【ペナンお勧めホテル】イースタン アンド オリエンタルホテル 宿泊記

先日のマレーシア旅行では、ペナン島にも滞在をした。というか、ペナン島は旅程の中でのメインイベントの一つ。ペナン滞在中の2日間は、ペナン島で一番と言っても過言はないイースタンアンドオリエンタルホテルに宿泊。実際に泊まる前からもかなり期待していたホテルだったが、期待に応える5★ホテルとして最高の滞在ができた。今回はその様子を紹介したい。

イースタンアンドオリエンタルホテルペナン

ホテル名:イースタン アンド オリエンタル ホテル
ホテルランク:★★★★★
宿泊部屋:スタジオスイート
予約価格:約36,000円(2泊分)
予約方法:Hotels.com経由

イースタンアンドオリエンタルホテル(E&Oホテル)は、グローバル展開をしているホテル系列ではあるのだが、世界中に多数あるわけではない。頻繁に同グループホテルを利用する機会は少ないため、今回は通常のホテル予約サイトのHotels.comから予約を行った。

最近ホテル予約サイトであるエクスペディアが最低価格保証をやめてしまったことは、旅行通の間では密かに有名な話ではあるが、現在大抵のホテル予約サイトで最低価格保証を実施しているので、どこでも価格に大きな大差は出てこない。トリバゴ等で最安値を一度確認すれば、下手な金額で予約することは避けられるだろう。

また、各ホテル予約サイトにおいても、ポイント還元等の仕組みがあるため、そこをいかに考慮するかが差のつくポイントになると言える。

Hotels.comとポイントサイトを組み合わせてお得に宿泊する

ここからは個人的な意見ですが、Hotels.comには、10泊すると1泊無料となる実質部屋代10%オフの仕組みがある。さらに、 ハピタス等のポイントサイトを経由することで、部屋代を最大7.5%のキャッシュバックを受けることができる。今回はそういった事情もあり、Hotels.comから予約を行いました。
(すなわち、部屋代が実質17.5%割引!)

※7.5%は私が実際に予約したときのキャンペーン中の還元率

ハピタス内のHotels.comのバナーをクリックしてから、予約を行うだけでキャッシュバックを受けられる仕組み(広告費の一部が予約者に還元される仕組み)であるため、少しでも安くホテルに泊まりたいのであれば、利用しない手はないだろう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ジョージタウンに隣接した好立地


E&Oホテルは、ペナン島のジョージタウンと呼ばれる繁華街に隣接している。ペナン島自体、そこまで大きい島ではないが、島の東南部に空港や機械系自動車メーカーの工場が多くあり、北東部にジョージタウンを中心とするペナンの中心街がある。

観光資源はそこまで多くない街なのだが、やはり歴史が最も古いのがジョージタウンでもあり、そこに位置しているE&Oホテルは立地的観点からも優れている。

白を基調としたオシャレなホテル

クアラルンプールからの長距離バスでペナン島に到着した後、ペナン島バスターミナルからタクシーでこちらのホテルへ向かう。E&Oホテルの名前を出すだけで、場所を理解してもらえるほど、現地の人には超有名なホテルのようで、道中高齢のぼったくりタクシーの爺さんが色々と街の歴史や最近できた新しいホテルの話などを色々話してくれた。

ホテル建物は真っ白な外観で南の島に映える清々しい雰囲気を漂わせている。

夜になるとライトアップされるため、より一層白と夜景の黒がコントラストとなって目立つ建物となる。

チェックインはANNEX館で

ホテル入口へ入ると、大きなエントランスになっており、白のグランドピアノが置いてある。夕方の時間ではあったものの、チェックインカウンターは空いており、部屋が用意できているか聞いてみる。

 

予約名を伝えると、ホテルはこの建物ではなく、ANNEX館とのことらしい。最初に入った建物はヘリテッジ館とのことで、結構な歴史的建築物なんだとか。若い男性のホテルマンに付き添われ、ANNEX館まで案内してもらうことに。

こちらのホテルは正面はジョージタウンを向いているが、背中側は一面海が見渡せる絶好の景色を有しており、ヘリテッジ館とANNEX館を移動するときにその圧巻の景色を眺めることができる。

裏庭には、戦争時代の大砲がそのまま残っていたりする。

1~2分ほど歩いた先にあるANNEX館。ロビーはいたってシンプルながらも、伝統的な英国風ホテルといった印象。

チェックインカウンターでパスポートを渡して、部屋のカードキーを受け取る。合わせて、クラブラウンジや朝食の説明も合わせてしてもらった。日本人の宿泊者は決して多くはないものの、日本人向けの日本語説明の案内ももらえるため、なかなか気が利いている。

