【JL718】JALビジネスクラス バンコク~成田 搭乗記

今回は、バンコクからの帰国フライトに関する記事。バンコクスワンナプーム国際空港のサクララウンジを追い出されて、軽くテンション下がった状態だが、機内食もあるので、JALのサービスに期待しながらの搭乗する。今回もチェックインからその様子を紹介したい。

JALビジネスクラス JL718 バンコク To 成田

今回のチケットはアラスカマイルの片道で発券した特典航空券。アラスカマイル25,000マイルの半分に相当するため、12,500マイル程度のコストがバンコク成田間にかかっている。特典航空券の詳細は以下を参照。

【特典航空券】アラスカ航空でJALビジネスクラス・アジアの旅
今回はお得な特典航空券の紹介。アラスカ航空のマイレージプログラムを利用してアジアを回ります。もちろん、ビジネスクラスを利用。JALの特典航空券ビジネスクラス...

ちなみに、アラスカマイルはTPGやOMAATなどのレビューによると約1.9セントの価値があると言われており、日本円だと2.2円程度の価値となる。そのため、今回のフライト12,500マイルの実質的コストは27,500円+諸税といったところだ。

元々バンコク成田間のエコノミークラスが往復60,000円程度することを考えると、明らかにお得なフライトなのは確かだが、実際のフライト価値はどうだっただろうか。

JALビジネスクラス チェックイン

IMG_4268 IMG_4269

まずは、バンコクスワンナプーム国際空港でチェックインを行う。夕方の時間帯ということもあり、空港内はかなり人が多い。JALチェックインカウンターもエコノミーはとんでもない列となっていたが、幸いビジネスクラスは待ち時間ほぼゼロで受付できた。

このとき、1点大きなミスをしており、特典航空券で発券していたため、事前に座席指定をしていなかった。チェックイン時にアサインしてもらったが、今回のフライトでは最も不便なE列が割り振られてしまった。

もちろん、チェックイン時に気づけず、結局機内で非常に後悔することとなる。

IMG_4270 IMG_4271

チェックイン時に合わせて、プライオリティレーンのチケットとラウンジ案内図を受け取る。手荷物レーンは毎度毎度大変長蛇の列ではあるのだが、このプライオリティレーンのチケットで大幅な時短をすることができる。

ちなみにだが、JALやANAの上級会員の場合、エコノミーではこのプライオリティレーンのチケットはもらえないんだとか。ビジネスクラス以上の優先レーンとなっているので、バンコクからの帰国便はビジネスクラス利用がオススメだ。

IMG_4272IMG_4273

エスカレーター下に優先レーンの入り口があり、案内表示はあるが地味にわかりづらい。何度も使っているのでよくわかっているが、初見の場合はちょっと難しいかも。

IMG_4274

イミグレ及び手荷物検査を抜けてラウンジへ向かう。ラウンジの様子はこちらから。

バンコクスワンナプームのサクララウンジは座れないほど人気?
無事に、現地でのやるべきことを終え、日本に戻ることができる。クアラルンプールとバンコクを3泊4日で巡る三角トリップもこれにて終了だ。最後はJAL便ビジネスク...

深夜便なのでシャワー浴びたが、あまりの混雑っぷりにラウンジを追い出されるような形で退出。 少々テンションが落ちているがまた別のラウンジへ向かう。
一度は立ち寄りたいバンコクのお勧め空港ラウンジ③(Louis' Tavern CIP First Class Lounge)
今回で3つ目の空港ラウンジ紹介となるが、今回で一区切り。バンコクのスワンナプーム空港のコンコースGには、複数の空港ラウンジが設置されているが、今回紹介するラウ...

やはりバンコクはCIPラウンジの方が空間にゆとりがあり、非常に快適。

IMG_4289

2つ目のラウンジでゆっくりした後は搭乗口へ。時間ぎりぎりまで待機し、ビジネスクラスの優先搭乗で機内に入る。

JALビジネスクラス JL718 座席

IMG_4309

バンコク線の機材はB787とB777-200の2種類。B777はスカイスイートⅢが導入されているが、B787で導入されているのは、 シェルフラットシートのこちらの座席。

フルフラットにならないライフラットの座席だが、傾斜角はそれなりにある。ちなみに、E席は両サイドを座席に挟まれており、今回は挙動の多いオッサン2人に脇を固められてしまった。共有肘掛けに私物を置かれたり、コントローラーをこちらの座席に落としてきたりと、ビジネスクラスと言えど快適度は低め。まぁ今回ばかりは運がなかったな、と思う。

