【ビジネスクラス】マレーシア航空MH0088 フライトレビュー(KUL To NRT)

今回はクアラルンプールから成田へ向かうマレーシア航空ビジネスクラスを紹介。バンコクの短期滞在で若干ながらも疲れが溜まっており、クアラルンプールでの乗り継ぎもあって、やや時間が冗長気味になっている状態。この後は、日本に帰るだけで気楽ではあるものの、マレーシア航空の中距離フライトは初なので若干の期待をしつつ搭乗する。

マレーシア航空MH0088ビジネスクラス クアラルンプール TO 成田

バンコクからの帰国便でクアラルンプールから成田へ向かう。今回の航空券はこちらで購入した海外発券の航空券。4レグで諸税込み合計90,000円となかなか高コスパなチケット。特に、搭乗後にトータルで10,000マイル程度加算された点も非常に美味しい。

海外発券って知ってる?旅行好きのための格安航空券のテクニック
旅行好きの人なら誰しもが思うこと。それは、「どうすれば航空券を安く手に入れられるか」ということじゃないでしょうか。格安航空券の入手方法はいろいろありますが、”...

ボーディング

IMG_2833

成田への帰国はマレーシア航空の深夜便を利用する。搭乗前の準備として、ゴールデンラウンジでシャワーも浴びて寝る態勢は万全だ。ラウンジの様子はこちらも参照。

【マレーシア】クアラルンプール国際空港のゴールデンラウンジ
バンコクから成田へ向かうマレーシア便はクアラルンプール国際空港(KLIA:Kuala Lumpur International Airport)で乗り継ぎを行う。ここ、クアラルンプール国際空港はマ...

午後11時35分に出発するということで、夜飯を機内で食べるべきか迷うところではあるが、今回はラウンジでの食事は抑えて機内でがっつり食べて寝るプランにした。

スワンナプームでのマレーシア便の搭乗時は優先搭乗しなかった記憶が新しく、今回もエコノミーとのごちゃ混ぜ搭乗かとの思いがここでよぎる。搭乗アナウンスが始まると、アナウンス上ではビジネスとワンワールド上級会員の優先案内をしているものの、エコノミークラスの搭乗者が同時に流れ込むことになってしまった。

【ビジネスクラス】マレーシア航空MH783 フライトレビュー(BKK To KUL)
バンコクからの帰り道はマレーシア航空を使って、クアラルンプール経由で日本へ帰国する。マレーシア航空を利用するのは今回が初めて。エコノミークラスは利用したこと...

しかし途中のボーディングブリッジでちゃんとスタッフがビジネスクラスだけを優先搭乗する仕分けをしてくれていた。

今回もごちゃ混ぜか!

と思っていたところなので、まともなサービスを提供してくれ良かったと一安心。

マレーシア航空MH0088 A330-300 ビジネスクラスシート

IMG_2836

こちらは搭乗直後の様子。1-2-1又は1-2-2の座席配置となっており、やはり1人で利用する場合は、A席が望ましいのは間違いない。列によってA-DG-K又はA-DG-HKの組み合わせとなっているので、K列の座席を予約する場合は1K、4K、6Kを選択しないと通路アクセスを確保できないので、注意が必要だ。

IMG_2838IMG_2839

今回の座席は1A、窓側に収納棚があるタイプであるため、若干通路側と距離感が近い。2A、5A、7Aの座席は通路側に収納棚があり、個室感がより一層高まっている。もし狙うなら、そちらの座席もお勧めできる。通路側のこちらの席は食事提供の際はトイレ利用者の往復で若干気が散る瞬間があったのが少々残念なポイント。

座席には、すでに枕とブランケット、フルフラット時のシートカバーが用意されていた。

IMG_2840

収納棚のところにはノイズキャンセリングヘッドホンが用意されている。

IMG_2841

1列目の座席は同じビジネスクラスでも格段に広いレッグルームとなっている。正直スクリーンが遠すぎると感じるほど。後ろの座席がどの程度の広さなのかは、把握できなかったが、単純比較してもANAのスタッガードやJALのシェルフラットなどと比べものにならないほどの広さだ。

