【中国・武漢国際空港】ファーストクラスラウンジ 訪問記

先日、中国の武漢へ行ってきました。武漢国際空港を利用したのですが、なんとこの空港にも空港ラウンジがありました。しかもプライオリティパスで利用できるラウンジとのこと。ほとんど期待していなかったのです、国際線唯一のラウンジということもあり、せっかくなので利用してみることにしました。

武漢国際空港

武漢国際空港は、中国の地方空港にしては、国内線・国際線両方とも比較的多くの航空便が発着しています。国内線としての地位が高いようで、国内線ターミナルであるターミナル2の方が空港ラウンジの数や空港のショップの数も豊富です。

国際線は保安検査場を過ぎると、こんな感じ。ちょっと寂しいですね。

img_1816img_1815

保安検査場を出るとすぐに搭乗口という構造です。沖止めで搭乗する運営となっており、飛行機へはバスで移動します。

img_1818img_1817

こちらにはカフェが1軒セキュリティエリア内にあります。空港ラウンジは2階にあるようですね。

ファーストクラスラウンジ

ラウンジ入口はなぜかすごく暗かった

20161030_00220161030_003

エスカレーターを上がった先の目の前に空港ラウンジ入口がありました。国際線のビジネスクラス、ファーストクラス利用者も利用できるラウンジのようですね。武漢にはエアチャイナや中国東方航空、中国南方航空やエアフランス、ANAなど意外にも多くの航空会社が発着しています。

なぜでしょうか。やたら入口が暗く陰気な雰囲気が出ています。。。笑

ラウンジ内はやや経年化が見られるインテリア

20161030_001img_1827

空港ラウンジは写真のような感じでした。1人掛けのソファが沢山設置されています。ラウンジ内ですが、こちらも照明が弱いせいかすごく薄暗い感じになっています。ファーストクラスラウンジでもありますが、高級感は皆無に近いと言っていいでしょう笑。

あまりお金もないのでしょうか、高級感は全く意識しなかった結果でしょうか。一応ファーストクラスと冠しているだけあり、簡単な軽食は用意してくれています。

中華やきそばとチャーハンが常時食べれます

img_1830img_1826

軽食は焼きそば、チャーハン、回鍋肉的炒め物。他にもカップラーメンも用意されていました。アジア中華系のラウンジはKALラウンジもそうなのですが、カップラーメンを安定して置いているのは、やっぱコストの問題なのでしょうか。

また、ホテルで飲んだ中華系ビールは普通に美味しかったのですが、ここ空港ラウンジで飲んだビールは激マズでしたね。いや本当超不味くて笑いが出てくるレベルでした笑。欧米系のビジネスマンが向かいで2本くらい普通に飲んでいましたが、うーん自分には全く合わない飲み物で、さっさとコーラに切り替えてしまいました。

img_1825img_1823

こちらはドリンクサーバー、というか冷蔵庫です。コーラ系のソフトドリンク、アルコールは中華系ビールのみでした。雑誌コーナーは中華系雑誌が多めでしたね。

img_1822img_1821

ラウンジ奥には簡単なお菓子類が、申し訳なさそう程度に置いてありました。どのパッケージも中華系のお菓子で中身がよくわからず、結局手を出さず。

また、その隣にはこれまた冷蔵庫が置いてあるのですが、こちらはなぜか常温で保管していました。普通に中身はビールやコーラが入っており、節電目的なのでしょうか。健康志向向けの常温ドリンクを用意しているのか、と思いましたが利用者が基本少ないから、節電目的ですね。絶対。

なぜかプライオリティパスで優先搭乗

今回ちょっと面白かったのが、どういう運営ルールなのかよくわかりませんが、空港ラウンジ利用者を優先搭乗してくれたことでした。飛行機搭乗時間になると、ラウンジ入口に集められ、大行列の搭乗口を横目に先頭に割り込み、VIPワゴンバスへ乗せてもらえました。

img_1831img_1832

VIPバスと言っても、沖止めされている飛行機手前までたった50メートル送ってもらうだけの送迎ですが。

自分を含めてたった3人(全員日本人)しか結局ワゴンには乗らず、一般の人を差し置いて優先搭乗をさせてもらいました。もちろんビジネスクラスの搭乗券を持っているわけではなく、今回利用しているのはLCCの春秋航空だから、何のサービスなのでしょうか。

結局、空港ラウンジ内の付加価値が低い以上、こういったイレギュラーなサービスで少しでも付加価値を高めようという企業努力なのでしょうか。それはそれで、嬉しいサービスとなりました。というか、プライオリティパスで優先搭乗なんて初めての体験ですね。

まとめ:ゴージャス感はなし、ただ選択肢はここのみ

そう、武漢国際空港は中国の地方空港でしかなく、空港ラウンジと言っても、全然ゴージャス感がありません。だが、国際線唯一の空港ラウンジということもあり、とりあえず搭乗時間までの休憩には使うって感じになりました。

なお、優先搭乗というプチサービスは、中国のルール無用の行列に並ぶ煩わしさをなくしてくれる、という点からもなかなか嬉しいサービスとなっています。もし武漢なんて辺鄙なところへ行く際には、期待感ゼロで利用していただくとよいでしょう。

プライオリティパスは楽天プレミアムカードで

ちなみに、プライオリティパスは楽天プレミアムカードに入会するともれなく付いてきます。海外旅行を予定している場合には、1度でも年会費相当のお得度があるので、ぜひお勧めします。
楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは年会費ほどのメリットがあるか検証してみる
本日のお題は、「楽天プレミアムカードは、年会費払っても持つべきか」としましょう。”楽天プレミアムカード”は、”楽天カード”、”楽天ゴールドカード”の上位に位置する...
2017年お勧めホテルを個人的主観で5つ紹介する
この記事書いているのが2018年3月なので、完全に時期を外していますが2017年に宿泊したホテルの中で、個人的に良かったホテルをまとめたいと思います。とは言...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です