【TG660】タイ国際航空ファーストクラス バンコク~羽田 搭乗記

ついに長かった旅路も最終局面。タイ航空ファーストクラスで日本へ帰ります。行きもファーストクラスを使っているので、衝撃的な驚きを受けることはないのですが、ファーストクラスらしい濃厚なサービスで非常に満足した次第です。今回は、バンコク発タイ航空ファーストクラスを紹介します。

タイ国際航空 TG660 ファーストクラス

今回のチケットは、バンコク~シンガポール往復を含むラウンドチケット。ANAのアワードチャートを使用して、114,000マイルと諸税で発券しました。東京~バンコク間は片道52,500マイル程度のバリューがあると考えられ、このフライトがいくらぐらいの価値があるかが気になるところです。

一般的なファーストクラスの販売価格は付加価値に対して、あまりにも高値が付いています(ような気がする)が、それは品格を売るビジネスによくある状況のひとつ。今回のファーストクラスチケットも市場では片道20万円強で販売されており、有償チケットではとても手が出ない値段でした。ただし、特典航空券であれば、話は変わってきます。

【特典航空券】ファーストクラスで発券。ANAマイルで行くアジア周遊の旅
今回は久しぶりにANAマイルを使って特典航空券を発券したので、紹介したい。発券に至るまで、いろいろと紆余曲折があったのだが、これはこれで満足行く旅程が組めたので...

さて、今回のフライトはマイル価値に見合うフライトだったのでしょうか。

バンコクスワンナプーム 到着時のお出迎え

シンガポールからのフライトでバンコクに到着。ブリッジ出口では、すでにタイ航空スタッフが待機していました。彼の案内するままにカートへ乗り込み、そのままロイヤルファーストラウンジへ向かいます。

IMG_3863

ロイヤルファーストラウンジの滞在についてはこちらを参照。

【バンコクスワンナプーム】タイ国際航空ロイヤルファーストラウンジに行ってきた
早朝の便でシンガポールチャンギ空港からバンコクスワンナプーム空港に到着。機内で多少睡眠を補充したとは言え、連日動き回ってたせいもあり、足の裏が痛くて、全身に...

IMG_3866

さて、ロイヤルファーストラウンジやロイヤルオーキッドスパも存分に楽しみ、ぼちぼち搭乗時刻となります。自分の荷物を持って、搭乗口へ行こうとラウンジから出ようとすると、ラウンジスタッフからストップがかかりました。

タイ航空女性スタッフ「搭乗口までご案内しますので、ラウンジでお待ちください」

ふむ。そうですか。すでにボーディングタイム10分前だけど、大丈夫なんかな、と思いつつ、しばしラウンジで待ちます。

ラウンジで待つ。

ラウンジで待つ。

ラウンジで待つ。

が、いつまで経っても案内されない!

さすがにラウンジスタッフに「本当大丈夫?」と何度も確認してしまいましたが、結局のところ、出発時刻20分遅れで案内されることに。出発が遅れていたらしいですが、搭乗時刻過ぎたあたりから、全く落ち着かずソワソワしたラウンジ滞在となってしまいました。

ラウンジから移動するのは自分1人だけで、行きと同様にカートで案内してくれるものと思っていましたが、先導スタッフは歩いて搭乗口まで向かう模様。

え、まじか。残念。。。

と思ったのですが、出発はコンコースGなので、実は通路が狭くカートで案内できなかったというのに後から気づきました。先導スタッフのスピードがこれでもかというくらい早く着いて行くのに必死だったのが、このときの印象です。

チケットのチェックで若干名並んでいるのを横目に、スタッフ通路から待ち時間ゼロで通してもらいます。手厚くされてるような、手荒なおもてなしを受けているような笑。

待合場所では、その3分後に優先搭乗の案内。ファーストクラス又はタイ航空プラチナメンバーが1番目の案内となっていました。ちなみに、幼児や障害者の優先搭乗はアナウンス前にすでに機内へ誘導しています。ということで、休暇最後の機体に乗り込んで行きます。

タイ国際航空 TG660 ファーストクラス シート

IMG_3896

行きと同様のシートアブレスト。ボーイング747のこちらの機体はファーストの座席数9席となっています。往路で使用したものと同じ構成ですね。9席中8席が埋まっているのは日曜日の出発だからでしょうか。なかなかの占有率。

