バンコク・ドンムアン空港 コーラルエグゼクティブラウンジ 訪問記

週末パタヤからの帰りはドンムアン国際空港から、タイエアアジアXに乗って帰ります。ドンムアン国際空港では、自動チェックイン機があるため、セルフチェックインもできる上に、預け荷物がない場合にはそのまま手荷物検査へ進むことができます。なんとも非常に便利な空港ですね。

また、ドンムアンはLCC専用空港なのですが、実は空港ラウンジも用意されています。今回は、その空港ラウンジの1つであるコーラルエグゼクティブラウンジを紹介したいと思います。

コーラルエグゼクティブラウンジ

ラウンジ名:The Coral Executive Lounge
ラウンジ場所:国際線セキュリティエリア、2階、出国審査後の免税カウンターの隣
入場資格:プライオリティパス、ダイナースカード等
ラウンジ設備:アルコール有料、シャワールームなし

ドンムアン国際空港には、空港ラウンジが複数あり、ターミナル1とターミナル2のそれぞれに設置されています。ターミナル1には、2つのラウンジがあり今回はそのうちの1つであるコーラルエグゼクティブラウンジを利用しました。入場資格としては、プライオリティパスやダイナースカード保持者であれば利用することができます。

LCCにもかかわらず、空港ラウンジを利用することができる快適な環境に正直驚きを隠せないものの、LCC専用空港の昨今の充実度合いを見ることができました。

ラウンジ入口は出国審査後すぐの免税カウンター隣

IMG_4422 IMG_4421

セキュリティチェックを抜けた直後に、こちらのラウンジはあります。営業時間は午後10時までとやや限定的なのですが、利便性は高めではないでしょうか。ホームページやアプリの記載だと、午後12時までと記載がありますが、実際の運営についてはスタッフから午後10時までと伝えらました。もしかしたら、ホームページ等の記載がUPDATEされていないのかもしれませんね。

なお、こちらのラウンジは、プライオリティパスやダイナースカードで入場ができます。該当カードを保有している場合は積極的に活用したいところです。

IMG_4425 IMG_4424

ターミナル1には、別途ミラクルラウンジと言う空港ラウンジがあり、こちらもプライオリティーパスで利用が可能です。いくつか諸情報をまとめると、

  • プライオリティパスやダイナースカードで入場が可能
  • アルコールは有料
  • シャワールームはなし
  • 専用Wi-fiあり

シャワールームなしというのが少々深夜便に辛いところですね。ラウンジの混み状況はというと、私が訪れた際はラウンジ利用者は数名レベルでかなり空間に余裕のある状況でした。やはりLCC利用者かつプライオリティパス保有者またはダイナースカードやプラチナ級のカード保有者は明らかに少数派なようです。

LCCを利用していても、出発前はのんびりプチVIPなラウンジでゆっくりできるドンムアンはなかなか居心地よい空港かと思います(機内は地獄なのですが)。

では、中の様子を紹介していきましょう。

IMG_4420 IMG_4419

中に入ると、地下1階に進めるような形でエスカレーターが用意されています。正直LCC専用空港とは思えないほど、中は混雑とは無縁な空間が広がっており、内装含め贅沢な空間が広がっていました。

ラウンジ座席

IMG_4416  IMG_4414

座席数にはかなり余裕があり、そもそもプライオリティーパス等を持っていない限り利用できないだけあって利用者数は限定的なのが要因でしょう。

先にも書いたのですが、LCCを使う利用者層とプライオリティーパスやダイナースカードを保有する層はかなりズレており、常にガラガラのラウンジ状況なのかもしれません。ただ、あくまで推測に過ぎない点は留意していただければ。

IMG_4413 IMG_4412

私が訪問した時間帯は午後9時過ぎの時間帯。パラパラと他の利用者もいたものの、このとおりガラガラ。

IMG_4410 IMG_4409

軽食類として、ティーカップ類やスナック類が当然のように並んでいます。

IMG_4408 IMG_4411

フード類やサラダ類もおしゃれに並んでいます。個人的にはこのサラダ系が充実してて美味しかったです。

IMG_4407 IMG_4406

ドリンクはソフトドリンク系が無料。アルコール類は別途カウンターにて提供されます。ただ、そちらは有料となっていました。また、冷蔵庫内にはスイーツが複数種類用意されており、甘党には嬉しい配慮。

IMG_4405 IMG_4404

その他サンドイッチ類や軽食が並んでおり一般的な空港ラウンジとしては、遜色なく満足できるものといった印象です。

IMG_4418

Wi-Fiパスワードについてはチェックイン時にカードIDとパスワードの記載された紙を受け取ります。Wi-Fiの通信速度は、動画を見る程度には充分なスピードでした。快適!

IMG_4415

スイーツ類とサラダをとって、ソフトドリンクを飲みながら、LCCの狭い空間を6時間過ごす準備を整えます。やはり何回乗ってもLCCやエコノミークラスは我慢大会としか表現しようがありません。あの狭い空間によくわからない見知らぬ男と密着して、数時間過ごす苦行は格安飛行機の運命とも言えます。

なお、残念なことに、こちらのラウンジにはシャワールームがない点は先にもお伝えしたとおり。もし使いたい場合には、別のラウンジを利用するなどちょっと工夫が必要となります。

プライオリティパス

今回の空港ラウンジには、楽天プレミアムカードで発行できるプライオリティパスを利用しました。プライオリティパスは世界中にある600以上の空港ラウンジを利用できるカードで、年会費400米ドルかかることが知られています。日本だと、プラチナクラスのクレジットカードで無料発行することができますが、さすがにプラチナクラスのクレジットカードを発行できるほどの人は少数派ではないでしょうか。

裏ルートと言えるほど、知名度が低い訳ではありませんが、ゴールドカードに位置する楽天プレミアムカード保有者の場合、プライオリティパスを無料発行することができます。一般庶民である私もこの方法で非常に便利なプライオリティパスを保持している次第です。

楽天プレミアムカード 入会ボーナスポイント付リンク

航空会社の上級会員であれば、航空会社のラウンジが利用できます。ですが、あくまで系列の航空会社を利用しているときしか使えません。LCCを利用する際は、全くラウンジが利用できないのが大きなデメリットでしょう。その点、プライオリティパスはLCCでさえも、空港ラウンジが利用できるので、格安旅行派または楽天ユーザーの人なら超オススメ。


まとめ:LCCでもプチVIPで快適な空港滞在

なんといっても格安チケットであるLCCのチケットを利用している場合であっても、空港ラウンジでゆっくり滞在することができるというのはものすごく大きなメリットではないでしょうか。

ANAラウンジや、JALサクララウンジなんかと比べてしまっても、混雑具合は雲泥の差。こちらのラウンジにはシャワールームがないものの、それを補って余る快適さがありました。

常にこの状態かどうか少し怪しい部分があるものの、ドンムアン国際空港には他のラウンジを使うという選択肢もあることから、いかにプライオリティーパスが強力かを感じさせる旅となりました。

プライオリティーパスはタイバンコクだけでなく、マレーシアやシンガポールなど複数の空港で、ラウンジを利用することができます。もちろんLCCを使っている場合であっても、利用することができる最強カードの1つと言えますね。以上、ご参考まで。

先日のパタヤ弾丸旅行では、往復をタイエアアジアXで予約していたため、ドンムアン国際空港に到着、出発することとなった。往路深夜便利用時は、地獄のイミグレ行列と...
以前にもバンコクへのチケットをブリティッシュエアウェイズで発券する方法などを紹介しているが、今回は割とストレートに格安航空券を狙いに行く方法を紹介。やはり東...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です