【コスパ高】ホリデイインバンコクシーロム 宿泊レビュー

IHGグループのホリデイインバンコクシーロムはバンコクの中でも宿泊価格が安い割に、ホテル自体はリノベーションをしているため、非常に内観が綺麗で快適な滞在ができるホテルの一つ。何回か滞在をしているため、その様子を紹介したい。

ホリデイインバンコクシーロム

日中は激しい渋滞地獄の立地

ここホリデインバンコクシーロムはシーロム通りの有料道路近くに位置しており、だいぶチャオプラヤ川寄り。近くにはシャングリラホテルがあったり、ホテルの数も多いエリアだ。

BTSを利用したアクセスは、残念なことに正直相当悪い。スラサク駅(Surasak St.)が南に徒歩5分程度の距離にあるが、道路は悪路が多く、大きな荷物を持って地図を見ながら動くのはなかなかしんどい場所にある。そもそもスラサク駅自体、空港から乗り換えを何度もしないといけないため使いづらい駅だったりする。

車での移動はそれはそれで地獄だ。2017年2月に発生した高速道路の火災の影響でシーロムエリアの渋滞は極めてひどい状況にある。早朝時間帯や深夜時間帯などは空いていることが多いのであまり気にするほどじゃないが、お昼過ぎ~夜中までは世界一を争う渋滞を体験できるだろう。筆者もエカマイからシーロムのこちらのホテルまで1時間以上車でかかったことがある。

なお、パッポンナイトマーケットで有名なパッポン通りやタニヤ通りは徒歩ではかなり難しい距離にある。30分程度は歩くんじゃなかろうか。行く場合にはタクシーかバイタクを利用せねばならず、そういった点からも立地は相当悪い。

やや古さは残すがタイらしい中流外資系ホテル

IMG_3372 IMG_3373

こちらのホリデイインは周辺からも目立ちやすく見つけやすい場所に位置している。特にビルそのものにホリデイインのマークが付いているので、Google Mapを見なくても近くまで来れば、すぐわかるあたりは嬉しい。

IMG_3374

シーロム通りからはこの通り。ただし、車の往来が激しいのは注意したいね。

2017年3月 プレミアルーム宿泊

今回もクアラルンプールからバンコクに立ち寄ったタイミングで利用したこちらのホテル。先月に続き、IHGポイントブレイクでの利用だ。

ホテル名:ホリデイ イン シーロム バンコク Holiday Inn Bangkok Silom
ホテルランク:★★★★☆
宿泊部屋:プレミアルーム
予約価格:5,000ポイント+約1,000THB(約3,300円)
予約方法:IHG公式経由+当日有償アップグレード

もし有償で予約をするのであれば、Mr. Rebatesを経由して予約するのがいいだろう。こちらのサイトを経由して予約すれば、IHG公式だろうとHotel.com、Expediaでもキャッシュバックがもらえる。2017年4~5月時点では10%キャッシュバックを実施していたりと、非常にお得に宿泊が可能だ。

Mr. Rebates

【2018/4/30〜2018/7/31】IHGポイントブレイクでお得に旅しよう!おすすめホテルをまとめて紹介。
先日IHGポイントブレイクのホテルリストが更新されました。このポイントブレイクは、IHGポイントを最もお得に活用できる方法の一つであり、ポイントブレイクの対...

今回も当日有償アップグレード

先月も宿泊したばかりだが、今回もポイントブレイクを活用した宿泊。プレミアルームは2段階のアップグレードとなり、1泊当たり1,000THB程度で部屋のランクを上げられる。

  • スーペリアルーム 32㎡ ←予約部屋
  • デラックスルーム 32㎡
  • プレミアルーム 36㎡ ←宿泊部屋(有償アップグレード)
  • エグゼクティブクラブルーム 36㎡
  • デラックススイートルーム 64㎡

当時の宿泊レートでは、プレミアルームは1泊3,500THB(約12,000円)程度であったため、ポイントブレイクの活用をすることで、だいぶお安く宿泊することができた。