IMG_3897IMG_3898

ファーストクラスは、タイ航空カラー全開の大型シート。完全個室になるタイプではないものの、プライベート空間は非常に高いですね。

IMG_3899IMG_3900

ハンガーラックもシートに組み込まれており、機能性は抜群。ジャケットを脱いで、荷物整理をしていると、さっそくおしぼりが提供されました。座席のひじ掛け棚には、すでにウェルカムスイーツも用意されています。

IMG_3901 IMG_3902

座席右肘かけ内部を開けると、シートコントローラー、モニターコントローラーが埋め込まれています。残念ながら、レスポンスは往路同様にイマイチ。

IMG_3903IMG_3914

ノイズキャンセリングヘッドホンも重厚なケースに収められています。アメニティケースはタイ航空マーク付きのリモワ。行きでももらいましたが、色違いで非常に嬉しい一品。うぉおお、この色は本当カッコイイ!これ、何色あるんでしょうか。集めたくなります。

IMG_3916

出発前にシートをちょっとだけいじってみます。相変わらず大した動きはしません。海外シートでよくある背もたれが遠いのがちょっと気持ち悪いですね。

IMG_3904 IMG_3905

さて、適当に荷物整理をしていると、ウェルカムドリンクの提供が始まりました。今回もウェルカムドリンクはドンペリニヨン2006。なかなかこのランクのお酒はプライベートじゃ飲めないですからね。味オンチですが、楽しませていただきます。

ちなみにドンペリの市場価格はこんな感じ。意外に手が出ないこともない金額だったりします。

ドンペリニヨン(ドンペリニョン)(ドン・ペリニヨン)(モエ・エ・シャンドン) 白 2006 並行 750ml シャンパン シャンパーニュ モエ エ シャンドン Moet et Chandon フランス あす楽

価格:12,900円
(2017/5/10 21:52時点)
感想(43件)


IMG_3912IMG_3928

機内食メニューも重厚。ページ数ほとんどないのに、カバーの威圧感は1級品です。窓4つ分を占領するファーストクラスシートを堪能しながらグラスを開けます。さて、今回のメインディッシュは以下のラインナップ。

  • シーフードパイ
    ほうれん草と松の実のソテー ミニトマト
  • ラムチョップのスパイシーガーリックバジルソースがけ
    ジャスミンライス
    タイ風ねぎ入り玉子焼き
  • 和牛すき焼き
    御飯 野菜付け合わせ

ラムチョップの名前に引かれて、そちらをチョイスしました。

IMG_3913  IMG_3917

ドンペリを飲み終わっても、まだ後ろの方はガタゴト搭乗準備が続いています。ということで、次はシンハービアをいただくことにしました。

ファーストクラスでビール?いいんですよ。分相応ってやつで。高い酒が好きなら、飲めばいいし、安い酒が好きなんだから飲んだっていいでしょ笑。

そして、ほどなくして出発。たった6時間のフライトです。ゆっくり楽しみたいですね。

タイ国際航空 ファーストクラス 昼食

IMG_3922

出発後、15分程度で安定飛行に入ります。こちらは優雅な座席に座り、ただCAに任せるまま。食事のセッティングをしてもらいます。

IMG_3923 IMG_3924

まずは前菜(メニューには記載なし)がサーブされました。ファーストクラスだけあって一品一品丁寧に飾り付けされているのがわかります。タイ風の味付けですが、現地ローカル飯じゃこんな洒落た皿使わないので、本格派高級タイ料理って感じですね笑。

IMG_3926  IMG_3930

そして温められたパンがバケットで 提供されます。もちろんこのパンは食べ放題。バター付けて食べますが、ぶっちゃけ何も付けなくても美味しいです。

IMG_3931 IMG_3933

左写真:アメリカ産帆立串

右写真①:鮭南蛮漬 合鴨塩蒸し串
右写真②:鶏野菜巻き ほうれん草お浸し
右写真③:海老芝煮 出し巻き いちょう南瓜

メインディッシュはまだですが、このへんは料理名のいまいちよくわからぬ料理が続きます。美味しいと言えば美味しいのですが、正解がよくわからないので、コメントが難しい。。。

IMG_3936

こちらは、鶏とココナッツミルクのスープ”トムカーガイ”。あまり食べない味ですが、コクがあり濃厚なシチューチックな味。スッキリしてる。ウマス。

IMG_3938 IMG_3939

ここでメインディッシュが登場。ラムチョップ。見た目は非常に美味しそうなのですが、なかなかナイフが通らず食べづらい上に噛み切るのが大変で味どころではありませんでした。

