【良コスパ】フォーポインツシンガポールリバービュー 宿泊記

現在シンガポールに滞在している。4泊5日でシンガポールに滞在するが、前半はこちらのフォーポインツシンガポールに宿泊することとした。シンガポールは東南アジアの中では、ホテル価格が相当高い国のひとつ。多少なりに旅行費を抑えたかった反面、ある程度安心して宿泊したいという事情もあり、大手ホテルチェーンのバジェットホテルであるこちらを選択。さて、どのような滞在となったのか。

フォーポインツシンガポールリバービュー

ホテル名:フォーポインツ バイ シェラトン シンガポール リバービューFour Points by Sheraton Singapore, Riverview
ホテルランク:★★★★☆
宿泊部屋:プレミアムルーム
予約価格:約18,000円/泊
予約方法:SPG公式経由

フォーポインツと言えば、SPGホテル系列の中でもアロフトブランドよりもバジェット型のブランドである。今回の旅行は若干費用が嵩んでしまうため、多少なりでも費用を抑えるためにこちらのホテルを選択した次第。

予約はSPG公式経由から。もちろんホテルをよく利用する人ならご存じのキャッシュバックサイトを経由して、宿泊価格を抑えるワザをもちろん利用する。

ホテル予約時はポイントサイトを活用

ホテルを予約する際は、必ずポイントサイトを利用することとしている。ポイントサイトと言えば、ハピタスちょびリッチが有名。使い勝手の点ではどちらも使いやすく、ポイントサイトのホテルバナーを経由して予約を行うだけで、宿泊価格の数%をキャッシュバックしてもらうことができる。

なお、国内のポイントサイトと海外のポイントサイトではキャッシュバック率が多少異なる場合があり、Mr. RebatesTopcashbackなどでは国内ポイントサイトの倍のキャッシュバック率となっていることも多い。

SPGグループはタイミングによって、ポイントサイトに掲載されていないこともあるため、完全にタイミング次第であるが、ホテルを予約する際には確認しておくのが望ましいだろう。

Mr. Rebates

シンガポール川沿いのホテルエリアに位置

ハバロック通りという、現地の人でないとわからない通りに位置している。徒歩圏にコンビニ(小さいタイプのセブンイレブンやファミリーマート)はあるものの、地下鉄の駅は10分少々とアクセス面は若干不便(ホテルはオーチャードロード、チャイナタウン行きのシャトルバスを運行している)。

オーチャードロードやチャイナタウンまでも徒歩で行くには距離があり、自由に動くのであれば、タクシーやホテルが運航するシャトルバスが必須な場所と言える。

20階超えのフォーポインツ

 

シンガポール川に面しており、周りには背の高い建物は少なめ。もちろん対岸には2017年にオープンしたインターコンチネンタル(ロバートソンキー)など高級ホテルもあり、ホテルの多いエリアに位置している。

チェックイン

チャンギ国際空港からUberでホテルまで直接向かい、午後9時前のチェックイン。やや遅めのチェックインであるが、スタッフの人数も複数名おり、動きもスムーズ。

シンガポールのUber事情・実際の使用感を紹介する
シンガポールはUber先進国だけあって、Uber車の台数やその機能はかなり充実している。一方でGrabなどの配車アプリも台東しており、価格競争も起きている現状だ。今回は...

なお、ホテルチェックインカウンターのフロアには、バーレストランBest Blue(ベストブルー)もあり。SPGプラチナ会員ベネフィットとして、午後6~8時には、ワンドリンク+スナックのサービスを提供しているとのこと。ただ、今回は時間の都合上、一切利用せず。

こちらのホテルには、476室の部屋数があるが、スイートはたった9室のみ。部屋の種類は以下のとおりである。私が利用した日について、事前にアプリ上で確認はしていたが、スイートは売り切れなようで販売されておらず、満室の様子。SPGプラチナ会員は通常スイートも含めた無料アップグレード特典があるが、スイートが満室であれば、普通の部屋に案内されるのは致し方ないところ。

  • デラックスルーム 21~23㎡ ←予約部屋
  • プレミアムルーム 21~23㎡ ←宿泊部屋
  • スイート 41~43㎡
  • ファミリールーム 43~46㎡
  • エグゼクティブスイート 43~46㎡

エレベーター内には5階表記しかないものの、ホテル階数は20階ぐらいまである。フィットネスルームやプールはルーフトップというわけではなく、5階という低階層。

さて、ベルの方に荷物を運んでもらいつつ、本日の部屋1727へ。

デラックスルーム

 

デラックスルームと言えど、基本的にはベッドルームとバスルームという構成。部屋サイズはやはり20㎡強ということもあって、シングルベッド2台置くと部屋の大部分を占めてしまう。

窓際にはロングカウチとは言わないかな、ロングソファが設置してある。

こちらはSPGプラチナ会員向けベネフィット。ウェルカムスイーツと言ってよいのだろうか。内容はクッキーとワサビ味のナッツ。家内的には、完全に

家内「ホテルスタッフから、”お前ら日本人だからワサビ好きだろ?これでも食っとけ”と言われたかのような扱いだわ」

とのこと(もちろん、そんなこと言われてない笑)。

ビジネスデスク

ビジネスデスクは壁に面して設置してあるタイプ。使い勝手は何とも言えない。ホテル専用のスマホもあったが、やたら起動に時間がかかり、使い勝手は悪かったため利用せず。

ミニバー

ミニバーの冷蔵庫内は空っぽ。コーヒー類はもちろん用意されており、持ち運び用の紙カップもあり。

クローゼット

クローゼットは標準的なもの。セーフティボックス、アイロン、ハンガー、ドライヤーなどが用意されている。トランク内でくしゃくしゃになったシャツを伸ばすために使ったアイロン台は非常に便利で大変助かった。