IMG_4230 IMG_4231

さて、本日から2日間お世話になる部屋はこちらの932。

プレミアツインルーム

IMG_4204 IMG_4205

ホリデイイン基調の緑は、この部屋は少な目。むしろブルー押しの部屋。やはり部屋の印象は、デラックスルームよりも広く感じる。

IMG_4207 IMG_4208

ベッドサイドには、固定電話やアラーム、メモ帳。

IMG_4211 IMG_4212

窓際にはロングソファとミニテーブル。

IMG_4213 IMG_4214

この部屋はコネクティングルームとなっているようで、隣の部屋につながる扉があった。なお、鍵がかかっているため、開けるのは不可。

IMG_4246

嬉しいことにウェルカムフルーツまで用意してくれていた。これは全部屋に置いてあるものなのだろうか。

ビジネスデスク

IMG_4209 IMG_4210

デラックスルームにはなかった独立のビジネスデスク。机の広さも十分にあり、仕事をする環境としてはなかなかいい。

ミニバー

IMG_4215 IMG_4216

無料のボトルウォーターはやはり瓶形式。こればっかりは、ちょっと使いづらい。冷蔵庫も便を入れるには、若干の工夫が必要なスペース。

IMG_4217

スナック類もこのとおり。

クローゼット

IMG_4218 IMG_4219

クローゼット内はセーフティボックスとバスローブ等が収納。

IMG_4220

紙スリッパももちろんあり。

バスルーム

IMG_4221 IMG_4222

デラックスルームはバスタブがなかったが、プレミアルームにはバスタブが設置されている。若干経年している感が見られなくもないが、清掃はきっちりされており、快適に利用できる。もちろんそれとは別にシャワーブースもある。そして、水圧も上々と嬉しいポイントは多い。

IMG_4223 IMG_4224

トイレはウォシュレットタイプではない。やはりこの辺は古いまま。

IMG_4225 IMG_4226

バスアメニティはいずれもホリデイイン共通のもの。ハンドタオルもこのとおり用意されており、非常に快適。

IMG_4247

部屋に戻ったあとは、ウェルカムドリンクチケットを使ってカプチーノで休憩。しばし友人を待つ。

このウェルカムドリンクチケットは実は、2017年2月までの配布だったらしく、2017年3月からは一律IHGポイントの付与という特典に切り替わっていたらしい。

先月にも宿泊していたから、ウェルカムドリンクチケットはもらえないんですか?と聞いてしまったため、渡してくれたのだが、こちらはアルコール類は注文できないチケットだった。

プール

renderedcontent-13d216c7-cb0e-45f3-bd00-388a72d2a566.jpg renderedcontent-fbc6c27f-bd72-424a-8295-d720693fb7e6.jpg

さて、日中は前回利用できなかったホテルプールでのんびり過ごす。ビーチパラソルの数も豊富で、欧米系の利用客がのんびり寝っ転がっているのが特徴的。

renderedcontent-7d345f54-742e-4102-826d-8c043960085d.jpg renderedcontent-fee0d8a7-c7e4-411a-a938-519445fa6740.jpg

こちらのホテルもそこそこ高いホテルではあるものの、周りにはさらに高いビルがあり、ちょっと監視されている感は若干あるものの、快適なプール。なぜか手前側が深さ1.7メートル近くあり、かなり深いのも特徴。泳げない子供なら普通に溺れかねない点は要注意だったりする。

安定・種類豊富・広いと3拍子揃った朝食会場

IMG_4245IMG_4240

朝食の時間は午前8時頃であったが、レストラン内は前回とは違いガラガラ。

IMG_4241 IMG_4242

前回利用して大変お気に入りとなった種類豊富な朝食会場。今回も友人と一緒に利用させてもらう。朝食料金(650THB=約2,200円)は2人まで利用できるため、友人と一緒だとかなりお得に朝食をいただくことができる。

IMG_4243 IMG_4244

朝食を例のごとく、たらふく食べた後は友人を空港へ向かうタクシーに乗っけて見送る。友人はさっぱり英語もできないし、バンコクというか海外もほぼ初めてのために、空港までの料金やかかる時間などこちら側で細かく説明してあげる。

私はフライトの関係上、もう1泊バンコクをぶらぶら過ごし日本へ帰国するという流れとなった。

【JL718】JALビジネスクラス バンコク~成田 搭乗記
今回は、バンコクからの帰国フライトに関する記事。バンコクスワンナプーム国際空港のサクララウンジを追い出されて、軽くテンション下がった状態ですが、機内食もある...

2017年2月 デラックスルーム宿泊

タイ・シンガポールのアジア周遊旅行の途中、バンコク滞在3日目。本日の滞在ホテルはこちらのホリデイインバンコクシーロム。当初はこちらのホテルを利用する予定はなかったのだが、超お得に宿泊できるキャンペーンが重なったこともあり、こちらのホテルを急遽チョイスすることとした。

ホテル名:ホリデイ イン シーロム バンコク Holiday Inn Bangkok Silom
ホテルランク:★★★★☆
宿泊部屋:2ベッド デラックス
予約価格:5,000ポイント+約500THB(約1,700円)
予約方法:IHG公式経由+当日有償アップグレード

今回はIHGポイントを利用した宿泊でスーペリアルームを予約した。というのも、IHG系列では定期的にPoint Breakと呼ばれる、たった5,000ポイントで宿泊できるキャンペーンが開催されており、2017年1月~4月の間のPoint Break対象ホテルにこちらのが選ばれていたからだ。