エレベーターに乗って8階へ向かう。1フロアに2部屋コーナースイートの部屋があり、コーナースイートは122㎡もの広さとなる。ちなみに、こちらのホテルの部屋は、以下のとおりとなっており、ANNEX館にはたった2種類しか部屋がない。

  • ANNEX館 スタジオスイート 55㎡ ←予約部屋&宿泊部屋
  • ANNEX館 コーナースイート 122㎡
  • ヘリテッジ館 デラックススイート 58㎡
  • ヘリテッジ館 ジョージタウンスイート 79㎡
  • ヘリテッジ館 プレミアスイート 58㎡
  • ヘリテッジ館 ストレーツスイート 87㎡
  • ヘリテッジ館 ライターズスイート 135㎡
  • ヘリテッジ館 ピナンスイート 241㎡
  • ヘリテッジ館 E&Oスイート 522㎡

なお、ライターズスイートまでは公式ホテルから予約できるようだが、ピナンスイートとE&Oスイートについては、問い合わせでないと予約はできない。E&Oスイートの522㎡なんて広すぎて、どのレベルの要人が泊まるのか不思議な位に感じてしまう。

さて、エレベーターから降りて本日と明日の2日間の宿泊部屋となる822号室に到着した。早速中を見てみよう。

ビクトリーアネックススタジオスイート

ホームページの写真と全く瓜二つの部屋が今回の部屋。55㎡という広さはホテルの中で最も狭い部類ではあるものの、1人で滞在する分には十分過ぎる広さであり、バルコニーも付いていて非常に快適。

ベッドもキングサイズ。到着時はすでにターンダウンをしてくれていた。

ベッドサイドは、木目調のバランスを保ちつつ、電話機、照明、置時計が配置されている。ボトルウォーターもグラス付きでセット済。いいね。

バルコニーへ出られる窓のサイドには一人掛けのソファが配置されている。

こちらはバルコニー。ペナンの海を眺めながら、ゆっくりすることができる。

コーナーに近い位置でもあるため、ジョージタウンと海の両方を眺めることが可能。まぁ、完全に海側の方が見晴らしはきっといいのだろうが。

部屋に戻って、テレビ台とビジネスデスクがこちら。部屋のド真ん中に設置されており、ベッドの正面にあるため、寝転がりながら鑑賞することが可能。

ミニバー

グラスやコーヒーカップ類は2人分をベースにセットされている。

冷蔵庫内にはソフトドリンクがセットで置いてあり、こちらはコンプリメンタリーとなっている。そんな高価なサービスではないが、暑いペナンでは嬉しいサービス。

ビジネスデスク

 

ビジネスデスクはこちら。ちょっと手狭な印象は受けるが、無駄なものが置かれていないので使おうと思えば十分使えるレベル。

ウェルカムフルーツもこちらのとおり。2日目はちゃんと補充してくれていたのも嬉しかったポイント。

バスルーム

 

バスルームはベッドルームの広さに対して、相当広いスペースを確保している。手前側に2シンクの洗面台を用意。後ろ側はクローゼットになっている。また、さらに奥側にバスタブ、シャワーブース、トイレが配置されている。

全体的にゆとりあるスペースとなっているため、非常にストレスなくシャワーも風呂も楽しむことができ、快適な滞在となることは間違いないだろう。

シャワーブースはレインシャワータイプとハンドシャワータイプの両方があるが、水圧がとにかく超強力!羽田空港のシャワールームやサクララウンジ、ANAスイートラウンジあたりの日本の空港ラウンジに負けない位、超強力な水圧でシャワーを浴びることができる。

海外の水圧事情はなかなか難しい面があるのだが、こちらのホテルは極めて素晴らしい、かつ、気持ちのいいシャワーを提供してくれている。

また、バスタブの造りもセンスが溢れていて、こちらも素晴らしい!英国貴族風ホテルとはまさにこのことか。

屋外プールはペナンの絶景を眺めながら

こちらのホテルにプールは2か所あり、ヘリテッジ館にある地上プールとアネックス館にあるラウンジフロアに併設されたプールがある。特に、アネックス館側のプールはインフィニティプールのデザインをしているため、ペナンの海につながったような感覚を味わえるハイセンスな造りをしている。

欧米系の旅行客で賑わってはいるものの、そこまで混雑しているわけではないため、ゆっくりプールを楽しむことができた次第。

プールサイドでは、ホテルスタッフがレモン果汁入りのスティルウォーターを提供してくれた。ホテルスタッフの教育がとにかく色々と行き届いており、どこにいても不自由することのない環境はさすがと言える。

