【バンコクスワンナプーム】タイ航空ロイヤルシルクラウンジ 訪問記

タイにあるバンコクスワンナプーム国際空港はタイ国際航空のホーム空港となっています。そのタイ国際航空が運営しているビジネスクラスラウンジがロイヤルシルクラウンジ。タイ航空のビジネスクラス利用者やスターアライアンス便利用者が入場することができるこちらのラウンジについて訪問した際の様子を紹介します。

ロイヤルシルクラウンジ

IMG_3652

タイ国際航空専用の優先手荷物検査場を通過した目の前にロイヤルシルクラウンジへつながるエスカレーターがあります。導線がうまくできており、待ち時間など一切なく、ラウンジまで向かうことができます。

バンコクのスワンナプーム国際空港にあるタイ国際航空のラウンジは、ロイヤルオーキッドラウンジ(Royak Orchid Lounge)と呼ばれ、複数種類のラウンジが設置されています。

  • ロイヤルファーストラウンジ:コンコースD AM5:00~深夜AM1:00
    ファーストクラス専用ラウンジ。タイ航空以外にもスターアライアンスのファーストクラス搭乗者も利用が可能。
  • ロイヤルシルクラウンジ
    ビジネスクラス向けのラウンジ。タイ航空以外にスターアライアンスのビジネスクラス搭乗者も利用が可能。コンコースD、コンコースC東側、コンコース西側、コンコースE東側、コンコースA国内線に設置されている。
  • ロイヤルオーキッドラウンジ:コンコースE西側 AM5:00~深夜AM2:00

2017年3月訪問

タイ滞在7日目、本日から3日間(厳密的には1.5日間)ほどシンガポールに滞在します。初のシンガポールかつ今回は夏の下見も兼ねた訪問。まずは、タイ国際航空ビジネスクラスで、シンガポールのチャンギ国際空港まで向かいました。出発までの時間はタイ国際航空のホームラウンジであるロイヤルシルクラウンジで待機します。

エントランス

IMG_3675

さて、ラウンジのカウンターで、ビジネスクラスのチケットを見せて中へ入ります。なお、Wifiを利用する場合は、こちらでアクセスキーをもらう必要があるので、利用する場合には声を掛けておきましょう。ちなみに、今回使用した航空券はこちらで発券しました。

【特典航空券】ファーストクラスで発券。ANAマイルで行くアジア周遊の旅

IMG_3653 IMG_3674

さすがホームラウンジだけあって座席数はかなり多いラウンジです。タイ航空のホームページによると314席分あるらしく、ラウンジの広さは2,410㎡との記載があります。こちらはビジネスクラス向けのラウンジで、ファーストクラスは別にあるため、ビジネスクラス利用者かスターアライアンスゴールド保有者のどちらかが入場できますが、混雑度はびくともしません。

海外ユーザーの中では、タイ航空のホームラウンジ(ロイヤルシルクラウンジ)は、”食事は貧相で大したラウンジじゃない”、と評されることがありますが、実際どうなのでしょうか。ちょっと気になるので、食事の方も後々見ておきたいと思います。

ちなみに、海外レビュワーの辛口レビューはこちらから。

SKY TRAX Lounge Reviews

IMG_3655 IMG_3656

また、タイ国際航空ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者にはロイヤルオーキッドスパでのマッサージを無料で受けることができます。ビジネスクラスの場合は30分のフットマッサージ、タイ古式マッサージが無料です。こちらは、後ほど受けることとします。

ちなみにロイヤルオーキッドスパでは、ファーストクラス向けのサービスが別途あります。選べるメニューはビジネスクラスより豪華なので、後日こちらも紹介する予定です。

タイ国際航空ロイヤルファーストラウンジ/ロイヤルオーキッドスパ 訪問記

IMG_3663 IMG_3664

ラウンジ内には、キッズルームもありました。家族連れで利用する人が多いということでしょうか。

IMG_3679

こちらには、ビジネスデスク。いやインターネットコーナーと言うべきでしょうか。キーボードとディスプレイ、プリンターが設置してありますが、普通のデスクをたくさん用意してもらった方が個人的には非常に嬉しいかと思います。

