【ANA国際線】当日アップグレードの必要マイル数について考える

今回は、航空会社のアップグレードについて考えます。JALもANAもアップグレードという仕組みがありますが、そのどちらも異なるマイル数やルールを課しています。今回はANA側のアップグレードについてまとめてみました。

アップグレードとは

航空券には、エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスとそれぞれクラスが分かれていることは皆さん知っているかと思います。旅行や出張などでエコノミークラスを手配したときに、条件を満たしていると1つ上のクラスへアップグレードすることが可能です。これをアップグレードといいます。

ANAの国際線・当日アップグレード

ANAのアップグレードは航空券を購入したタイミングから、Webでアップグレードのリクエストをすることができます。基本的に、ANAの上級会員から優先的にアップグレードをされる仕組みとなっており、アップグレードができた際には当日までにひとつ上のクラスへアップグレードできた旨の連絡がきます。

MEMO
事前にどの程度アップグレードできるかは、座席販売数との兼ね合いもあり、一概には言えません。ですが、基本的にANA上級会員であるダイヤモンド会員ならば比較的アップグレードは容易です。一方で、一般会員の場合は当日までアップグレードできないことも多いです。

さて、現在はWebからアップグレードをリクエストする形式が一般的となっていますが、実は当日のチェックインカウンターでもアップグレードができることが知られています。

国際線・当日アップグレードの必要マイル数

JALは事前アップグレードと当日アップグレードで必要マイル数が異なっています。一方で、ANAは事前アップグレードに関する公式HPはありますが、当日アップグレードについて別途何か説明をするページはありません。というか、事前アップグレードと当日アップグレードに違いはなく、必要マイル数も同じです。

MEMO
ANAの当日アップグレード必要マイル数:当日アップグレード=事前アップグレード
JALの当日アップグレード必要マイル数:当日アップグレード≧事前アップグレード
となっています。

(ANAの場合は)あくまで当日空席がある場合に限り、当日アップグレードができるという取り扱いのため、もしアップグレードを希望するのであれば、事前アップグレードを申し込んだ上で、(アップグレードができなかった場合に)当日カウンターで再度リクエストしてみるのが良いでしょう。

エコノミークラス→プレミアムエコノミー

・東京ー(東南アジア)バンコク・ホーチミン・シンガポール・クアラルンプール:15,000マイル
・東京ー(ハワイ)ホノルル:15,000マイル
・東京ー(オセアニア)シドニー:20,000マイル
・東京ー(北米西海岸)サンフランシスコ:20,000マイル
・東京ー(北米東海岸・欧州)パリ、ロンドン、ニューヨーク、カンクン:20,000マイル

北アジアではプレミアムエコノミーの設定がないため、東南アジア路線からアップグレードを申し込むことができます。

エコノミークラスからプレミアムエコノミーへのアップグレードは東南アジア路線で15,000マイルとそこそこ高い印象です。飛行時間5~7時間でこの必要マイル数。東南アジア圏の特典航空券はエコノミークラスで往復35,000マイル必要(単純計算で片道17,500マイル)である点を考えると、結構強気な必要マイル数の設定に感じますね笑。

MEMO
プレミアムエコノミーへのアップグレードは2020年4月1日搭乗分から受付が開始されます。

エコノミーorプレミアムエコノミー→ビジネスクラス

・東京ー(北アジア)ソウル・台北・香港:12,000マイル
・東京ー(東南アジア)マニラ:12,000マイル
・東京ー(東南アジア)バンコク・ホーチミン・シンガポール・クアラルンプール:18,000マイル
・東京ー(ハワイ)ホノルル:20,000マイル
・東京ー(オセアニア)シドニー:25,000マイル
・東京ー(北米西海岸)サンフランシスコ:25,000マイル
・東京ー(北米東海岸・欧州)パリ、ロンドン、ニューヨーク、カンクン:28,000マイル

プレミアムエコノミーへのアップグレード必要マイル数を見た後だと、ビジネスクラスへのアップグレード必要マイル数が思いのほか少なく感じます。

例えば、東南アジア圏のエコノミークラスを予約する場合、往復で35,000マイル必要となりますが、ビジネスクラスだと往復で60,000マイル必要となってきます。差額は25,000マイル(片道分の差額は12,500マイル)となっており、アップグレードの方が割高なマイル数となっているのですが、決して悪くない数字とも感じます。どうでしょうか。

ビジネスクラス→ファーストクラス

・東京ー(東南アジア)シンガポール:30,000マイル
・東京ー(ハワイ)ホノルル:35,000マイル
・東京ー(北米西海岸)サンフランシスコ、ロサンゼルス:40,000マイル
・東京ー(北米東海岸・欧州)パリ、ロンドン、ニューヨーク、シカゴ:45,000マイル

ANAはアジア圏でファーストクラスを飛ばしているのはシンガポール線のみとなります。しかも、 以前は通常運行として飛ばしていましたが、 ファーストクラスを運行しているのは、2019年現在は期間限定でのファーストクラスの運行であったり、ファーストクラスの座席をビジネスクラスとして開放(すなわちサービスはビジネスクラス)したりと、常に運行していわけではない点に注意が必要です。

また、JALはシドニー線でファーストクラスを設定していますが、ANAは2019年現在だとシドニー線でファーストクラスを設定していません。なので、仮にファーストクラスへのアップグレードを狙うのであれば、北米線か欧州線がメインになりましょうかね。

まとめ:ビジネス、ファーストのアップグレードは基本あり

個人的な意見で恐縮ですが、ビジネスクラス、ファーストクラスのアップグレードは必要マイル数こそ多くなってしまうものの、基本かなりお得と言えるのではないでしょうか。

ビジネスクラスやファーストクラスは現金で買うと物凄い割高な金額ですし、マイルで購入できるのであれば、絶対マイルを使用すべきでしょう。また、さらにLINEルートを活用すれば、1マイル=1.2円で購入することができる以上、マイルでのアップグレードが高いとは決して言えないかと思います。(タダで入手したマイルであれば、実質的にタダでアップグレードできたことになりますし)

もちろん旅費との関係もあるため、むやみやたらにマイルを使用するのは避けたい話かと思います。その辺はマイル残高との相談ですが、ひとつの選択肢としては魅力的なのではないかなと思います。以上、ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です