スポーツジムは貸切状態

スポーツジムももちろん用意されている。こちらもヘリテッジ館とアネックス館の2か所にあるが、私はアネックス館のみを利用した。器具の種類自体は標準的な設備。以前宿泊したプトラジャヤマリオットに比べると、少し種類は少ない印象だが、全体的に利用人数もかなり少ないのであまり設備投資はされいないのかなーと思う。

クラブラウンジ

1日目の朝食はクラブラウンジで

こちらのホテルは全部屋がスイート構成となっており、全宿泊客がクラブラウンジを利用できるような造りとなっている。今回は1泊目の朝食をこちらのクラブラウンジで食べることにした。

品揃え的には、朝食レストラン会場ではないので、あまり種類は豊富とは言えないかな。バイキング形式の料理とは別にオーダー制で卵料理を提供してもらえる。

 

ホテル暮らし4日目ぐらいになってきたためか、段々と食欲が衰えてくる。ただ、こちらのホテルは本当居心地がいい。

クラブラウンジの窓際は、海を眺めながら食事を楽しむことができる特等席。

イブニングタイム

クラブラウンジということで、こちらのホテルではイブニングタイムを提供しているが、かなり時間が限定的。午後5時~6時のたった1時間だけ軽食とアルコールを提供するという限定っぷりなので、この時間帯のクラブラウンジは相当の混雑度合いとなる。

料理の種類も数種類しかなく、大手グローバルチェーンのトップブランドなんかと比べると寂しい感じに見えてしまうが、全室スイート構成のこちらのホテルでは幾分仕方がない、という印象も伺える。

 

私はフルーツと軽食をほうばりながら、マレーシアでは大変貴重なビールを楽しませてもらった。

朝食レストランは規模も種類も充実

2泊目の朝食はANNEX館1階にある朝食レストランで食べることにした。

朝食会場はかなり広く、キッチンの数も多い。多国籍な料理が並んでおり、どれを食べるべきかは相当悩んでしまうことだろう。

ただ、さすがに日本食はなかったな。マレー系、アメリカン、中華、ブリティッシュなど色々あり、しかもどれも美味しい。

なぜだかよくわからないが、私の場合、クロワッサンのクオリティの高さを味わうと、高級ホテルに泊まっているんだなぁ、と感じてしまう癖がある。

あまり食が太くなく結構無理して食べていた記憶があるものの、手に取りたくなってしまう美味しさがあったことを記憶している。さすがにかなり中華系ファミリーもいたので、賑やかなレストランとなっていたが、朝食のクオリティは他の都市の高級ホテルと何ら遜色ないレベル。

まとめ:満足度120%!また必ず泊まりたいホテル

総合評価:★★★★★:満足度120%!また必ず泊まりたいホテル
ハード面:★★★★★:部屋もいいが、何と言ってもプールのすばらしさ
ソフト面:★★★★★:ドアマンからフロントまで先を読む動きを提供
コスト面:★★★★☆:宿泊は平日がお勧め!
アクセス面:★★★★★:中心地のジョージタウンに徒歩1分

部屋の様子やプールの様子を含めて、ホテルの様子を紹介したが、朝食レストランの規模の大きさやクラブラウンジの居心地の良さなども、なかなか目を見張るものがあった。

ホテル飯が続いていたせいもあって、胃袋が疲れていたため、朝食なんかは眺めている時間も多かったが、クロワッサンがやたら美味しくておかわりしていたのが印象的。

褒めてばかりで恐縮が、欠点はラウンジの運営だろうか。全室スイート構成となっているため、ラウンジにアクセスできるのは全宿泊客となる。やはり、カクテルタイム(午後5:00~6:00)の間はかなり混雑しており、軽食もそこまで豊富というわけにはいかなかった。どこまで求めるべきものなのかは微妙なところなのだが、ラウンジはあくまでおまけという印象だ。

ホテルスタッフの対応、宿泊部屋のクオリティ、ホテルプールのデザイン等を総合的に考えて、ペナン随一のホテルだったと感じている。また、ペナン島を訪れる機会があれば、必ず再訪したいホテルだ。

イースタン アンド オリエンタル ホテルの最安値を検索する

【低価格リゾート】プトラジャヤマリオット エグゼクティブスイート 宿泊記
先日のマレーシア旅行の際には、プトラジャヤマリオットに宿泊をした。プトラジャヤは、クアラルンプール近郊にある都市で、クアラルンプール国際空港とクアラルンプー...
マジェスティックホテルクアラルンプール ジュニアスイート宿泊記
本日は、クアラルンプールにあるマジェスティックホテルに滞在している。こちらのホテルは、クアラルンプールにあるマリオット系列のホテルのひとつなのだが、最安ルー...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です