ホテルオークラ福岡 宿泊記

福岡滞在中はこちらのホテルも利用しました。日本では超有名なオークラ系列ですね。ホテルオークラはワンハーモニーグループのブランドで、ブランド内でもラグジュアリークラスのブランドとなっています。ただ、今回は初めての滞在と言うことで、吉と出るか凶とでるか、わからなかったのですが、実際はどうだったのでしょうか。

ホテルオークラ福岡

ホテル名:ホテルオークラ福岡
ホテルランク:★★★★★
宿泊部屋:スーペリアダブル
予約価格:約17,000円/泊、諸税込み・朝食なし・変更可
予約方法:ホテル公式経由

予約はホテル公式で

ホテルオークラは日航ホテルやJALシティなどのホテルと同じくワンハーモニーグループの傘下に入っています。基本的にはベストレートで公式から予約するのが、無難にいいですね。

一方で、ホテル予約サイトから予約を行う際は大抵Mr. Rebatesなどのキャッシュバックサイトを経由させてから、予約することも選択肢としてはアリだと思います。これは単純に節約術の一種なので、特に大した話ではありませんが、国内のポイントサイトのハピタスなどを活用して、ホテル代を抑えるテクニックですね。Hotels.comやBooking.comなどのホテル予約サイトでも高い時期で8%バックのときがあり、キャッシュバックでお得に宿泊することが可能です。

中洲川端駅からすぐの超好立地

こちらのホテルですが、地下鉄の中洲川端駅から歩いて2分という超好立地にあります。西側へ歩いていけば、天神も徒歩圏内になりますね。夜の食事など、選択肢が無数にある点や帰りにタクシーを使わなくても余裕で帰れる場所と言う点も非常に良かったです。

ビジネスホテルだと、殺風景な福岡駅周辺に多いのですが、こちらのエリアでは、飲み屋街である天神は近いですし、夜の街である中州もあって、遊びには事足りません。

重厚な外観の中に、複合施設も多数あり

ホテルオークラのホテルに併設される形でショッピングモールがあったり、そのショッピングモールを抜けるとアーケード街になっていたりと、周辺環境は本当群を抜いています。

タクシーのドライバーさんもホテルオークラの場所は(根拠は薄いですが)100%認知しており、極めて利便性は高いと感じました。

豪華絢爛エントランス

この日はクリスマスの前だったこともあり、エントランスには背の高いクリスマスツリーが飾ってありました。かなり天井の高いエントランスとなっており、宿泊客以外も休憩がてらこちらのエントランスを利用していました。雰囲気含めオークラらしい内装になっています。

こちらがフロントデスク。エントランスはだいぶ豪華な印象を受けましたが、フロントデスクはなんだか、こじんまりしています。結構地味な感じです。

チェックイン時刻が14時からだったため、しばらく外で時間をつぶしたりしていましたが、再び14時過ぎた段階で来てみると、結構なチェックイン待ちの行列ができていました。私は行列に並ぶのが、非常に嫌いなのですが、我慢して前の人が捌かれているのをひたすら待ちます。

  • シングル/コンパクトダブル 22㎡
  • スタンダードダブル/ツイン 25㎡/28㎡
  • スーペリアダブル/ツイン 30㎡ ←予約部屋&宿泊部屋
  • バリアフリールーム 30㎡
  • ラージツイン 35㎡
  • デラックスツイン 47㎡
  • コーナーデラックスダブル/ツイン 51㎡
  • ハーバービュースイート 60㎡
  • コーナースイート 85㎡
  • ロイヤルスイート 202㎡
  • 和室 65㎡/70㎡

ホテルオークラ福岡のレートを見てみると、比較的シングルは安い値段で販売されていることが多いです。もちろんホテルランクを下げれば、それより安いホテルが沢山あるのですが、オークラクラスであっても1万円代前半で宿泊することも決して難しくありません。

