【上海浦東国際空港】ファーストクラスラウンジ(NO69)訪問記

上海からの帰国便へ乗るために、上海浦東国際空港(PVG)へ行きます。待てども暮らせど開かないチェックインカウンター、長蛇の列のセキュリティチェック、税関を抜けてようやく、制限エリア内に入ることができました。搭乗までの時間は今回もプライオリティパスを使って、ラウンジで過ごします。ということで、このとき利用した上海浦東国際空港のファーストクラスラウンジを紹介したいと思います。

上海浦東国際空港のラウンジ

上海浦東国際空港は国際線はターミナル1とターミナル2に分かれますが、それぞれのターミナル内で非常に多くの空港ラウンジがあることで知られています。例えばターミナル2の空港ラウンジを一覧化すると以下のラウンジが出てきます。

  • キャセイパシフィックラウンジ
  • 上海空港VIPサービスラウンジ(ファーストクラスラウンジ):プライオリティパスで入場可能⇦今回利用
  • エアチャイナビジネスクラスラウンジ
  • エアチャイナファーストクラスラウンジ
  • VIPラウンジ(ファーストクラスラウンジ):プライオリティパスで入場可能
  • エミレーツ航空ラウンジ
  • 中国東方航空プラザプレミアムラウンジ:プライオリティパスで入場可能

なお、ターミナル1にはJALのサクララウンジが設置されており、クオリティはどうか知らないのですが、JALユーザーにも嬉しい空港となっています。

こうやって見てみると、プライオリティパスで入場できるラウンジが3つもあり、上海浦東空港もなかなか健闘している部類であることがわかりますね。深夜時間帯の場合だと、プライオリティパスで入場ができるVIPラウンジと中国東方航空プラザプレミアムラウンジは閉鎖してしまっているため、唯一使用できるのが上海空港VIPサービスラウンジだったのが少々残念なポイントでした。

上海空港VIPサービスラウンジ(ファーストクラスラウンジNO69)

VIPサービスラウンジの営業時間は、午前6時から最終便まで。他のラウンジが日付の変わる0時前に閉まってしまうということもあって、深夜時間帯は必然的にこのラウンジが有力候補となってきます。細かい設備情報は以下のとおり。

営業時間:AM6時~最終便
設備:
・インターネットスペース
・軽食 ※深夜時間帯はなし
・ソフトドリンク、アルコール
・シャワールーム ※おそらく1部屋のみ?
・新聞雑誌
・Wi-fi

とりあえず、セキュリティを通過するだけでヘトヘトになっていることもあり、さっさとラウンジへ向かいました。

セキュリティチェックを抜けて2階の入口へ

renderedcontent-a32af654-dde6-44a8-b026-cba6fc1a38e6img_2334

深夜時間帯ということで、セキュリティエリア内の飲食店のほとんどは閉店か閉店準備に入っていました。こういうときにありがたい空港ラウンジですね。搭乗口69番付近にあるはず!ということで、あたりを見渡すと入口へつながるエスカレーターを発見します。

受付の対応するスタッフは中国東方航空のGAなのかよくわかりませんでしたが、久しぶりの大陸系塩対応で睨まれながら受付をこなしていました。

ラウンジの様子

img_2354img_2344

ラウンジ名にファーストクラスを冠していますが、ラウンジはビジネスクラス部分のラウンジとファーストクラス部分のラウンジをパーティションというより棚で区切ってあるだけで、特段の違いはない構造です。

天井がなく、空間を空港内部と共有していることもあって、解放感のある作りとなっています。

img_2351

なお、深夜時間帯(PM12時過ぎ~)にも関わらず、というかその時間帯だからなのか、ラウンジ内はなかなかの稼働率で埋まっていました。革張りの椅子がこのように配列されてはいるものの、大きな荷物を持ったラウンジ利用客がそれ以上にたくさんおり、かろうじてタイミングよく空席を見つけられたこの部分を撮影させてもらいました。

