【初心者向け】ユニバーサルスタジオジャパンを効率よく楽しむ方法

USJに先日行ってきました。私はテーマパーク好きという訳ではないということもあり、USJに来るのは15年ぶりにもなります。あの頃は、バック・トゥ・ザ・フューチャーやターミネーターが人気アトラクションでしたが、今はだいぶ様変わりしていますね。事前に複数の元スタッフや高頻度リピーターに事前相談し、色々と準備を重ねて臨んでみた次第ですが、今回は、ビギナー視点でUSJをどうすれば効率よく楽しめるか、先日の訪問の機会をもとに紹介したい、と思います。

ユニバーサルスタジオジャパンのチケットの種類

まず初心者として押さえておきたいのが、チケットの種類ですね。USJが販売しているチケットは相当な種類があります。いずれもチケットでできることや購入可能条件等が異なるため、ベーシックなところを押さえておきましょう。チケットは大別すると、

  • パーク入場のためのチケット
  • パークをもっと楽しむためのチケット

の2種類があります。

パーク入場のためのチケット

こちらはいわゆる入場券のことを指しています。入場券にも複数種類があり、以下のような種類があります。

  • 1日券(1デイスタジオパス)
    1デイスタジオパスは、2018年1月31日以降7900円(税込)
  • 期間限定キャンペーン向けチケット
  • 夕方以降入場券
  • 複数日券(1.5デイ、2デイ)
    1.5デイスタジオパスは2018年3月以降10900円(税込)
    2デイスタジオパスは2018年1月31日以降13400円(税込)
  • Clubユニバーサル会員(登録無料)限定
  • VISA提携カード会員限定
  • ギフト向けチケット

週末でUSJに遊びに行く場合、1日中遊ぶ場合を想定するならば、基本的には1日券の購入で事足りるでしょう。2日以上で遊ぶパターンも考えられますが、入場から閉演まで滞在できるのであれば、1日券でパーク内のアトラクションを一通り十分楽しむことができるかと思います。

ちなみに、USJにはバースデーパスという種類のチケットがあり、Clubユニバーサル会員に誕生月を登録していると、誕生月とその翌月の入園チケットが500円OFFの価格購入することができます。同伴者分も購入できるため、必ず誕生月が近い人がいないかチェックしてから、購入することをお勧めします。

年間パスも実はお得

USJの特徴とも言えるのが、年間パスの値段の安さでしょう。1デイパスが7900円に対して、年間パスは23800円(2018年3月現在)で販売されています。この価格は1デイパスの約3回分に相当し、単純計算で年間3回以上USJへ遊びに行く関西近郊在住者には非常にお勧めなチケットと言えますね。

パークをもっと楽しむためのチケット

USJの場合、入場券以外にパークをもっと楽しむための「ユニバーサル・エクスプレス・パス」が販売されています。このエクスプレスパスを購入しておくことで、複数のアトラクションを待ち時間なしで体験することができるなど、タイミングによっては絶大な効果を発揮するチケットと言えそうです。

エクスプレス・パスは入場日やチケットの種類で価格が変動する

エクスプレス・パスの値段はチケットの種類で異なるのですが、安くても4000円~の金額で販売されています。ほとんどのアトラクションをカバーできるエクスプレス・パス7は最安7400円~の金額となっています。

ただ、このエクスプレス・パスの値段は入場日によってそのチケット価格が大きく変動する特徴があることが知られています。特に、週末や3連休など混雑が予想される日についてはスタジオパスの2倍の値段となることもしばしば。

ハリーポッターエリアの入場確約券が付いてくる

特に、エクスプレスパス4以上のチケットには、人気があり過ぎて入場制限が掛かってくるハリーポッターエリアへの入場確約券も付いてくるため、”必ずハリーポッターエリアに入りたい”という人にはオススメなチケットでしょう。

エクスプレス・パスは必要?

