JAL国内線クラスJへの当日アップグレード方法を紹介する

先日札幌へ出かける際には、ブリティッシュエアウェイズの特典航空券でJAL国内線を予約していました。その際、クラスJと呼ばれる普通席よりもちょっとリッチな席に空席があったため、当日アップグレードをさせてもらった次第です。地味ながら、値段的にもお手軽に体験できるので、空席状況等利用できるのであれば、積極的に利用してみることをお勧めします。今回はクラスJとその当日アップグレードの方法について紹介したいと思います。

クラスJとは?

JAL国内線では、使用機材にも依りますが最大3クラスの座席を用意しています。ファーストクラス、クラスJ、普通席と区別しており、真ん中のクラスJが今回利用した座席となります。機材に依りますが、クラスJと普通席の2クラスで運行している便が国内線では多いですね。

クラスJはホームページよると、ちょっと快適な座席のことを指しており、国内線ファーストクラスの座席よりもお手軽な料金で、普通席よりも快適なフライトを提供するシートということらしいです。

ひとつ上の座り心地
理想のくつろぎを実現するために設計された、クラス Jシート。
高級感あふれる本革シート(SKY NEXT仕様機材のみ)は、肌触りに優れた高い質感。次のビジネスへと挑む力が生まれるクラス J。
すべてのビジネスを応援する、空の旅をお届けします。
(JALホームページより)

いくつか特徴的な座席のスペックを紹介しよう。

IMG_4929

  • リクライニング
    クラスJのシートはリクライニングするとシート全体が全体的に前方へ移動する構造となっています。後ろの人への負担は少ないですが、リクライニングすればするほど自分のスペースが狭くなる仕様。
  • シートピッチ
    普通席よりも18センチ広い。前後平均で97センチということでかなりゆとりはある方じゃないでしょうか。なお、シートピッチよりも幅広のアームレストを備えている点こそがクラスJの快適さなのではないかと私は感じます。
  • レッグレスト
    普通席にはないレッグレスト。使うかどうかは好みですね。
  • ヘッドレスト
    上下調整ができ、両端を起こすことで頭に若干ながらフィットさせることも可能。LCCも導入しているタイプなので、驚く話ではありませんが、むしろ普通席にはないのが逆に驚き。
  • ジャケットフック&ホルダー
    普通席にもあるジャケットフック。ただ、吊り下げたジャケットは非常に邪魔になるのが、ビジネスマンあるあるでしょう。
  • 大型テーブル
    A4サイズの雑誌やパソコンも乗せることができる大型テーブル。普通席はさすがにそうはいかない。このへんはWi-fi無料と合わせてビジネスマンにとって非常にうれしいポイントですね。
  • コントロールボックス
  • センターコンソール
  • 本革シート
    普通席も本革シートなので、どこまで違いを感じられるかは若干微妙。

当日アップグレードの方法

さて、ここからはクラスJへの当日アップグレードの方法を紹介します。基本的に航空券購入時にクラスJのシートを選択できますが、特典航空券などで発券している場合は、普通席としてチケットが予約されているはずでしょう。ただ、特典航空券の場合であっても、当日空港で手続きをすることでクラスJへアップグレードをすることができます。

ステップ1 電光掲示板でクラスJの空席状況を確認する

まずは、空港内にある電光掲示板で自分が搭乗する便のクラスJに空席があるかどうかを確かめましょう。地方空港発であれば比較的空席はあるものの、羽田空港発の場合、満席になってしまうことも多いです。特に2人利用の場合は、並び席で確保できない可能性がぐっと上がってしまうため、注意が必要ですね。

那覇線などはビジネス路線でないのですが、航空会社上級会員の方がこぞって申し込みをするため、ときにはクラスJの優先順位Sが20人待ちとなることもあります。さすがにこの状況でのアップグレードは厳しいですね。

なお、有償航空券であれば、航空券購入時にクラスJを指定した方がいいのは言うまでもありません。

ステップ2 航空券購入カウンターへ

IMG_4922

さて、空席確認ができたら、航空券購入カウンターへ行きましょう。クラスJへの当日アップグレードをしたい旨を伝えれば、カウンターで千円を支払うだけでアップグレードが可能です。なお、支払方法は現金かクレジットカードのどちらかになります。

たったこれだけで当日アップグレードの手続きは完了です。あっという間ですね。

まとめ:空席確認して航空券購入カウンターへ行くだけ

IMG_4966

先日、羽田空港国内線を利用した際、意外にクラスJは人気だったようで出発1時間半前であったにもかかわらず、私が申し込んだ直後に空席なしに切り替わりました。一方で、羽田伊丹線のクラスJはガラガラのようで、曜日や行き先によってだいぶ違いがありそうな状況です。

たった千円でちょっとリッチな座席が味わえるクラスJ。そこまで大した違いはないと言ってしまってもよいのですが、せっかくフライトに乗るのであれば、一度体験してみてはいかがでしょうか。

私は、往路のクラスJの快適さを味わったこともあり、札幌から帰りの復路についてもクラスJへアップグレードした次第です。当日の空席状況によってしまうのですが、空席があるのであれば、積極的にアップグレードを狙ってみるのも面白いでしょう。ご参考まで。

【トラブル事例】BA特典航空券で予約したら空港キオスクで印刷できなかった
JAL国内線航空券をブリティッシュエアウェイズ(BA)のマイレージプログラムを利用して特典航空券で予約するというマイラーには有名なチケット発券方法があります...
【早朝出発に最適】ロイヤルパークホテル ザ 羽田
これから台北2泊3日の純粋なプライベート旅行をしに行く。なお、今回は早朝出発のピーチ航空を利用するため、羽田空港で前泊する予定だ。前泊用に使ったのは羽田空港...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です