旅程全体の宿泊費を節約する目的かつ未だ泊まったことがないホテルということから、宿泊ホテルとして抜擢。まぁ、来月も都合よくバンコクに訪れるのでそのときも活用させてもらうのだが。

チェックイン時に当日有償アップグレード

IMG_3368IMG_3370

ホテルへ入ると広いロビーがお出迎え。非常に多くの待ち合わせ用のソファ席が用意されており、ザ・ホテルって雰囲気を醸し出している。この日は5PM前後の夕方にホテルへ着いたのだが、そこまで混雑している様子はなかった。

IMG_3369  IMG_3371

ロビーの半分はちょっとしたカフェテリアスペースとして運営されている。チェックイン時には、こちらのウェルカムドリンクチケット(アルコール可)をもらえた。

さて、チェックインの際はIHGゴールド会員は隣にあるローカウンターで案内してもらえる。こちらのホテルには1名日本人のスタッフがおり、今回はそちらの方に色々と説明してもらえた。

なお、今回予約はスーペリアルーム(ポイント宿泊で予約できる部屋)だったが、こちらのホテルは築30年ほど経過しておりリノベ最中なので、デラックスルームにアップグレードしませんか、というお誘いを受ける。

まぁ、せっかくだし、あと大した金額でもないのでアップグレードすることに。ここで、一度こちらのホテルにおける部屋種類は紹介すると、以下のとおり。

  • スーペリアルーム 32㎡ ←予約部屋
  • デラックスルーム 32㎡ ←宿泊部屋(有償アップグレード)
  • プレミアルーム 36㎡
  • エグゼクティブクラブルーム 36㎡
  • デラックススイートルーム 64㎡
  • プレミアスイートルーム 66㎡

2017年に入ってから、こちらのホテルは価格変動が激しく当初は最安部屋でも10,000円超えをしている時期があったが、4月現在では6,000円程度で予約が可能だ。当日は1段階アップグレードに約1,700円かかったが、Webでの予約なら約1,000円とちょっと割高。まぁポイントブレイクでの宿泊だし、その辺は気にせず有償アップグレードをリクエストする。

IMG_3332 IMG_3333

部屋のカードキーを受け取り、業務用チックなエレベーターに乗って部屋へ向かう。なお、こちらのホテルは本館と別館があり、スーペリアルームとデラックスルームは別館扱い。プレミアルームからは本館側という微妙な違いがある。

IMG_3334  IMG_3336

真っすぐ伸びる廊下を進み本日宿泊予定の部屋1421へ。

2ベッド デラックスルーム

IMG_3337 IMG_3338

部屋に入ったときの第1印象は、うーん違いがよくわからない。まぁ、スーペリアルームはWeb画像だけでしか見てないから、違いがわからなくても当然なのかもしれないが。

IMG_3339 IMG_3340

ツインルームなので、ベッドのスペースがやたら大きく取られてしまっているが、窓際にはシングルチェアとオットマン。ミニテーブルも用意されている。

IMG_3343

ベッド真ん中にはアラーム、固定電話、メモ帳、アウトレット。機能的な配置だね。

IMG_3344 IMG_3345

窓は円形。なかなかこういうデザインも珍しい。家具はホリデイイン基調にまとめられている。

ビジネスデスク

IMG_3341 IMG_3346

ビジネスデスクは壁際に設置してある。照明の配置やスペース的にも問題ないが、あまり仕事をしたくなる配置じゃないよね。壁向きのデスクって。

IMG_3347 IMG_3348

机の上には無料のボトルウォーターが2本。なお、こちらのホテルでは瓶に入っているので、外出時に持ち歩くのはちょっと厳しいサイズ。冷やしたくても、これ冷蔵庫に入るのかな。

ミニバー

IMG_3349 IMG_3351

インスタントコーヒーとスナックが少々控えめに置いてある。

IMG_3353

冷蔵庫内にはシンハービアやソフトドリンクが各種。ボトルウォーターが入らんね。

クローゼット

IMG_3354 IMG_3358

クローゼットを開けると、バスローブが2着。これは嬉しいポイント。日本にあるANAクラウンプラザ成田なんかは同じIHG系列でもバスローブは置いてないからね。

IMG_3355 IMG_3357

セーフティボックスにドライヤー。紙スリッパもあり。

バスルーム

IMG_3359 IMG_3360

さて、デラックスルームのバスルームだが、残念なことにバスタブなしの部屋となっている。バスルーム自体非常にコンパクトな設計になっており、2畳ぐらいのスペースだろうか。

