【香港】ザ・ピア(The Pier) 至高のファーストクラスラウンジ

CXのファーストクラスで日本へ帰る前に、香港国際空港にあるファーストクラスラウンジに立ち寄る。香港国際空港はものすごい大きな空港なので、搭乗口の位置を間違えると、かなり大きな時間をロスしてしまうことで知られている。幸い翌朝早朝のCX便であったため、搭乗口の位置は関係なく、好きなラウンジを夜遅くまで自由に使うことができた。今回は、CXファーストクラスラウンジPierを紹介したい。

ザ・ピア(The Pier) CXファーストクラスラウンジ

香港国際空港はキャセイパシフィック航空のホーム空港ということもあり、CXの空港ラウンジがたくさんある。

  • ザ・アライバル
  • ザ・ブリッジ
  • ザ・ウィング
  • ザ・キャビン
  • ザ・ピア

いずれも素晴らしいラウンジなのだが、特にザ・ウィング、ザ・ピアのファーストクラスラウンジは食事やドリンク類の充実度が群を抜いている。今回は、その中でもザ・ピアに立ち寄ってみた。

ザ・ピア 入り口

キャセイパシフィックが運営している空港ラウンジ、ザ・ピアは搭乗口のある階層から一段下がった場所にあり、エスカレーターで下っていく必要がある。なお、こちらのラウンジへ入るには、以下の資格が必要だ。

  • キャセイパシフィックのファーストクラス搭乗者
    (または同伴者1名)
  • ワンワールド所属航空会社のファーストクラス搭乗券
    (または同伴者1名)
  • マルコポーロクラブのダイヤモンド会員
    (または同伴者2名)
  • ワンワールドの上級会員資格エメラルド会員
    (または同伴者1名)
  • その他専用ラウンジパス利用者等

基本的にはファーストクラス利用者、または、ワンワールドの最上級会員(の同伴者)が対象となる。今回は、羽田へ戻るキャセイパシフィック便のファーストクラスチケットで入場をした。

ゆとりある落ち着いた雰囲気を備えたザ・ピアの空間

ファーストクラスラウンジには、専用のバーカウンター、シャワールーム、レストラン、豊富なラグジュアリー感あふれる座席が用意されており、出発前のギリギリまで快適な滞在をすることができる。空間は十分すぎるほどスペースに溢れており、いずれの場所でもラグジュアリーな滞在をすることができる。

 

ザ・ピアの特徴とも言える巨大な円形のバーカウンター。こちらでドリンク、カクテルをオーダーできる。

香港のファーストクラスラウンジでは、有名なシャンパンバー/ウェルカムシャンパン。今回は遠慮してしまったが、香港のファーストクラスラウンジに訪れた際には、颯爽と1杯いただいてみるのも良いだろう。

 

ご覧のとおり、いずれの座席も1人利用ソファを中心に構成されており、非常に快適な空間を醸し出している。

 

ザ・ピアには”デイスイート”と呼ばれるプライベートスペース(最大90分利用)や、無料のマッサージサービスが受けられたりと、フライト前の時間を最大限に充実させるサービスが複数ある。

また、軽食類は別途”ザ・パントリー”と呼ばれるビュッフェコーナーがあるが、フルダイニングレストランとして、”ザ・ダイニングルーム”で着席型の食事をいただくことも可能だ。がっつり食事をしたい際にはこちらを利用するのがきっと良いだろう。

※デイスイートやマッサージサービスは時間帯によっては、混雑が予想されるため、ラウンジ入場時に予約を入れておくのがベター

本当はマッサージサービス等を利用したかったのだが、お腹が満たされていたこともあり、さらに仕事が溜まっていたこともあって、すべてパス。。。今回は、シャワールームだけ借りて、ゆっくり仕事に専念させてもらった。

空港ラウンジとは一線を画すモダンなシャワールーム

ザ・ウィングにも浴槽付きのシャワールーム(カバナ)があるが、こちらのザ・ピアのシャワールームはシャワーブースのみとなっている。ザ・ピアのシャワールームは全部で14室あるため、ほとんどどの時間帯でも待ち時間なしで利用できるだろう。この圧倒的なキャパシティには本当感服するばかり。どこぞのスイートラウンジもぜひ見習ってほしいぐらいだ。

で、実際にザ・ピアのシャワールームを使ってみた。

高級感溢れるシャワールームにはバスアメニティも充実しており、長旅の疲れを癒すには十分過ぎる快適な空間だ。

こちらのラウンジで使用されているアメニティのブランドはイソップ(AESOP)を使用。オーストラリア発のボタニカルブランドとして、女性の間では有名かな、と思うが男性の私からすると名前を聞いたことがあるくらい。実際に販売されている価格見ると、結構いいお値段するので驚き!

イソップ Aesop CLシャンプー 500ml [003642/009385]

価格:5,100円
(2017/12/17 15:38時点)
感想(2件)

ゴールドで装飾されたシャワーヘッドとホース。さらにヒンヤリ冷たいコンクリートと普段の空港ラウンジのシャワールームとは一線を画すオシャレなデザイン。

常に豊富なスイーツとドリンク類

パントリーでは、軽食類やソフトドリンクなどが常に充実している。また、ビールについてもチンタオビール、日本のアサヒビール、カールスバーグなど和・洋・中華のビールを各種揃えている。中央のバーカウンターでカクテルをオーダーするのもいいだろう。

また、この日は午後9時過ぎという遅い時間であったにも関わらず、スイーツは常時豊富に揃えてあったのが非常に驚いた。下手な高級ホテルラウンジや日本の空港ラウンジは一定以上の補充をしないが、香港のファーストクラス空港ラウンジはやはり違うね!

ただ、あまり夜中のラウンジで食べ過ぎても、身体にはそう良くないので適量にしなければいけない。見た目の美味しそうなものだけを、手に取っていただくことにした。

全然食べてないし、安い缶ビール(チンタオ)で満足できる自分。ファーストクラスラウンジに勿体ない、と思いつつも雰囲気を楽しませてもらった。

まとめ:ファーストクラスに相応しい極上ラウンジ

こちらのラウンジは基本的に、ワンワールドのファーストクラス搭乗者、又は、ワンワールドエメラルド資格保有者が対象となる。正直、相当な海外出張者やワンワールドのエメラルド会員修行者でないと、簡単にはラウンジへ入ることはできなさそうにない。

ただ、こちらのラウンジはファーストクラスという名前に相応しいラウンジと言って全く過言ではないだろう。このラウンジを体験するために、ちょっと香港を乗継地にしたり、ワンワールドエメラルド会員になるための修行をしてみるのも(もしかすると)アリかもしれない。

極上のラウンジであることは明白だ。ぜひ一度ファーストクラスでも最上級会員の同伴者でもラウンジチケットでも活用して、足を運んでみると良いだろう。一見の価値がある。ご参考まで。

【CX712】キャセイパシフィック・ビジネスクラス SIN~BKK~HKG 搭乗記
シンガポールからは香港を経由して帰国する予定。このとき利用したキャセイパシフィック便はバンコクを経由して、香港まで飛ぶもの。キャセイパシフィックは久しく乗っ...
【TG660】タイ国際航空ファーストクラス バンコク~羽田 搭乗記
ついに長かった旅路も最終局面。タイ航空ファーストクラスで日本へ帰ります。行きもファーストクラスを使っているので、衝撃的な驚きを受けることはないのですが、ファ...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です