全体的に客層は中華系が多いですが、欧米系やアラブ系もそれなりにおり、若干騒がしい時間での滞在となりました。

軽食・ソフトドリンク・アルコール

img_2352img_2345

軽食コーナーはこちら。残念ながら、深夜時間帯ではほとんどのものが片付けられており、簡単なおつまみやカップ麺等が配列されている程度しか確認できませんでした。

日中はちゃんと軽食が提供されており、中華特有の焼きそばや小籠包などの料理が出される模様です。期待できるほどかどうかは怪しいのですが、食べれるチャンスがあったら、次回食べてみようと思います。

img_2348img_2349

置いてあるワインは”カルロ・ロッシ カベルネ・ソーヴィニヨン”(カリフォルニア産)。お手頃価格の赤ワインですね。赤ワイン狂だったり赤ワイン飲みたい気分でもない限り、別に飲まなくていいワインではないでしょうか。

>【ペットボトル】カルロ・ロッシ・カリフォルニア・レッド720ml(赤ワイン)[Y][P]

価格:598円
(2017/2/10 02:45時点)
感想(50件)


スパークリングワインのエクストラドライ(イタリア産)もありましたが、こちらもお手頃なもの。まぁ、気分的にこっちは飲んでもいいかも。

>1,000円台スパークリング企画 P3倍 よりどり6本以上送料無料 ザルデット プロセッコ トレヴィーゾ エクストラ ドライ 750ml スパークリングワイン イタリア あす楽 九州、北海道、沖縄送料無料対象外、クール代別途

価格:1,555円
(2017/2/10 03:50時点)
感想(0件)


img_2350

こちらには、バドワイザー専用の冷蔵庫。中身は見ると本当に全てバドワイザーで埋め尽くされており、どんだけ需要があるのかわからないのですが大量に置いてありました。

さて、今回は深夜便なのでシャワールームを利用することにしました。ひとまず受付へ行き、シャワールームを利用したい旨伝えると、英語もさっぱり通じないおばちゃんに案内されます。

シャワールーム

img_2335img_2336

入口へ入ると、広いんだか狭いんだかよくわからない部屋へ通されます。

img_2337img_2338

内装全体は綺麗なのですが、いかんせんちょこちょこ業務用な印象を与える設備もチラチラあり、イマイチ方向性のわからないデザインをしています。

img_2339img_2343

シャワーの水圧は、中の下くらいをイメージしておくとそこまでガッカリはしないのではないでしょうか。決して強くはありませんが、使えないこともないレベルかと思います。備え付けのシャンプー、コンディショナー、ボディソープは市販のものが置いてありました。

img_2340img_2342

タオル類もちゃんと用意されています。贅沢なアメニティがあるわけではないのですが、歯ブラシやコームも一応ありました。

img_2341

なお、こちらのシャワールームはトイレ一体型。海外にはよくある形式なので、違和感があるわけではありませんが、日本では嫌われるタイプかと思います。シャワーブースとの距離も離れているので、そこらへんはあまり気にしないようにしましょう。

まとめ:とりあえず待機するにはちょうどいい

お勧めしたくなるようなラウンジではありませんが、

  • 深夜時間帯でも使えること
  • シャワールームが使えること
  • なんだかんだ席数が多いこと

など単純なラウンジとしての利便性は高いと感じました。とりあえず待機する場合にはちょうどいいラウンジなのは間違いなく、時間帯によっては食事も食べれるので、エコノミークラスやLCC利用時でも小腹を満たせる貴重なラウンジであると言えます。

チンタオでも飲んで機内でひと眠りすれば、すぐに日本に着くことができる距離にある上海。フライト2時間弱程度で到着してしまうこともあり、とても眠るほどでもないのかもしれませんが、深夜便の使い方の一つとしてご参考なればと思います。

ラウンジ利用はプライオリティパスが超便利

今回もプライオリティパスを利用してラウンジに入場しました。プライオリティパスがあれば、全世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できます。年間利用回数無制限の会員価格は399USドルと設定されていますが、一般的にはプラチナ級のクレジットカードの付帯特典として付いてくることが多いです。

なお、ゴールドカードでもこのプライオリティパスの特典を付けているクレジットカードはいくつかありますが、年会費10,000円でプライオリティパスを付帯する楽天プレミアムカードは極めてお得と言えるのではないでしょうか。海外に行く機会が年間複数回あるのであれば、保険付帯の面と合わせてお勧めできる一枚と思います。

今なら新規入会&利用で楽天ポイントが10,000ポイント付与されるキャンペーン付き。海外出張者や旅行予定者はこの機会に申し込んでおくことをお勧めします。

”楽天プレミアムカード”は、”楽天カード”、”楽天ゴールドカード”の上位に位置するカードのことです。一応、さらに上位には”楽天ブラックカード”なんてものも存在するこ...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です