人事部の役割とその業務は何か

大きな会社にも小さな会社にもある人事部。人事部というと、異動の知らせや研修案内を行う部署というイメージを持っている方も多いかと思います。いずれの組織においても、人事部が担う役割は多岐に渡り、その責任の重さは非常に大きいものとなっています。今回は人事部の役割とその業務について、確認していきましょう。

人事部の役割

経営陣へのサポート

人事部には、人事・労務分野についての情報および知見が集約しており、経営上の課題を解決するための、戦略立案サポートを行う役割が人事部にはあります。特に、部門横断型のプロジェクトにおける配員最適化や会社間の人事異動など、ビジネス上の課題に円滑に取り組むための、下支えとしての機能を担っています。

他部門へのサポート

昨今耳にする「働き方改革」もそうですが、人事部には、従業員が働きやすい環境を作る大きな責任があります。これは単純な労働環境という意味だけでなく、それの骨子となる就業規則の整備、健全な労使関係の維持、有効な人事制度および人材育成策等の企画・運営など、人事上のあらゆる仕組みを整備する役割を担っています。

全社的な周知機能・統制役

経営陣が決定した会社方針を全従業員へ伝達する役割、また適切な形での制度運用を行う役割を人事部は担っています。特に、全社的な人事ルールや取り組みを部門横断的に共有し、統一的に運営していくことが会社運営の中で大きな重要性をもっています。

部門横断的な推進役

働き方改革への取り組み、人事制度づくりは人事部の大きな役割のひとつとなっています。また、部門を横断する形でのプロジェクトチーム、特に近年は人事部、経営陣以外の公募によるプロジェクトチームの組成を行うことが多くなってきており、部門横断的な推進役としての役割が求められています。

人事部の業務

人事部の役割には、人事上のあらゆる課題に対しての解決を促す重要な役割があることは前述したとおりです。その一方で、人事部の業務としては、定期的・突発的に実施しなければいけないものが多数あるのも事実。大別すると、以下のようなものが人事部の業務として該当します。

  • 労務管理
  • 採用
  • 人事企画
  • 給与、手続き

以下では、そのそれぞれの業務について企画面・運用面・運営面に分けて紹介していきます。

労務管理

労務管理
企画面・賃金制度、退職金制度企画
・その他福利厚生制度企画
運用面・就業規則整備
・労務リスク対応
・賃金制度、退職金制度運用
・その他福利厚生制度運用
運営面・労務管理オペレーション(健康診断事務局など)

労務管理の観点だと、会社がもつ人事制度(賃金制度、退職金制度、その他福利厚生制度)をうまく機能させるための、日々の業務が該当します。

人事制度の見直しを実施する場合や、規程上で整備されていない労務リスクに対応する場合など制度そのものを手直ししていくことも人事の役目となります。

また、労務管理、勤怠管理なども業務の一環として重要な役割を持ちます。知らず知らずのうちに、人事規程違反となるような事象が発生していないか、定期的な施策を通じて、会社全体の労働環境の状態を把握していくことも求められます。

採用

採用
企画面・採用計画
・採用広報企画
運用面・採用活動
・採用広報運用
運営面・採用オペレーション(候補者への連絡、案内など)

人事部の重要な役割のひとつとして「採用」が挙げられます。採用は会社の将来性を左右するのはもちろん、現状の機能を維持すること、また会社の代謝を促進させる非常に重要な機能となっています。

会社によって力の入れ方はだいぶ異なるのですが、採用活動の大部分を外部の会社へアウトソースする会社もありますし、すべて一環して自社で内製する会社もあります。日系の大会社の場合、新入社員の採用にはかなりの力を入れるケースも多く、地元の大学や有名大学の学生へのアプローチなど採用活動・広報の範囲は多岐に渡ります。

また、中途採用を中心とする場合、人材紹介会社を上手く活用するなど、専門性の高い人材をどのように確保するのかは、どの会社においても重要な要素となってきます。

人事企画

人事企画
企画面・人事制度企画
・要因計画(人員計画)
・人件費計画
・(人事権者とともに)人事異動案起案
・教育体系企画
・教育プログラム企画
運用面・人事制度運用(人事権者の支援など)
・適正人件費管理
・人事異動調整(通達、内示サポートなど)
・教育プログラム運用(日時・会場決定、研修会社選定など)
運営面・人事企画オペレーション
(評価のとりまとめ、通達文面作成・発信作業、研修事務局など)

人事に関連する企画、立案もまた重要な役割となります。特に、全社的なコストコントロール、要員計画(人員計画)はもちろん、教育研修プログラムの策定など、従業員を効率的に活用させ、その質を維持する責任が人事部にはあります。

重要な役割とは別に、評価のとりまとめや各種通達、発信作業など日々の庶務的周知事項も業務の一環であるため、雑務的な要素が多いのも人事特有の実情だったりします。

給与・手続き

給与・手続き
企画面
運用面
運営面・労働社会保険手続き
・給与計算
・勤怠データの集計

労務管理と属性的な面は似ているのですが、労働社会保険や給与計算などの定例的なオペレーション業務も人事部の非常に重要な業務となっています。

給与計算などは基本的に給与計算ソフトなどにより自動化されていますが、給与計算におけるマスター設定や定期的な更新作業(新入社員、退職者の登録、その他社会保険上の改定手続きなど)は漏れることなく実施しなければいけない業務となっています。

このような運営上の作業そのものは重要性に関わらず、非常に軽視されがちですが、「完璧にできて当たり前」という条件が付く非常に厳しい業務であり、人事部として絶対に誤ることができない業務となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。