Club Suite
Club Suite to Club Corner Suite
Club Corner Suite to Executive Suite (or same room + 10000pts, Depends on availability)
Executive Suite to Deluxe Suite (or same room + 10000pts, Depends on availability)
Deluxe Suite to same room with Executive Suite rate

One Bedroom Superior Residence to One Bedroom Deluxe Residence
One Bedroom Deluxe Residence to Same Room + 10000pts
Two Bedroom Superior Residence to Two Bedroom Deluxe Residence
Two Bedroom Deluxe Residence to Two Bedroom Premium Residence (or same room + 10000pts, Depends on availability)
Two Bed Room Premium Residence to same room with Two Bed Room Deluxe Residence rate

Royal Ambassador
Superior to Club Deluxe View
Deluxe to Club Suite
Deluxe View to Club Corner Suite

RA should not book Suite and Club Room
Both Deluxe Suite and Executive Suite are exception of two level upgrade.

Corner Suite to Executive Suite (or same room +10000pts, Depends on availability)
Executive Suite to Deluxe Suite (or same room + 10000pts, Depends on availability)
Deluxe Suite to same room with Executive Suite rate

RA will be given Club access for all of Residence Room with one level upgrade.
No across the Bedroom category. (No upgrade from One Bedroom to Two Bedroom)
No upgrade to Three Bedroom Residence.
FlyerTalkより)

クレームを付けてアップグレードされているケースが他の人のブログであり、ポリシー外の対応も多いが、参考程度に覚えておくと宿泊時に便利かもしれない。

クラブフロアで日本語の上手な外国人スタッフに説明を受け、チェックイン手続きを済ます。その後は、案内してくれたスタッフに連れられて、宿泊部屋へ。

本日の宿泊部屋は2812。さて、どのような部屋となっているのか。

エグゼクティブスイート

 

部屋に入ると目の前にはビジネスデスクがお出迎え。インターコンチネンタル大阪では有名な石の台座も出迎えてくれる。

入り口近くにはトイレ。シンプルに石鹸とハンドタオルが完備。中の雰囲気といい、★5ホテルにふさわしい高級感を兼ね備えている。

 

リビングルームにはL字型ソファが配置しており、モニターのバランスを考えても居心地のデザインとなっている。なお、こちらのテレビモニターは音響設備がすばらしく、サラウンドタイプの重圧感を感じながら音が楽しめる。ぶっちゃけ普通にソファでゴロゴロしながら、映画観る時間の過ごし方でもいいと思ってしまったほどだ。

ミニバー

ミニバーにはシャンパンやソフトドリンク、チョコレート等がぎっしり。今回は外出が多かったこともあり、すぐ下にはコンビニもあるので、活躍せず。

   

引出し下にはグラスや食器が多数あり、TWGの紅茶もセットされている。ボトルも有料ではあるが、セットされている。グループで集まって部屋飲みに利用するのも楽しいかも。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットのスペースも十分。バスルームも完備。

ドレッサー付ということで、家内も大満足。これぐらい広いとスーツケースを置いても、相当余裕がある。

ベッドルーム

ベッドルームはキングサイズのベッドが1台。部屋自体が大きいだけあって、ずいぶん周りに余裕があり、ベッドサイズの大きさが伝わらない笑。おそらくエキストラベッド3~5台置いても余裕あるんじゃないだろうか。

ベッドルームにはオットマン付きの1人ソファがあり。もうスペースが余りまくっているから、とりあえず置いた感も否めないが、部屋のインテリアとして活躍している感じか。

バスルーム

 

バスルームもかなり大きいサイズ。シンクはひとつだが、左右にも十分のスペースを確保しており、ホテルのシンクとしては利便性が非常に高いと言える。

  

洗い場付きのシャワーブースに、かなり大きめサイズのバスタブもあり。シャワーはレインタイプとハンドタイプの2種類で切り替えができる。

 

バスアメニティはインターコンチネンタルブランド共通のアグラリア。個人的には、そんな好きなタイプのアメニティではないが、インターコンチネンタル共通なので、やむなし。ただ、バスソルトもあって、バスアメニティが充実している点が非常に嬉しかったところ。

ウェルカムギフト

 

ウェルカムフルーツはもちろん、アンバサダー特典ということでウェルカムギフトのマカロンもいただけた。このマカロンはホテル内のレストランで作っているのだろうか、それともどこか提携のスイーツ店があるのだろうか。非常に美味しかったのが印象的。

クラブフロア イブニングタイム

クラブフロアとして一般的なビュッフェダイニング形式。メインディッシュはオーダー制となっている。座席数も豊富で、金曜日の夜ではあったが、十分余裕があり、騒がしくなく落ち着いた雰囲気でクラブフロアを楽しむことができた。

チーズ類やナッツ、一口サイズのアピタイザーが複数用意されている。アピタイザーのみだとちょっと寂しいかもしれない。やはり夕食前に軽く食べる程度がちょうどいい。

 

メインディッシュはオーダー制ということなので、魚の照り焼き、ステーキを注文した。いくつかメインディッシュはあるが、

  • 天麩羅(ゴーヤ、かぼちゃ、トマト、茄子、大葉)
  • 帆立貝柱のソテー レモンハーブバター
  • スモークダックと野菜のピクルスのサラダ オレンジピネグレット
  • 鱸(スズキ)のソテー 生姜のライム
  • ビーフステーキとオニオンリング ペッパーソースと粒マスタード
  • 豚ロース肉とアップルピューレ