今回は、あまり窮屈な部屋に泊まっても・・・という思いから、スーペリアルームを予め予約しておきました。

スーペリアダブル

広さは30㎡ということで、決して広いわけではありませんが、狭くもありません。十分快適な広さと言えるのではないでしょうか。

むしろ前日まで泊まっていたホテルニューオータニなどと比較すると内装のグレードがグッと上がっているのがわかります。清潔感もあって、設備も新しく、非常に心地いいですね。

デスクの上には無料のボトルウォーターが2本あります。正面に鏡があり、化粧台のような配置のため、ビジネスデスクとしては利用しづらい印象ですが、まぁこれはこれでいい感じです。

空気清浄機を置くための台座を敢えて作ったかのような内装となっています。非常に不思議ですが、部屋とマッチしていていいですね。トランクケース置き場も板むき出しでない点が嬉しいポイントです。

ミニバー

ガラス扉で仕切られたブースのような場所にミニバー関連が置かれていました。冷蔵庫内をパンパンに詰め込んだりせず、ちゃんとスペースを開けてくれている点は嬉しいですね。

クローゼット

こちらはクローゼット。比較的シンプルかつちゃんとシューケア用品など揃っています。

バスルーム

バスルームはこちら。窮屈過ぎない設計手、洗面台、トイレ、バスタブとなります。

バスタブはシャワーと兼ねて使うタイプのため、湯を張って浸かることもできるのですが、若干使いづらい印象を感じました。ですが、まぁこれはこれで仕方ないかもしれません。

バスアメニティはオークラ専用のもの。なかなか高級感があっていいですね。かなり沢山セットしておいてくれている点も嬉しいポイントです。

朝食はさすが!大満足

さて、当日まで朝食を付けていなかったのですが、ワンハーモニーのポイントが中途半端に余っていたことに気づきました。ホテルのパンフレットをぱらぱら見ていると、1,000ポイントで朝食が食べれる事実を知ります。さっそくこちらで使ってみることに。

こちらの朝食ビュッフェはそもそも和食、洋食の充実っぷりや、ライブキッチン、アイスクリームバー、など他のホテルと比較しても一つ上を行っている豊富なラインナップとなっていたのが印象的です。

日本人が多いからでしょうか、和食メニューは本当充実していて、そっちにも手を伸ばしたかったのですが、いかんせん朝の胃袋が小さいため、断念しました。

結構食べた方ですね。これでも。普段は本当パン1枚でも満足してしまうタイプなので、かなり詰め込んだ気がします。ゆっくりカプチーノをいただきながら、朝食の時間を過ごすことができました。

ワンハーモニーの1,000ポイントがそもそも何ポイント相当なのかはよくわかりませんが、明らかに1,000円以上の価値はあるのではないかなと。通常ですと、税サ込みで2,900円とそこそこいいお値段となりますが、割と納得感あるお値段だと思います。とはいえ、もしポイントがあるのであれば、ポイント払いの方が絶対にお勧めですね。

まとめ:福岡なら毎回ここに泊まりたい

総合評価:★★★★★:福岡なら毎回ここに泊まりたい
ハード面:★★★★★:他ホテルと比較してもワングレード上
ソフト面:★★★★★:朝食1,000ポイントがお得
コスト面:★★★★☆:週末は要注意
アクセス面:★★★★★:中州、天神どちらもアクセス良し

かなりアゲアゲで評価してしまった感がいませんが、滞在中は終始快適だったのが印象に残っています。唯一の不満は、チェックインアウトの行列くらいでしょうか、あれを除けば本当に文句なしのレベルですね。

福岡には、かなり沢山のホテルがあるのですが、全体的に値段は安くなく、明らかに地方都市の価格よりも1ランクから2ランク上を行っている気がします。それは福岡の博多という土地柄、空港からのアクセスが非常にいいという点も作用しているのかなと思いますが。

個人的には福岡滞在時は毎回ここでもいいかな、と思ってしまうほどでしたが、週末は暴力的に高くなってしまうときもあるため、少々悩ましい面もあったりします。とはいえ、平日であれば積極的に選びたいホテルなのは間違いありません。以上、ご参考まで。

台風によるフライト欠航時のホテル予約キャンセルについて ホテルインディゴプーケットパトン 宿泊記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です