IMG_2842

スクリーンもこのとおり。かなりの大きなサイズのスクリーンが用意されている。あまり機内エンタメを利用しない自分だが、これくらい大きいと単純に嬉しいものだ。ちなみに、マレーシア航空のスクリーンはプライバシースクリーンとなっており、通路側からは自分が見ている映像が見られないような仕様となっている。こういう細かいポイントも地味に嬉しい。
(JALの機内エンタメは本当こういう部分を見習ってほしいね)

さて、気づいた人がいるかもしれないが、写真のスクリーンの横の壁にある丸いポチはわかるだろうか。ビジネスクラスの1列目には一般的にBassinet Locationと呼ばれる幼児用座席を取り付けられる仕様となっていることが多い。このポチを外して、揺りかご座席をセットする仕組みだ。

IMG_2845IMG_2846

機内エンタメ用コントローラーとシートコントローラー。シートはもちろんフルフラットになる。マッサージ機能があるものの、マッサージとは程遠くちょっと外れ。

IMG_2847IMG_2848

こちらはパスポート収納をできる小物入れ、シートコントローラーはこちらにも。

IMG_2849IMG_2863

鏡付きの収納棚も完備。離発着時の収納に便利。ノイズキャンセリングのヘッドフォンももちろん用意されている。就寝時はアイマスクとこちらのヘッドホンで機体の揺れ以外は快適な就寝環境となる。

なお、こちらの機体は残念ながらWi-fiのサービスは提供していない。出張利用を考えた場合、選択肢に入れづらくなってしまうのは若干残念なポイント。

IMG_2844

座席の確認を一通り終えるとウェルカムドリンクが運ばれてきた。ウェルカムドリンクにアルコールは用意されておらず、今回はグアバジュースをチョイス。

マレーシア航空 ビジネスクラス アメニティ

IMG_2843RenderedContent-2F327AA6-7ED0-4D62-A410-B21E0FA27E15

中身はこちら。

  • ソックス
  • アイマスク
  • ヘアブラシ
  • 歯ブラシ&歯磨き粉
  • マウスウォッシュ
  • リップクリーム
  • 消毒剤?Sanitizer(日本語だと何かいい名称ありましたっけ)
  • ボディローション

ブランドはAcca Kappa、ソックスが入っている理由は履き替えることを前提にしているけれど、なんだかあまり履きたい気分にはならない。機内だけ履くなら十分かもしれないが、それなら裸足にスリッパでいいかなとも思う。

ウェルカムドリンクを飲み終わり、カップの回収が終わったころにはいつの間にか離陸が始まっていた。

マレーシア航空 ビジネスクラス 軽食

離陸後30分くらいすると、軽食の提供が始まる。マレーシア時刻的に日付変わってAM0時過ぎといったところだろうか。夜食といえど全く手を抜かないマレーシア航空。まずは、シャンパンからスタートする。

IMG_2865

シャンパンはDUVAL LEROY、フランス産のちょっと辛口目のシャンパン。なかなかこの金額のものはフライトや会食以外では飲む機会がないので、ありがたくいただく。Amazonでの参考価格は以下のとおり。

IMG_2866

シャンパンと合わせてチェイサーもいただく。おつまみはナッツの詰め合わせ。納豆ナッツなんかよりも何百倍も旨いし、万人受けするものだ。いいね。

IMG_2867

ドリンクの提供の後には、サテー(焼き鳥)が提供される。やっぱマレーシア航空のイメージと言えばこれ。アーモンドソースが旨いよね。食べ過ぎると、腹にだいぶ残りそうな口当たりなので、軽めにしようと思ったが深夜なのに結局全部食べてしまった。