IMG_4290 IMG_4291

足下のスペースはだいぶゆとりがあるものの、離発着時に物を置けないルールとなっているのか、目の前のモニター下スペースに私物をいろいろと突っ込む。

ショルダーバッグ、ボトルウォーター、ヘッドフォンでパンパン状態。やはりシェルフラットは短距離向きでということもあってか、収納スペースが他社ビジネスクラスと比べて少ないなぁ、と感じる。

IMG_4292 IMG_4301

右肘掛けは隣の人との共有テーブル。左にはシートコントローラー。

IMG_4303 IMG_4304

モニターコントローラーにヘッドフォン。あれ、電源ってどこにあるんだと探したが、なかなか見つからず途中で暗くあったので断念することに。

この後は、ウェルカムドリンクが来るものと思っていたが、JALビジネスクラス はウェルカムドリンクを提供していないらしく、何もサービスがないまま離陸することに。自分はただ知らなかったので、結構衝撃的な塩対応だなと感じた次第。

JALビジネスクラス 軽食&朝食

さて、離陸後30分くらい経ち、軽食のサービスが始まると思いきや、気流の関係もあり、安定してから提供する旨のアナウンスが流れる。

「そうか、そうか。やむを得ない」

さらに30分ほど経過。

「まだ、来ない」

サクララウンジでセーブしていた分もあって、お腹はペコペコ。しびれを切らして、真っ暗闇のなか、

「軽食はありますか?」

と注文すると、持ってきてくれることに。この便の場合、深夜便であったためか、ビジネスクラスのほとんんどの乗客は軽食を食べていなかった模様。こちらからお願いしないとくれないこともあるのね。

IMG_4305

軽食はお寿司三貫、細巻き2本。ネタは赤身、海老、サーモン。まぁ、驚くようなクオリティではないのは残念だけれども、ないよりはマシと言える。なぜかこの時は、シャンパンもチョイスしていた模様。

マレーシア航空やタイ航空ファーストクラスを体験した後であっただけに極めて残念な気持ちになってしまい、ボリュームの少なさにふてくされて就寝。隣の人の読書灯が眩しくて寝れないのもご愛嬌。アイマスクを使って寝ることにした。

就寝後3時間ほどで朝食の時間に。

IMG_4307

朝食はオムレツ?クレープ?をチョイス。トマトとチーズのモッツァレラ、フレッシュフルーツにヨーグルト。ドリンクはオレンジジュースをチョイス。

ビジネスクラス搭乗時は毎回、満腹地獄を味わっていただけあって、まさか空腹のまま帰国するとは思わなかった。到着後もお腹の状態は空腹のまま。ちょっと物足りないが、いただいた朝食は味は美味しかった。

IMG_4308

食後はコーヒーを飲んで気分をリセットさせる。もうこのあたりまで来ると、飛行機は関西南の海を過ぎるあたり。1時間ほどで成田に到着した。

まとめ:バンコク発JAL深夜便はオススメできない

いろいろと今回のフライトは不運も重なり非常に残念なフライトとなってしまった。いくつか不運となってしまったポイントを挙げさせていただくと、

  • 座席が両サイド挟まれたE席
  • 軽食のクオリティは低め
  • 朝食もボリュームは少な目
  • 座席はライフラット座席
  • アメニティはプレエコと同じ(歯ブラシ等はセルフ)
  • サクララウンジの大混雑

あまり褒めるべきポイントがなく、本当にプレエコ+αといった印象のフライトであった。正直、有償で発券していた場合、相当ガッカリするのではないだろうか。

幸い今回は特典航空券ということで発券していたため、気持ち的には

「まぁ、低クオリティでもいいか」

といったところではあったが、ここまでナシナシのサービスをされてしまうと他の路線でもどうなのかと疑ってしまう自分がいる。もしバンコク線を利用するのであれば、昼便のスカイスイートⅢの座席タイプを使用しているJL034を狙った方が確実に良いだろう。

ただまぁ、特定の航空会社に縛らないタイプの人であれば、別の航空会社も視野に検討した方がオススメだ。以上、ご参考まで。

【JL33】プレミアムエコノミー(羽田~バンコク)搭乗記
2月の某日、バンコクに行く用事ができたため、1泊2日という短いスケジュールではありますが、バンコクへ行くことになりました。バンコクへのフライトには、日本航空...
JALの当日アップグレードはお得なのか検証してみた
皆さんは飛行機に乗る際はJAL派でしょうか、ANA派でしょうか?私はマイナーな両刀使いとして、JALもANAもどちらも利用するタイプです。いろんな人から「ど...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です