といずれも食欲をそそる名前。

メインディッシュが出てくるまではバイキングからいくつか小皿を取ってきて食べる。家内的にはサーモンのカルパッチョが相当お気に入りだったようで、何度もお代わり。私はシャンパンをいただく。シャンパンはルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ。いいシャンパンだと思う。お得に楽しませてもらった。ちなみに市場価格はこんな感じ。

ワインギフトにおすすめ!【送料・紙箱込み・案内付き】 ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ [ボックス入り] / フランス シャンパーニュ / 750ml / 発泡・白

価格:5,875円
(2018/1/2 12:48時点)
感想(39件)


こちらがメインディッシュの魚料理とステーキ。魚料理は美味しかったものの、肉はガチガチに固すぎて若干閉口。さすがに家で焼いてもこうはならないので、どうしてこうなった感がすごく、非常に残念ではあった。ただ、ドリンクの種類や他の品数も豊富で満足度は高かった。

朝食はフルビュッフェのレストランで

翌日は早朝からUSJへ向かうため、朝一番でレストランに入る。圧巻のワインセラーに出迎えられて、座席につく。

以前、インターコンチネンタル東京ベイに宿泊した際はあまりの朝食のクオリティの低さにショックを受けたが、インターコンチネンタル大阪は全くそんなことはなく、非常に豊富な種類の品数を提供している。

生ハムやチーズはもちろん和食、洋食、中華、ライブキッチンなど多様な朝食を楽しむことができる。

さすが★5ホテルと言ってもいいレベルだろう。インターコンチネンタル大阪宿泊時はぜひ朝食は体験すべきと言える。

充実した朝食が印象に残る滞在だったね、本当。

あまり朝から食べ過ぎるのは身体に悪いため、ある程度セーブしておきたいのは常に心掛けているが、この充実したビュッフェを前にすると心が揺らいでしまう。おいしいクロワッサンとフルーツジュースと贅沢な朝食を楽しませてもらった。

ターンダウン

USJで1日中遊び回った後に部屋へ戻ってくると、部屋はターンダウンされていた。そして、お菓子が追加で補充されているという笑。

2泊目の朝食もビュッフェレストランを堪能

2泊目の朝は特段用事も入れていなかったため、のんびり起床し朝食レストランへ。1泊目と同じビュッフェレストランを利用した。9時前後だったこともあり、レストラン前のバーフロアで一時待機。この辺のラグジュアリーなホテルの雰囲気は非常に自分好み。

1泊目の朝食と同じく朝から食い過ぎてしまうレベルの朝食ビュッフェ。

クラブフロア アフタヌーンティー

最終日は午後4時までのレイトチェックアウトをホテル側から提案していただいていたこともあり、午後のアフタヌーンティーを楽しむことにした。

ネット上で事前に知ってはいたが、インターコンチネンタル大阪の3段重ねのティーセットって本当贅沢だなーと思う。シンガポールのラッフルズホテルを彷彿させるこのサービス。

大阪の景色を眺めながら、アフタヌーンティーセットをいただく。朝食やランチを食べていると、あまりのボリューム感で食べきれない点には注意が必要。ぶっちゃけお腹ペコペコぐらいがちょうどいいだろう。クラブフロア滞在時にはぜひ寄ってみることをお勧めしたい。

まとめ:立地もサービスも満点クラス

総合評価:★★★★★:立地もサービスも満点クラス
ハード面:★★★★★:エグゼクティブスイートに関しては大満足
ソフト面:★★★★★:細かいトラブルへの対応も親切丁寧
コスト面:★★★★☆:週末はやや価格高めだが、大阪価格としては妥当
アクセス面:★★★★★:大阪駅直結は極めて便利

インターコンチネンタル大阪は初めて宿泊したのだが、本当素敵なホテルで満足度が極めて高い滞在となった。屋内プールやジムを楽しむ暇はなかったため、やや心残りがあるのだが久しぶりにまた宿泊したいと感じたホテルだ。

今回はスイートルームに滞在したため、ホテルに対する主観的評価が上方補正されている可能性は高い。ただ、USJ利用でも、大阪観光でもどちらにも使える好立地な点は他のホテルと比較しても頭一つ抜けているだろう。

難点は近年高騰してしまっている大阪地区のホテル価格だろうか。こちらのホテルも決して安い部類ではなく、最低3万円程度は1泊当たり掛かってくる点は手が出づらくなってしまう点と言える。もし宿泊する場合にはアンバサダー特典やキャッシュバックサイト(ハピタス)等を活用して、お得に予約すると良いだろう。ご参考まで。

インターコンチネンタルホテル大阪の最安値を検索する

ANAインターコンチネンタル東京ベイ 宿泊記
散々海外に飛びまくっていた一方でたまには家族サービスをせないかん、と思い立ち(正確には無言のプレッシャーを感じたため)都内のインターコンチネンタルを予約しま...
ヨコハマグランドインターコンチネンタル 宿泊記
先日IHGグループの最高ブランドでもあるヨコハマグランドインターコンチネンタルに宿泊してきました。インターコンチネンタルは比較的知名度の高いホテルブランドだ...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です