このへんでもう満腹気味。

IMG_3942

メインディッシュの後は、”フレッシュフルーツ盛り合わせ”と”チーズ盛り合わせ”。美味いんだけど、、、

腹が苦しい

もっと食べたいけど、とにかく腹が苦しい。

IMG_3944

追い討ちをかけるようにデザートの盛り合わせ(抹茶と胡麻のティラミス、タイ伝統菓子)がサーブされます。

しかし、苦しい

食べたいのですが、とにかく頭の中はスイーツの甘みではなく、胃の圧迫感です!このときほど胃袋の圧迫感を嘆いたことはありません。

IMG_3947

食後はもちろん横になりました。若干気流が悪く揺れがひどい時間帯があったのですが、それ以上に、、、

腹が苦しい

なので、しばらくは眠れそうにありません。うーむ、困った。本当に困った。

IMG_3952

苦しい思いに耐えて横になっていたら、どこかのタイミングで寝落ちしてたようです。気づくと機体は大阪南部まで来ていました。

ファーストクラス トイレ

蘭の花で飾られた香りよいトイレ。ファーストクラスのエリアには、個室トイレが二つ用意されています。トイレの広さはエコノミークラスの広さと同じ程度。

トイレ内にはアメニティもちゃんと用意されています。ボディミルク、香水など。

ブランドはロクシタン。ロイヤルオーキッドスパのブランドと同じロクシタンですね。あまり気にしていなかったが、タイ航空はロクシタンで統一しているのでしょうか。

ファーストクラス 羽田空港到着

IMG_3953

あっという間の帰りのフライトでしたが、実は食事は1回だけ。偏西風の影響もあり、フライト時間が短く、食事の提供は1回だけなのがちょっと寂しいところでしたが、2回あっても食べれるわけじゃなかったので、まぁいいかな、と思います。ほどなくして羽田空港に到着。

IMG_3954

機体を降りた後は、もういつも通り。ファーストクラスだからと言って、羽田の長い廊下をカートでかっ飛ばしてくれるわけではありません。皆と同じように、入国審査を通過しバゲッジレーンに並びます。

さて、ファーストの優先降機もあって、レーンが動き出すまでに15分くらいかかった印象があります。続々と自分の周りにはエコノミー客も集まりだしました。何番目に自分のトランクが出てくるかなと思っていたところ、

なんと1番目に出てきた

ファーストクラスっすげえ!と感じましたが、至極当然とも言えます。ただ、荷物が1番目に出てくる優越感はなかなか価値のあるもののように感じてしまいました。

まとめ:バンコク発ファーストはまた乗りたい

ファーストクラスを114,000マイルで発券した今回のフライト。帰国便に限定すれば、非常に驚きと感動を与えてくれるフライトとなりました。

そもそもアジア圏で日本発着のファーストクラスはかなり少ないと言えます。CXの香港線、JALのジャカルタ線(すでに廃止済)がすぐに思い浮かびます。他の路線だとユナイテッドの以遠線ぐらいでしょうか。

ファーストクラスのサービスとして、

  • キャビアが提供されない
  • Wifi に対応していない
  • フライト設備が古い(今回はモニターのレスポンスがほぼ最低レベル)
  • 搭乗口まで歩かされる

など残念なポイントはあったのですが、総合的に考えた場合、かなり満足度は高かったです。個人的には、

  • ロイヤルオーキッドスパのVIP対応
  • ロイヤルファーストラウンジでの快適な滞在
  • ファーストクラスの快適なフライト環境と豊富な機内食

片道52,500マイル程度の価値はきっと十分にあるのではないでしょうか。有償フライトであれば、20万円程度なのでマイル単価はそこまでいいわけではありませんが、現実的なサービスとしては十分満足できるのではないかと思います。

個人的には、マイルの余裕状況によって、また利用したいと思うフライトでした。以上、ご参考まで。

【TG661】タイ国際航空ファーストクラス 羽田~バンコク 搭乗記
2017年2月某日、今回の旅程は東南アジアを周る形でバンコクとシンガポールを訪れます。航空券の手配はこちらの記事を参照。出発地は、まず羽田から。タイ航空のフ...
【羽田空港】ANAスイートラウンジに行ってみた
2月某日、冬休みを活用してバンコク、シンガポール旅行ファーストクラスの旅を計画しました。具体的なルート及び発券方法についてはこちらの記事を参照。今回はその旅...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です