IMG_2868

サテーを食べ終わった後はデザートタイム。今回はシンプルにアイスクリームをチョイスした。このチョイスが良かったかはよくわからないが、アイスが腹に入らないほど、シャンパンとサテーで腹が苦しい。

アイスクリームを食べ終わった後は、就寝モードに入る。時刻は深夜2時前後だっただろうか。座席をフルフラットにして、シートカバーをかけ、アイマスクをして完全睡眠モードに移ることに。

IMG_2874

マレーシア航空 ビジネスクラス 朝食

2時間~3時間ほどの時間だろうか。ガタガタと食器の音で目が覚める。めちゃくちゃ眠いし、お腹が苦しいが朝食の時間のようだ。食べられるだろうか。

IMG_2870

朝食がまずワンプレートで提供される。クロワッサンにフルーツ盛り合わせ、シリアル。飲み物はオレンジジュースをチョイス。

斜め後ろの座席では、朝食からシャンパンなりワインなりお酒を飲むタイプの人だった模様。いまいちよくわからないが、あれは”飲まなきゃ損”だから、という価値観で飲んでいるのだろうか。それとも、普段朝からお酒を飲みながら、一日をスタートさせているところだろうか。不思議で仕方ない。すごく奇妙。ぜひ朝ぐらい朝らしいものをお勧めしたいが遠い他人なので気にせず食す。

IMG_2872

そして、離陸直後にオーダーされていた卵焼きの一皿料理が座席にやってくる。もう無理。腹がはち切れそう。旨かったのは言うまでもない。

IMG_2877

着陸前にコーヒーをいただく。若干、コーヒーのオーダーが1回では届かず、2回リクエストしたが、到着前ということもあり結構忙しかったと思料。コーヒーを持ってきたくれたときに、

男性クルー「ゴメンナサイ。オマタセシマシタ」

と日本語で丁寧な謝罪の言葉までいただいた。なんだか逆に恐縮してしまった。

IMG_2878

この後、数十分後には離陸体制に入る。今回のフライトを言葉で表現すると、

「死ぬほど眠い。腹が苦しい」

という言葉に落ち着く。座席は快適だし、食事の充実度は十分だし、言うことはない。

いや、言いたいと言えば眠くて苦しい。

まとめ:睡眠不足の充実フライト

いくつか個人的なポイントを記載する。

  • 〇 ボリューム満点の食事
  • 〇 フルフラットベッドの広さ、快適さ
  • × 成田便の場合、睡眠時間が短くなる
  • × Wi-fi設備なし
  • × 座席によっては通路アクセスができない

期待通りのボリューム満点の食事とお酒。フルフラットベッドの広さは、ANAスタッガードやJALシェルフラットなど比べると、だいぶ広く快適度は個人的には上と言える。ただし、Wi-fi設備がなかったり、座席によっては通路アクセスができない又は若干騒音が気になる点があるため、もう少し頑張ってほしいポイントはある。

また、マレーシア航空ということで、和食の提供はできないかもしれない。ただ、サテーを含むガッツリ料理は中距離フライトを楽しむには十分と言えるだろう。個人的には睡眠時間がだいぶ短いため、日中便で飛びたい距離である。

今回はプロモーション価格でかなりお得に購入できた。また、次回もクアラルンプールに立ち寄るついでにこちらのフライトを利用できればと思う。ご参考まで。

知らなきゃ損するホテル予約をするためのポイント4選!
2日以上の旅行に行く際には、どこのホテルに泊まろうか考えるかと思う。皆、そこで共通して考えることが、「お得に泊まりたい!」ということなのは、確かではないだろ...
【Kaligo】ホテル予約でもマイルを効率的に貯める方法を紹介する
マイルを貯めたいと考えた場合、一般的には飛行機に乗ってマイルを貯めるというのが、通常の貯め方である。しかしながら、飛行機に有償で乗るという行為が日常的にない...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です