ただ、実際に3連休の中日というかなり混雑する日で訪問した私の個人的な意見かつ頻繁なリピーター友人らの意見ですが、日中は2時間待ちというアトラクションでもその複数が夕方6時を過ぎると0~15分以内で体験することができることが多いです。もちろん夕方を過ぎても50分待ちというアトラクションもあったため、確実な方法ではありませんが、よほど緊急時じゃない限り、エクスプレスパスは必要ない人も多いのではないでしょうか。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの動き方

ここからはユニバーサルスタジオジャパンでの動き方を紹介します。あくまで週末の丸1日をUSJで過ごすことを前提としていますが、動き方含めて参考にしていただければと思います。

基本的には、朝一番でパークに入場して閉演ギリギリ(パークが規定する営業時間に準ずるが大体午後7時~8時)までいる想定です。

朝一でUSJに入場

 

USJの朝は早いんですよね笑。上の写真はまだ午前8時前の時間帯ですが、そこそこ人が多いのもおわかりかと思います。別に・・・朝一から動き出す必要は必ずしもないのですが・・・後ほどハリーポッターエリアを確約券なしで入場するために、意図的に朝一からパークに並びます!

連休や週末の場合、意外なほど人は多いです。また、入場時間は8:30からと公式ホームページで案内されていることが多いですが、実際は10分から30分前後ほど早く開園することが知られているため、ある程度早くパークに到着しておくのがポイントと言えます。

入園後はハリポタエリアへ直行!!

作戦通りというか、休日でも朝一なら余裕でハリポタエリアに入ることに成功しました。景色は冬模様。雰囲気がすごく出てて楽しいですね。あまり頻度行かない自分でもテーマパーク好きにはたまらない空間なのだろうな、と感じてしまいます。

朝一であれば大人気アトラクションのフォービドゥン・ジャーニーもスイスイ乗れます。この時は、確か10分ほどで乗ることができました。アトラクションを終えてから、入り口前に行くと60分待ちの表示に切り替わっていたので、やはり噂通りの人気アトラクションと言えます。

 

この後は、ハリーポッターエリア内を散策。ギミックがいたるところにあって、面白いエリアになっていますね。

ギミックを楽しむために必要なステッキがこちらのショップで販売されています。ちなみに、1本5000円と結構ヘビーなお値段。

ハリーポッターワールドだからか、リアルフクロウもいるようです。

ジュラシックパーク ザ ライド

ハリポタエリアを満喫した後は、ジュラシックパークエリアへ。午前10時過ぎぐらいでしたが、混雑はほどほどで40分待ちぐらい。昼前の時間帯であったため、40分程度は多少お喋りをしているだけですぐ順番が回ってきたという印象です。

ボートに乗るタイプのアトラクションで、スプラッシュマウンテン(ディズニーランド)の比じゃないほど、ずぶ濡れになります。レインコートも販売されていますが、この後の荷物にもなってしまうのが難しいところですね。

フライング ダイナソー

お次はこちらのフライングダイナソーへ。お昼前の時間帯で混雑レベルはかなり高く120分待ちとなってしまいました。今回のパークの中で唯一しんどかった待ちポイントですね。

かなり待ち時間は堪えたものの、相当な絶叫系マシンであり満足度はパーク内随一。空中吊り下げ型というのでしょうか、足が宙ぶらりんになった状態で真下を見つめながら、進行するため地上が良く見えます。そして、めちゃくちゃ高い!!

富士急に匹敵するくらい、激しいアトラクションなので、乗り物弱い人は十分注意が必要でしょう笑。

午後2時前に遅めのお昼休憩

 

さすがにフライングダイナソーに120分近く並んだ影響もあって、お昼休憩に入ります。時間帯はすでに午後1時を過ぎていますが、この時間帯であっても全体的に混雑しているお店が多いです。ただ、若干の待ち時間を許容すれば比較的どこでも入れるような状況ですね。

ビールとお肉で休憩。ここでエネルギーを注入しておきます。午後の後半戦も頑張るために。

休憩後はお土産物色

2017年はUSJパーク内にミニオンパークがオープンしたこともあり、ミニオングッズが大人気。パーク内にもミニオンコスプレをしている子達も多数いました。

 

もちろんミニオンコスプレだけでなく、ハリーポッターグッズも健在。ただ、あまりコスプレの価格帯が高くて若干驚きつつ、いい商売しているなと思ったり笑。

多数の公式非公式コスプレイヤー

 

