インド・デリーの交通機関をまとめてみる

インドの首都デリー。旅行者や出張者がインドへ訪問する際に滞在するのはニューデリーが多いかと思います。金融系の会社が多数集まるムンバイも日本からの出張者が多い地域ですが、それ以外にハイデラバードなどの南側も外資系が進出しているエリアと言えます。ですが、まぁほとんどはニューデリーでしょうね。今回はそんなインドデリーの交通機関について紹介します。

インド・デリーの交通機関まとめ

インドは正直地域によって、かなり文化や風習が異なるということもあり、一様に語るのはなかなか難しい国と言えます。北部は英語が比較的通じやすく、特にニューデリーに関して言えば、かなり英語でのコミュニケーションはしやすいのではないかと。

一方で、ローカルなエリアやダウンタウンは、インド特有の交通ルール?マナー?といいますか、なかなか難しい側面もあるため、旅行者は他のアジアの比較的安全な国と比較しても、十分注意して移動手段を選択した方がよいかもしれません。

注意
2020年6月現在、インドは日本からの渡航者および日本人に対して入国制限措置を取っています。また、インド国内では5月末までロックダウンを実施しており、各種の移動制限が延長される可能性もあるため、下記の情報とは状況が相違する点にご注意ください。必ず訪問する際には、在インド日本国大使館からの情報を確認することを推奨します。

タクシー

インドに限らない話ですが、海外でもっとも利用される交通手段がタクシーかと思います。インドのデリー空港からダウンタウン(またはオフィス方面Aerocity)へ移動する際も、タクシーでの移動が多くなるかと思います。タクシーにも色々ありますが、それぞれ使いやすさが若干異なるため、利用の際は留意しておくべき点を紹介しておきます。

プリペイドタクシー

個人的に、海外の中でも比較的安心できる部類がこちらのプリペイドタクシーですね。街中で利用できるか、というと若干難しい側面もありますが、空港から移動する際は非常に便利かと思います。

ただ、それでもぼったくりが横行するのがインド。プリペイドにも関わらず、トラブルに巻き込まれるケースもあるため、目的地到着まで用心した方がいいのは間違いありません。そもそも事前払いのタイミングでふっかけてくる場合が多々あるため、その点にも注意した方がよいでしょう。

メータータクシー

インドのメータータクシーは、日本などと比較するともの凄く安いかと思います。感覚的には、相当安いと言われているタイのメータータクシーとほぼ同じぐらいでしょうか。年々の物価上昇に伴い、運賃が引き上げられていますが・・・。

深夜時間帯や空港からの出発、到着については若干加算がされるものの、基本的にメーターを倒してくれるのであれば、問題はないかと思います。

ただ、一番の問題はインドの細かい現地通貨で対応しなければいけない点でしょうね。端数は切り上げで、いくるか多めに払うことになるかと。

Uberなどの配車アプリ

ムンバイもそうなのですが、デリーにおいても配車アプリは活躍するかと思います。特に、配車アプリUberであれば、他の都市でも使えるため、すでにダウンロードされている方も多いのではないでしょうか。Olaと呼ばれるインド版Uberもありますが、日本からの旅行者であればUberで間違いないでしょう。

料金も1キロ100円程度とかなり安く、比較的予算を気にせずに利用することができるかと思います。

渋滞はやはりしんどい

なかなか現地の道路事情を予想することは難しく、渋滞にハマってしまうと思いのほか時間を取られてしまうケースがあります。予定がある場合は、渋滞にハマってしまうことを想定して、早めの行動を心がけた方が良いかもしれません。

ローカルバス

ローカルバスは旅行者にとっては、かなり難易度の高い交通機関になるかと思います。デリーの主要交通機関でもあり、かなりの広範囲で移動することができるため、遠くのニッチなエリアを目指す場合など、予算を抑えて長距離移動したい場合に向いているのは間違いありません。

なお、ニューデリーの空港からエアポートシャトルの有料バスが出ており、インターネットで予約することもできます。現地の乗車場所がわかりやすいのかは確認できていませんが、空港からの移動手段として活用する方法もあるかと思います。

ローカルバスはリムジンバスも含めて、道路渋滞により移動時間が大きく変わってきます。安い点が非常にお得に感じるかもしれませんが、1時間以上、乗っていることになるため、若干注意した方がよいかもしれません。

電車

デリーにはメトロなどの電車が多数走っており、電車で街中を移動することも可能です。もちろん運賃はかなり安く、数十円~で乗れてしまうため、予算節約型の方には、ぴったりと言えます。

ただ、そもそもタクシー自体が格安であるため、敢えて電車を利用した方がいいのか、と問われると回答し難くなりますが・・・。

デリー空港からであれば、メトロ(エアポートメトロ:オレンジライン)がつながっており、20~30分ほどで市内まで行くことができます。金額も今のレートだと100円程度でしょうか。激安です。

渋滞を回避できるため、電車の利便性は高いのですが、そもそも電車自体が混み合っているため、大きな荷物での乗車は難しいかもしれません。旅行の際はご注意ください。

まとめ:タクシーのみでよい。しかし渋滞が・・・

非常に難しいところですが、旅行者・出張者にとってはタクシーがメインの交通手段で間違いないでしょうね。出張ならタクシーで、プライベートの旅行でもタクシーかな・・・と思います。よほど現地ローカルな生活感を味わいたいなら、電車などもアリかと思いますが。

ニューデリーのオフィス側(エアロシティ)は比較的インドの中でも清潔なところは多く、決して日本人が想像するような泥だらけのような街ではありません。いやまぁ、ちょっと移動すると土煙でわんさか茶色くなってしまうのは間違いないのですが笑。

ある程度、インド経験値を貯めた方であれば、タクシー以外の交通手段も良いかなと思いますし、ご自身で(快適さの希望度合いから)判断できるかなと。もし初回であれば、間違いなくタクシーを優先的に利用することをお勧めします。以上、ご参考まで。

【マレーシア】KLIAクアラルンプール空港から市内への交通アクセスをまとめてみる 【安くて簡単】台北桃園から台北市内への交通手段は高速バスが便利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です