ホリデイインエクスプレスパトン 宿泊記

2019年8月のプーケット滞在。ホテルを移動して倹約できるホリデイインエクスプレスへ。予算的に★5の快適なホテルで毎日過ごしてもいいのですが、ポケットマネーの状況も鑑みて全体の予算を抑えるべく、バジェットタイプのホテルを選択しました。さて、どのような滞在となったでしょうか。

ホリデイインエクスプレス プーケットパトン

ホテル名:ホリデイインエクスプレス プーケットパトンビーチセントラル
ホテルランク:★★★☆☆(★3.5と表記される場合も)
宿泊部屋:キングベッドプールビュー
予約価格:約1,800THB=約7,000JPY、諸税込・予約変更不可
予約方法:IHG公式経由

予約はIHG公式経由で

IHG公式から予約を行う際は大抵Mr. Rebatesなどのキャッシュバックサイトを経由させてから、予約することを心がけています。まぁ、これは単純に節約の一種なので、特に大した話ではありませんが。国内のポイントサイトだとハピタスなども利用しますが、IHG系列は高い時期で12%バックのときもあり、予約のタイミングとホテルの販売価格を睨めっこしながら、最適な時期を決定する意外と地味に大変な作業だったりします。

今回は、連泊限定レートが出ていたこともあり、勢いで予約をしてしまったのですが、後からちゃんと見ると予約変更不可レートだったようで、もう少し工夫すれば良かったな、と反省しています。まぁ、結局無事に変更することなく宿泊できたので全く問題はなく、レート自体もそこまで悪い金額でないため、結果オーライかな、と考えています。



パトンビーチ・バングラ通りまで徒歩圏

こちらのホリデイインエクスプレスですが、プーケットで一番の繁華街と言われるバングラロードまで徒歩10分程度の距離にあります。絶妙な距離なので、タクシーを使うほどではありませんが、往復するにはやや面倒くさい距離間でもあります。とはいえ、海外だと歩く派が比較的多いということもあり、私個人は徒歩圏として十分動けたので問題はありませんでした。

また、パトンビーチも歩いて100メートル程度の距離にます。海遊びにも適しており、立地環境はかなりいいのではないでしょうか。

ちなみに、パトンエリアは常時道路が渋滞しているため、あまりタクシーに乗るモチベーションが湧かないエリアとなっています。今回の旅を通じてプーケットの特にパトンエリアは、やはり立地環境のいいホテル選びが重要であることを感じました。

コンビニすぐ横のホリデイインエクスプレス

お昼過ぎに前日まで宿泊していたホテルインディゴをチェックアウトし、雨が弱まったタイミングでこちらのホリデイインエクスプレスへ来ました。徒歩ですぐの場所を選んでいたのは、ラッキーでしたね。

ホテルに併設する形でCoffee Clubというタイのカフェチェーンがあります。Coffee Clubは、日本のカフェチェーンよりも高い価格でカフェラテやデザートなどを販売しており、タイの物価の安いイメージで入店すると、普通に2,000円くらいお金がかかったりするので、注意が必要だったりします笑。旅行客向けのカフェチェーン店であることは間違いありませんが、カプチーノに600円位出すことになりますので、節約派にはお勧めできませんね。

さて、ホテル入り口横にはセブンイレブンもあり、ビーチ至近の環境だけでなく、利便性という観点でもレベルの高い立地環境となっています。タイはコンビニが多数あるので、そこまで重要ではありませんが道路を渡らずにコンビニに行ける点は個人的に嬉しいポイントでした。

サクッとチェックイン

フロントはオープンスペースとなっており、非常に開放的な空間を演出しています。リゾートだからかセキュリティはあってないような感じでしょうか。夜になると入り口付近にお仕事帰りの綺麗なお姉さん達を見かけることができましたが、意外と寛容なホテルのようです。

さて、ホリデイインエクスプレスのブランドは特にウェルカムドリンクなどのサービスはなく、あくまで簡素なサービスが中心となっています。チェックイン時もウェルカムポイントの案内とカードキーを渡されて、サクッとチェックイン完了。早速部屋へ向かいます。

  • King Bed/2 Single Beds Leisure 26sqm ←予約部屋
  • King Bed/2 Single Beds Pool View 26 sqm ←宿泊部屋
  • Family Room 広さ不明
  • 1 Bed Room Suite 46 sqm

