[BR112]エバー航空ビジネスクラス 台北桃園~沖縄那覇 搭乗記

2019年12月台北滞在も無事終わったので、帰国します。ただ、帰国と言っても休暇モードにこれから入るので、久しぶりに沖縄を経由してみることに。冬の沖縄はそこまで魅力ありませんが、なんだかんだ私は好きな場所のひとつです。さて、今回は沖縄へ行く際に利用したエバー航空ビジネスクラスを紹介します。

台湾の状況(2020年6月現在)

現在、コロナウイルスの影響により、海外から台湾へ入境するすべての人を対象として、2週間の隔離義務が課されています。今後、自己負担による新型コロナウイルスの検査の実施等により、隔離義務の緩和措置が取られるとの報道もされています。

この先、旅行やビジネスでの訪問もしやすい環境が整ってくることが予想されますが、足元の段階ではまだ自由に行き来できない状況です。

以下で紹介している状況とはだいぶ異なっている可能性があります。ご留意ください。

エバー航空ビジネスクラス 台北桃園~沖縄那覇

予約

こちらは以前予約していた特典航空券で発券した区間になります。台北と沖縄は1時間程度のフライト時間となっておりますが、区分は国際線。そのため、国際線のルール(提携航空会社特典航空券)に基づいて、発券しています。

まぁ、フライトを楽しむほどではないにせよ、東京から向かうくらいであれば、台北に滞在した帰りに沖縄へ寄った方が、全体の旅程としては効率的になるため、個人的にはOKだと思っています笑(あまりお勧めはできないルートです)。

【特典航空券】ANAマイルで海外発券をよりお得にする

台湾桃園国際空港チェックイン

今回搭乗するBR112便は、出発時刻が朝の6時55分とめちゃくちゃ早い時間となっています。私は5時過ぎに到着したものの、保安検査場も空いていない時間帯でした。

空港全体だと、人が少ないのはハッキリクッキリわかるのですが、一部のカウンターにはすでに行列ができていますね。

ただ、今回は別に機内持込の手荷物のみなので、キオスクで紙チケットを印刷します。

エバー航空空港ラウンジ

オープンしたばかりの保安検査場をサクッと秒速で抜けた後は、まっすぐエバー航空の空港ラウンジへ向かいました。空港ラウンジの中の様子は別記事で紹介します。

エバー航空ラウンジ@台北桃園国際空港 訪問記

エバー航空ボーディング

そういえば、ここに来るまで気づきませんでしたが、エバー航空に乗るのは今回が初めてですね。今まで台湾に来る際はJAL、ANA、チャイナエアラインなどを利用してたため、エバー航空は未体験です。さすがにビジネスクラスと言えど、たった1時間の距離なので、期待値は低めで搭乗することにします。

ちなみに、ゲートを抜けた後はバス移動からの搭乗となりました。少々残念。

ビジネスクラス座席

ビジネスクラスの座席は2-2のアブレストとなっており、短距離仕様となっています。全部で8席しかありませんが、そのうち5席は空席のようでした。

座席はいわゆるライフラットシートと呼ばれるリクライニングタイプのシートです。背もたれが一定程度下がり、フットレストが上がる程度で、長距離線のプレエコと同じような座席ですね。

外を見ると、かなりの曇り空。この後は晴れてほしいなぁ、と思いながら出発を待ちます。

寝不足の頭でぼーっと待っていたら、ウェルカムドリンクを聞いてくれました。色々選択肢はあったんだと思いましたが、特に何か喉が渇いているわけでもなかったため、お水を選択。

しばらくしての離陸

頭がぼーっとしていたせいもあって、時間間隔がほとんどなかったのですが、いつの間にか離陸していたようです。ちゃっかりそのときの写真も収めていたので、景色を取る意識はあったようです。

機内食は・・・口に合わず

安定飛行に入るまで時間はかからず、すぐに雲の上まで来ました。地上は雲で覆われていましたが、空の上は綺麗ですね。ゆっくり機内食を楽しみたいと思います。

機内食のメニューが全く思い出せませんでしたが、お粥のような魚のような中華料理?台湾料理?だったのを覚えています。正直、どのタレを付けても味がしっくりこなくて、一口二口でギブアップしてしまったのを覚えています。

シャンパンはカステルノー2006、年数によって市価が違いますが、結構いいお値段だと思います。食事がイマイチだった分、シャンパンに手を伸ばしてしまいました・・・。

シャンパーニュ・ド・カステルノー・ブリュット・ミレジメ’02(ACシャンパーニュ 白 辛口 発泡)【7777201】

価格:7,700円
(2020/2/23 21:24時点)
感想(4件)

食後はコーヒーでゆっくり到着を待ちます。とはいえ、あと20分前後でもう着いてしまうんですけども。

ランディング

もう本当にあっという間のフライトでした。日本の羽田伊丹間くらい、慌ただしかった気もしますが、ビジネスの乗客が3名だったこともあり、ゆったりサービスをしてもらえて助かりましたね。

まとめ:こういう変則的な路線も好き

そんな頻繁に乗れるような路線ではないということもあって、なかなか新鮮な体験ができたと思っています。本当はエバー航空に乗るのであれば、ロングホールでのフライトに乗りたいですね。そうでないとサービスの雰囲気などもわかりませんし。次回、機会があればフライトを予約してみたいと思います。

唯一残念だったのは機内食ですが、まぁこれは致し方ありませんね。チャイナエアラインのときは、台湾料理が本当美味しくてペロリと食べてしまったのですが、相性みたいなものなんじゃないかなとも思っています。

ぜひエバー航空に乗る方は参考にでもしていただければ。以上です。

キンプトン・ダ・アンホテル台北 宿泊記 シェラトン桃園ホテル 宿泊記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です