バスルーム

バスルームはユニットバスタイプ。バスタブ付きではあるが、湯を溜めて使いたいかは微妙なところ。今回はシャワーのみで利用した。

バスアメニティは最低限レベル。もちろん髭剃り等はオーダーすれば、持ってきてもらえるため、遠慮なくハウスキーパーに連絡した。

シャワーの水圧はほどほどと言ったところだろうか。マレーシアや日本の水圧レベルを知っているとちょっと寂しい感じかもしれないが、ヒルトンガーデンインよりは十分強いので、それなりに快適に利用できた。

ヒルトン・ガーデンイン・シンガポール 宿泊記
さて、現在はシンガポールに来ています。ほとんどトランジットレベルでの滞在なので、あまり長居することもないのですが、多少街で買い物したい事情もあり、こちらのホ...

朝食はコスパ系ホテルとは思えないほど充実

朝食はホテル1階レストランEatery(イータリー)でいただく。今回はSPGプラチナ会員のベネフィットで2日間とも朝食無料で宿泊させてもらった。ありがたやありがたや。

生ハムコーナーとブロックチーズ、ブレッド系も複数種類あり。

ワンタン麺コーナー。菓子パン系コーナー。他にもインド系カレーとナン、中華系チャーハンやアメリカンなものも複数あり。エッグステーションもあり。

ということで、朝食としては上記のような洋食スタイルでいただく。個人的にはかなり種類も豊富で十分満足できる部類かな、と思っていたが家内的には相当不満だったらしく・・・

  • ウインナー?フランクフルトは不味い
  • チャーハンは味がしない。白ご飯食べたい。
  • クロワッサンとジャムは唯一美味しかった

と鬼のような酷評をしてきたのが、個人的な衝撃。。。そんなことないと思うんだけどなぁ笑。まぁ参考程度と思っていただければ。

コンパクトなジム・プール

 

こちらのホテルには、ジムとプール設備が用意されている。ただ、バジェットタイプのホテルということもあって、設備はかなりコンパクト。ジムは、エアロバイク2台とかなり設備は限定的。

プール側もかなり小さい規模。深夜時間帯は閉鎖される。日中時間帯は、欧米系ファミリーが利用していたということもあって、今回は利用しなかったが少々手狭感のあるプールのため、思う存分楽しめるかは微妙なところだろう。

オーチャード通り・チャイナタウン行きのシャトルバス

こちらのホテルは立地的にメトロの駅まで徒歩10分程度かかってしまうこともあり、ホテルのシャトルバスを活用すると移動の不便性を軽減させることができる。

ホテルのシャトルバスは1時間に1本のペースで運行しており、ロビーフロアのカウンターで事前予約(チケット半券をもらえる)をする必要がある。シャトルバスは周辺のホリデイインなどのホテルを周って、オーチャードロードを経由して、チャイナタウンまで運行している。どちらでも降りることができるので、観光や買い物には便利と言えよう。

なお、今回はホテル発のバスのみ利用したが、帰りは一度も利用しなかった。帰りのホテル行きのシャトルバスは時刻表を確認するなどしないと利用は難しい。個人的にシンガポールはそこまでタクシー代が高くないということもあるため、帰りはタクシーを使って帰ることをお勧めしたい。

まとめ:終日観光派におすすめ!

総合評価:★★★☆☆:終日観光派におすすめ!
ハード面:★★★☆☆:バジェットタイプとしては標準的
ソフト面:★★★★☆:朝食はホテルランクと比較してなかなか充実
コスト面:★★★★☆:シンガポール内では割安ホテル
アクセス面:★★☆☆☆:シャトルバスまたはタクシーを活用

シンガポールはホテル代が総じて価格、ある程度の質を満たすためには、20,000円前後/泊の出費はやむを得ないだろう。もちろん立地を気にしなければ、リトルインディアやカトンエリアなど比較的価格が安価なエリアのホテルを選択することである程度金額を抑えることができる。

こちらのホテルは、バジェットホテルとはいえ、朝食はフルビュッフェ形式であることや、立地の悪さもシャトルバスを運行しているということから、コスパ良く宿泊したい人にとっては、悪くない選択肢ではないだろうか。終日観光で動き回っているタイプにぜひともお勧めしたい。

フォーポインツ バイ シェラトン シンガポール リバービューFour Points by Sheraton Singapore, Riverviewの最安値を検索する

ヒルトン・ガーデンイン・シンガポール 宿泊記
さて、現在はシンガポールに来ています。ほとんどトランジットレベルでの滞在なので、あまり長居することもないのですが、多少街で買い物したい事情もあり、こちらのホ...
【シンガポール】ホリデイイン エクスプレス カトン 宿泊レビュー
シンガポール滞在1日目。本日から2泊3日でこちらのホテルにお世話になる。すでに6泊バンコクに滞在しており、毎日猛暑の中歩き果てていたため、シンガポール到着の段階...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です