ホリデイインエクスプレスはバジェットタイプのブランドであるため、基本的にスタンダードルームのみとなっています。スイートが何部屋位あるのかはわかりませんが、基本IHG上級会員であったとしても、確率的にスイートアップを期待するのは難しいのではないでしょうか。

キングベッドプールビュー

部屋はシンプルなキングベッドとバスルームのこちら。シンプルでホリデイインエクスプレスらしいですね。枕は堅めと柔らかめの2種類、世界共通仕様です。

ただ、うーん。滞在2日目の部屋掃除前に気づいたのですが、部屋の床をアリさんがトコトコ歩いているんですよね。建物の造りがよくないからなのか、低階層かつプール至近だからなのかはわかりませんが、さすがに気分は良くありません。

部屋の清掃に入っていただいた後は、アリさんを見かけなくなりましたが、かなり致命的な残念ポイントでした。

部屋の中には、一人用ソファにテーブルもあるので、若干のデスクワークも可能です。

瓶タイプのコンプウォーターを毎日セットしてくれます。持ち歩くことはできないので、少々使いづらいですけども、コンビニの水が激安なので、まぁ問題はないかと。冷蔵庫は空で色々と買ってきた飲み物を冷やして置けるので、便利でした。

クローゼット内にはペーパースリッパがありました。バスローブはなしですが、リクエストすれば、もしかしたら借りられるかもしれません。

バスルーム

バスルームは洗面台、トイレ、シャワーブースがコンパクトに設計されています。他のホリデイインエクスプレスでも類似の形が多いので、定番のデザインなんですねきっと。

ハンドソープはバルクタイプ。そして、シャワーブース内のボディーソープ兼シャンプーもバルクタイプ。環境に配慮して、というよりもここは経済的にコストの安い方法を昔から採用している、という感じですね笑。

個人的にシャンプーとボディソープは別にしてほしいんだよなぁ、という思いはありつつも”郷に入れば郷に従え”ということで柔軟に受け入れています。

バルコニー

バルコニーはこんな感じ。バルコニーに立つとプール全体がしっかりと見えますね。連日、インド人家族が楽しそうにはしゃいでいたのが記憶に残っています。

ホリデイインエクスプレスは朝食無料

ホリデイインエクスプレスは朝食無料といいますか、ホテルの部屋代がすでに朝食込みのレートになっています。そのため、全部屋のゲストが朝食を食べにくることになるため、朝食レストランは早朝を除いて芋洗い的な状況に若干なっていました笑。

決して種類豊富というわけではありませんが、軽く食べる程度であれば全く問題ないのではないでしょうか。まぁあまり積極的に食べたくなるような朝食ではないのも確かなのですけれども。

こんな感じで連日、朝食を食べていましたが、まぁむしろジュースを飲むためにレストランへ来ていたようなものでした。いやでも普通に美味しいメニューもありましたので、当たりのメニューがあるといいかなという印象です。

部屋で準備するのが、若干面倒くさいのでこちらコーヒーをいただきます。

プールは意外と大きい

日中は常に子供たちの遊び場となっていたプール。意外と大きいですよね。このサイズ感。ビーチベッドも多数あったので、ちょっとすぐそこのパトンビーチまで歩くのが面倒くさいな、というときはここで遊ぶのもよいかもしれません。

まとめ:予算を抑えるならアリか?

総合評価:★★★☆☆:予算を抑えるならアリか?
ハード面:★★☆☆☆:うーん、アリさんはどこから来たのか
ソフト面:★★★☆☆:特に期待せずが無難
コスト面:★★★★★:1泊6,000~7,000円前後で宿泊可能
アクセス面:★★★★★:パトンビーチ至近、バングラ通りも徒歩圏

宿泊していたときのことをすっかり忘れかけていますが、立地環境が良かっただけに、ハード的な設備が外れで悪い印象も残ってしまいました。まぁさすがに低階層ということと、プール至近というこから、アリさんも登ってきてしまうんでしょうね。このあたりは残念です。

もし仮にそれがなかったら、コストや立地的にお勧めできるホテルになっていたんですけれども、まぁ今回はご縁がなかったとうことで。以上、ご参考まで。

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ クラブジュニアスイート 宿泊記 インターコンチネンタル大阪 エグゼクティブスイート/クラブフロア 宿泊記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です