IMG_3361 IMG_3362

トイレの正面には洗面台が設置されている。

IMG_3363 IMG_3364

バスアメニティはホリデイインということで、歯ブラシやシャンプーなどの最低限のものはあり。

IMG_3365 IMG_3366

シャワーはハンドシャワーのみ。レインフォレストはこの部屋には設置されていない。

外出

本日は友人の一部はパタヤへ移動し、一部は帰国してバンコクでぼっち状態。ちょっとしお土産を探しにというか、ぶらぶら飲みにパッポンナイトマーケットへ向かう。

IMG_3382 IMG_3383

こちらはホリデイインバンコクシーロムからバイタクで5~10分ぐらいの距離にあるパッポンナイトマーケット。露店が多く並ぶが、大体が観光客向けに高値(Tシャツ1枚を約1,700円)で吹っかけてくる。お土産を買うならMBKショッピングモールへ行こう。

IMG_3384 IMG_3387 IMG_3389 IMG_3390

夕飯はこちらのラーメン屋で。普通に日本のラーメン屋のクオリティ。家の近くにほしいぐらい。この日はこの後、足つぼマッサージに出かけて、早めにホテルへ戻る。3日目ともなると、老体な上に毎日飲み歩きすぎてヘトヘト。

種類豊富で充実朝食

IMG_3394 IMG_3395

朝食はロビーフロアに位置するレストランで。この日は月曜日。外国人出張者も多かったが、それ以上に座席は豊富なので快適だ。

IMG_3396 IMG_3397

午前9時過ぎの時間帯ということで、ドリンクの消費が激しい。見た目減ってる感は写真映りが悪いのがちょっと残念なところ。もちろん自分もオレンジジュースをいただきましたが。

IMG_3398 IMG_3399IMG_3400IMG_3401

パンケーキ類やワッフルもあり。エッグステーションもあるので、非常に充実している。

IMG_3402IMG_3403

サラダバーやお寿司もあり。カリフォルニアロール的な異国寿司だけど。生ハムもあり。

IMG_3404IMG_3405

こちらにはチーズ各種。パンの種類も豊富。ラックに放置されているので、時間が経つと冷めてしまうのがちょっと残念。やっぱオーブンなりプレートで常に暖めくれたら最高なんだがなぁ。

IMG_3393

今日もモリモリ食す。朝から食べ過ぎでどんどん肥える。どうしよう。

朝食を食べている隣では、中国人出張者と見られるビジネスマン2人が朝食を取っていた。ちょっと彼らと小話をしながら、食事をする。中国は武漢や香港、上海に行ったことがある旨を伝えると、”ぜひShenzhenにも!”と強いアピールをしてくれた。深センは香港から北にある中国の主要都市。

非常に美しい町とのことで、ぜひ今後行ってみようと思う。旅先で話す人達と会話するたびに、行きたい都市がどんどん増えていき、一生尽きる様子がないね。

なお、今回朝食は当日部屋付けで利用したが、そのときは650THB(約2,200円)かかってしまった。Webで事前に予約するならば、IHG会員価格で513THB(約1,700円)で利用することができる。

ポイント宿泊で予約した場合にも、事前に朝食が予約できるかちょっとわからないが、一度ホテルに連絡してみるのもいいだろう。

まとめ:立地に目をつむればコスパ高し!

総合評価:★★★★☆:立地に目をつむればコスパ高し!
ハード面:★★★★☆:プレミアなら相当快適。デラックスもそこそこ快適
ソフト面:★★★★☆:日本語スタッフや朝食の充実度は◎
コスト面:★★★★☆:6,000円で宿泊できるなら十分お勧め
アクセス面:★★☆☆☆:足場は悪いし渋滞はひどい

まず、このホテルを振り返ると、立地が非常に悪いことが常に付きまとっていたことが思い出される。どこに行くにもバイタクなりタクシーを利用しなければならず、ホテルに軽く戻ろうにもお金がかかるという立地。

2017年7月現在は宿泊価格がだいぶ下がっていることからプレミアルームでも9,000円前後で宿泊が可能だ。スタンダードルームであれば、6,000円前後で宿泊できる。総合的に考えると、立地の不利な点はあるものの、朝食会場やホテル自体の快適さを考えればなかなかコスパの良いホテルとも思えてくる。周辺道路が混雑している事情もあるため、早朝出発後ずっと外出するプランを計画しているなど、頻繁にホテルへ戻らないような滞在方法を活用することで、こちらのホテルを快適に利用できるのではないだろうか。ご参考まで。

ホリデイ イン シーロム バンコク Holiday Inn Bangkok Silom

JWマリオット・ホテル・バンコク 宿泊記
JAL深夜便でプレエコにアップグレードをしてバンコクに到着したのですが、深夜便の疲れは若干ながら残ってしまっていました。早朝のバンコクは涼しいというよりはす...
バンコクマリオットホテルスクンビット 宿泊記
バンコク滞在2日目。本日もホテルをチェンジして別のホテルへ。日中はアユタヤツアーへ行っていたこともあり、前日のホテルであるコートヤードバンコクからUberで...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です