福岡博多でUberを使ってみた

先日、福岡に滞在していたときにUberを利用してみました。普段博多にいるときは、バスか地下鉄を利用すれば大概の場所まで移動することができます。ただ、いちいちルートを確認したり、電車やバスが動いていない時間帯などはやはりタクシーが便利。今回はちょうど福岡でもUberが利用できるようになったとのことから、試してみることとしました。

福岡博多でUberを使ってみた

Uberとは

まず話を始める前に、初めてUberという単語を耳にした人向けにUberという配車サービスがどういったものかを簡単に紹介したいと思います。主だった特徴は以下のとおり。

  • 現金がいらない(クレジットカード払いが可能)
  • 自分の現在地(任意の場所)からUber車を呼ぶことができる
  • タクシードライバーの名前とドライバーの評価、車種、予想料金が事前にわかる
  • 通信環境がないと、アプリを操作できない
    (すなわちUber車を呼べない)
  • 地域や時間帯によっては、Uber車が見つからない場合がある

欧米では有名な配車サービスですが、日本では未だにマイナーなサービスに位置しています。個人的には、アジア圏で英語の通じないタクシードライバー相手に面倒な料金交渉を吹っかけられるのが嫌で、UberやGrabなどの配車タクシーサービスを愛用している次第です。

1件目:ホテルから中州エリアへ

このときは、ヒルトン福岡シーホークから中州にある東急エクセルホテルへ移動するために、Uberを呼びました。ヒルトン福岡シーホークは立地柄、かなりアクセスの悪い場所にあるため、タクシーを利用される方がそこそこ多い傾向にあります。

私が利用した際は、ちょうど沢山の人がタクシー待ちの列を作っており、通常であれば相当な待ち時間が必要でした。ただ、Uberでの配車はすぐにホテル付近でつかまったこともあって、すぐに乗車することができましたね。

中州までは距離だと5キロ弱。乗車料金は約1,700とキロ340円のそこそこ妥当な金額でした。提携しているタクシーが一般のローカルタクシー会社ということもあって、迎えに来てくれるタクシーも一般車です。少々割高な東京都内のUberとは料金体系や水準が若干異なるようですね。

2件目:中州のホテルから福岡空港へ

また別の機会でUberを利用しました。このときは、中州のホテルから福岡空港まで向かう移動での利用です。配車後は5分程度で来てくれたため、結構ラッキーだったと言えます。

5キロ程度の距離でしたが、約1,800円とそこまで高額にならず、一般的タクシーと同水準の金額に収まりました。高級車ではなく、一般的なタクシーと変わらない車が来てくれたので、博多はなんだか気軽に利用できますね。

深夜時間帯などでは配車の依頼をしてから、送迎してくれる車が決まらない場合もあり、車の数が安定しているとは言い難いものの、タイミング次第では有効な交通手段かなと思います。

まとめ:博多のUberは捕まえられれば便利

総合的に考えると、もう少し台数が多ければ使いやすいかな、と感じましたが、ヤフオクドーム付近など移動が不便な場所からの利用であれば、積極的に利用してもいいかと思います。

もちろん一般の流しで走るタクシーも選択肢に入れつつ、配車アプリの活用も併用すれば、大きな荷物がある場合などは比較的容易に移動できるでしょう。天神エリア~福岡空港あたりまでのエリアであれば、バスや地下鉄が充実しているため、敢えてタクシーを利用する場面は少ないかもしれませんが、一つの交通手段として選択肢を持っておくと非常に便利です。以上、ご参考まで。

ANAクラウンプラザ福岡 宿泊記 ラウンジ福岡 訪問記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です