インドのムンバイでUberを使ってみた

インドのムンバイ訪問時は、ホテルのタクシー以外にUberを使ってみることにしました。ムンバイはニューデリーと違い、なかなかインドらしさがプンプンする都市。ムンバイ初訪問で色々面食らってしまいましたが、その時に利用したUberを紹介したいと思います。

インドのムンバイでUberを使ってみた

Uberとは?

まず話を始める前に、初めてUberという単語を耳にした人向けにUberという配車タクシーサービスがどういったものかを簡単に紹介したいと思います。主だった特徴は以下のとおり。

  • 面倒な料金交渉がいらない
    (タクシー運転手との交渉がアプリ内で完結する点)
  • 現金がいらない
    (クレジットカード払いが可能)
  • 自分の現在地(任意の場所)からUber車を呼ぶことができる
  • タクシードライバーの名前とドライバーの評価、車種、予想料金が事前にわかる
  • 料金が一般のタクシーと比較して安い場合がある
    (逆に混雑時は割高となります)
  • 通信環境がないと、アプリを操作できない
    (すなわちUber車を呼べない)
  • 地域や時間帯によっては、Uber車が見つからない場合がある

個人的には、アジア圏で英語の通じないタクシードライバー相手に面倒な料金交渉を吹っかけられるのが嫌で、Uberを度々利用している次第です。では、ムンバイでUberは使えるのでしょうか。以下で紹介していきます。

1台目:ホテルからレストランへ

夕食のタイミングでホテルからレストランへ向かう移動の際にUberを利用しました。ムンバイについて勉強不足だったこともありますが、なかなか足場環境が悪く、簡単に靴が泥だらけになってしまいがちです。そのため、レストランが多少遠かったという点も加味して、Uberを呼んでみることに。

ホテルのロビー前までUber車が来れない

ただ、これはインドあるあるなのかもしれませんが、ホテルでUberを呼ぶと、ホテルの入り口にはセキュリティ(爆発物検査を入場する度に行います)があるため、ホテル入り口の外側で待機してしまうケースが多いようです。そのため、ホテルロビーから徒歩で出て、Uber車が止まっている場所まで歩いて近寄る必要がありました。

英語が通じないドライバーさんに遭遇

また、今回のUberドライバーは英語が話せないドライバーだったので、ホテル入り口で停車できなかった際に、キャンセルされるかな?という状況に陥ってしまいましたが、しぶとく英語でCallし続けた甲斐もあり、無事出会うことができました。

料金は2キロ強で220円ほど

料金は2キロ強の距離で約140ルピー=220円位。インドの物価との差があるため、ものすごく安く感じます。日本だと1キロ400円位になりますからね、送迎代も含めたタクシーの価格帯ですと。

2台目:帰りもUberでホテルへ

レストランで美味しいインドカレーを食べた後は、往路と同じようにUberを呼んで戻ります。若干、空港が近いということもあり、配車が決まらない時間があったのですが、比較的すぐに捕まえることができました。

2.5キロの走行距離で約400円

金額も2.5キロの走行距離で約250ルピー=約400円弱とかなりの安さ。往路よりも若干距離が伸びているため、金額は高くなるのは当然ですが、なんか比較すると不思議な金額の上り幅ですね。まぁ、全体の金額がだいぶ安いため、問題ありません。

まとめ:ムンバイでも大活躍のUber

Uberは非常に便利なアプリで、インド以外でも大活躍してくれることは間違いありません。ただ、その一方で、Uberを利用して事件に巻き込まれた、というニュースもいくらか耳にします。これは地域などによって、だいぶ状況が異なる話になりますが、基本的に1人単独(特に女性)での利用は、治安が微妙な場合は避けた方がいいかもしれません。

ただ、グループでの利用であれば、送迎車のナンバーを間違えずに乗ることで、トラブルはほぼ皆無と言えます。こういった点から私は頻繁に国内含めて、様々な地域で活用させていただいている次第です。

ちなみに、以下のリンクよりUberへ初回登録すると、クーポンを得ることができます。登録時期や所属国によって、クーポンの金額が異なりますが、約1回分(日本だと1,500~2,000円相当)のタクシー乗車料金のクーポンをゲットできますので、良ければご活用ください。

京都でUberを使ってみた ニューヨーク観光でUberを使ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。