ラウンジ内の食事

さて、ここからはラウンジ内の食事をチェックします。どんなもんでしょうか。

IMG_3665 IMG_3666

ウインナーにハム。今回は、あまり食べたくなるほどではないですね・・・。

IMG_3667 IMG_3669

サンドイッチにケーキなどのスイーツ。んー、ちょっと安っぽいですが、他の空港ラウンジでも似たようなものが提供されているため、がっかりするほどではありません。

IMG_3670 IMG_3659

ミートパイなどもありました。こっちは結構美味しそうですね。ちょっといくつかつまんでみます。フルーツ類も複数あり。

IMG_3671 IMG_3677

中華系饅頭がこちらにありました。別の場所にはフルーツビュッフェ、サラダビュッフェが設置してあります。

ラウンジ内のドリンク

IMG_3672 IMG_3673

こちらのラウンジはだいぶ広いため、複数の場所にドリンク類が置かれています。なお、種類はほぼ同じ模様。アルコールもビールのみとシンプル。こちらが1か所目。

IMG_3676  IMG_3668

受付カウンター付近の別の場所に、先ほどとは違うフルーツバイキングが用意されていました。ここで2ヶ所目。

IMG_3678 IMG_3654

こちらは簡素にオレンジジュースと雑誌が複数ありますね。3か所目です。

IMG_3658

こちらの場所にはコーヒーマシン。奥には先ほどのフルーツバイキングがありますね。コーヒーマシンがセルフサービスなので、そこは止む無しかなと。

IMG_3660 IMG_3661

こちらはソフトドリンク。アルコールはチャンビアのみ。シャンパンや赤白ワインが置いていない点は、残念ポイントでしょうか。4か所目のドリンクバーとなります。

やはり、前評判通りドリンク類はやや寂しい感じがしました。一応、ソフトドリンクとアルコールはあります。好み次第ではありますが、シャンパンとか置けばいいのに、と思ってしまいます。予算的に厳しいんでしょうが・・・。

軽食をつまみつつ、チャンビアで1杯

IMG_3681 IMG_3682

今回は仕事なしの休暇であるため、ビジネスデスクには行かずにテキトウなソファ席で昼前からチャンビアを飲みます。結構早い時間ですが、休暇だからアルコールの誘惑に負けてしまう点は仕方ありませんね笑

ロイヤルオーキッドスパ

IMG_3684

さて、 だいぶ早くラウンジに来ているため、無料のスパも体験しに行きます。

IMG_3685 IMG_3686

今回はフットマッサージを選択しました。街中で受ける施術に比べたら、すごく静かだしリラックスできる環境がありますね。

右の画像はファーストクラス向けのフットマッサージチェア。シングルソファタイプで、ちょっぴり豪華に。ファーストクラスはフットマッサージよりオイルマッサージの方が断然おすすめできますが。

IMG_3687 IMG_3688

30分の施術の後はこちらでリラックス。いやー、極楽ですね本当。ちょっとした茶菓子をつまみながら、しばしマッサージの余韻に浸ります。

肝心のフットマッサージの技術はどうかと言われると、うーん・・・判断が難しいかもしれません。一部の人は”ここのマッサージが素晴らしかった!超おすすめ!”と豪語してたりしますが、街中のマッサージと比較すると、レベルはそんなに大差ありません。

何度も訪問している方ならわかるかと思いますが、あくまでマッサージの気持ちよさは施術者の技量に依存するかと思います。リラックス空間が完備されている分、こちらの方がちょっと上かなというくらいでしょうか。

私自身、バンコクで1番と言えるくらいのマッサージ屋を知ってるだけあって、そこと比較してしまうと普通のスパであることは否めなくなってしまいますね。

ブラインドマッサージPerception Blind Massage 訪問記

2019年3月訪問

バンコクからの帰国時にも再びこちらのラウンジを訪れました。普段はJAL便を利用することが多いので、バンコクスワンナプームのサクララウンジに訪問することが多いのですが、今回はタイ国際航空で帰国するということもあって、こちらのラウンジで搭乗時間まで待機します。

相変わらずのだだっ広いラウンジ

相変わらず座席数の多さにより居心地の良さを感じるラウンジです。スワンナプーム国際空港にはプライオリティパスでも利用できるラウンジが多数あるため、必ずしもこちらのラウンジでなくてもよいかと思いますが、座席数の多さからのんびりできるラウンジとしては一番快適かと思います。

ソフトドリンクで搭乗時間まで休憩

フードメニューはタイ料理と中華料理、サンドイッチなどが少々あった程度ですし、この後にビジネスクラスの機内食が待っていますため、ソフトドリンクだけで過ごします。

私の周りでは、ビジネスクラスに乗る場合でもラウンジで腹一杯にしてから搭乗する猛者もいて、理解しかねる方もいるのですが、機内で苦しまないためにも私はしっかり胃袋を空にしておくスタンスを最近はとっています。

まとめ:スパを受けれる珍しいラウンジ

たしかに前評判通り、食事類は一般的なビジネスクラス向けのラウンジといったところでした。ラウンジの座席数が豊富なためか、混雑はほとんどなく快適な滞在となったのは言うまでもありません。

特に、タイ国際航空のビジネスクラス搭乗者には無料のスパがロイヤルオーキッドスパで受けられるというサービスは、心理的に非常にお得と感じてしまうところではないでしょうか。バンコクの街中じゃ1,000円もしないサービスなんでしょうがが、フライト前にリラックスして、出発するのはなかなか心地良いものです。タイ国際航空ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗時にはぜひ。以上、ご参考まで。

2016年お勧めホテルを個人的主観で5つ紹介する [JL33]日本航空プレミアムエコノミー 羽田~バンコク 搭乗記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です