パーク内には公式なのか非公式なのか、さっぱりよくわからなくなるほどコスプレイヤーがたくさんいます。ゴリラの着ぐるみは非公式っぽい雰囲気がしましたが、マリリンモンローは公式のような雰囲気。

 

正直他にもドラゴンボールだったり、レスキュー隊だったり、SWATだったり、様々な人がいます。もちろんゾンビコスプレもいます笑。

 

ハリウッドファンタジードリカム

 

遅めのお昼を食べた後は、お土産を散策し、少し休むために緩そうなアトラクションへ。こちらはドリカムのアトラクションということで、音楽に浸りながらコースターを進むタイプとなっています。我々が行った時も待ち時間15分とストレスのかからない時間であったため、並んでみました。

ただ、このアトラクション、説明や雰囲気と比較して、アトラクションの内容が全く異なり、完全な絶叫系マシンとなっています笑。ディズニーのスペースマウンテンと同じくらい激しいので、乗り物酔いしやすい人が乗ると大変なことになるため、ご注意を。

現に目の前のカップルの女性が降りたすぐそばで大変グロッキーな状態になっていたのが印象的。。。

ハリウッド バックドロップ

時間帯は午後3時ぐらい。ただ、この日は外の天気が怪しくなってきました。ということで、雨が降り出す前に屋外系のアトラクションに滑り込みで並ぶこととしました。

こちらのハリウッドと呼ばれるジェットコースターは通常の前向きバージョンとバックドロップと呼ばれる後ろ向きバージョンがあります。

私達は後ろ向きバージョンに挑戦をすることとしましたが、3台中2台が前向きで1台が後ろ向きなので、バックドロップ側の列のスピードが遅くちょっとだけヤキモキする羽目に。ただ、それでも1時間程度で乗ることができましたね。
(ちなみに、このバックドロップというアトラクションですが、2018年にコースター途中で停止するというハプニングが起きています笑)

感想は、富士急っぽいジェットコースターって感じでしたね!笑

スパイダーマン

その次はアメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド4K3D。ほとんど待ち時間なしでこちらも乗ることができました。意外に時間帯を調整すれば、複数のアトラクションに乗ることが可能ということに、この辺から気づき始めます。

ホラーアトラクション・チャッキー

散々絶叫系マシンに乗ったので、次はホラー系へ行くことに。USJは秋のシーズン限定でホラーアトラクションが豊富にあるのですが、チャッキーは10段階中の5番目の恐怖レベル。怖がりな自分は入る前で、相当緊張していました。”トラウマ”と呼ばれる超恐怖ホラーアトラクションもありましたが、あまりに入口の段階で怖く、チャッキーの方へ流れざるを得ず。

チャッキ―他含め、歩行系ホラーアトラクションなので、脅かしてくるタイプばかりなのですが、もうなんか血のりだのグロテスクな部屋ばかりでもう楽しむどころじゃなく。。。

家内は割と楽しむタイプなんですが、叫びまくりで2人とも最後は真っ青状態となりました。。。とにかく5〜10分近く一方通行の道を進むのでもうヘトヘトとなってしまいました。

ユニバーサルワンダーランド

さて、ホラー系でヘトヘトになったので、平和なエリアへ移動します。テーマパーク名物であるチュロスをかじりながら、スヌーピーやセサミストリートの英語が上手い奴らと写真を撮って戯れます。大人でもやっぱ楽しいですね笑。

夕方には公式ゾンビがパークにやってくる

秋のUSJでは夕方から公式ゾンビが出現し出します。ぶっちゃけゾンビが出現した1時間は観客のテンションが相当盛り上がっていて、全くと言ってもいい程、怖さを感じないので全然問題はありません。

ただ、パークが午後8時ぐらいを過ぎて、人も少なくなってくるとバッタリゾンビに遭遇して襲ってきたり(触れたりはしないのでご安心を)するので、普通にビビって心臓バクバクになるような状況となります。

帰る直前

 

午後8時を過ぎたあたりはパーク内の人混みもだいぶ減っているので、アトラクションも30分前後で乗れるものばかりになってきます。

そのため、滑り込みで我々もフライングダイナソーにもう1回乗ることに。たった10分で乗り場まで来てしまい、ドキドキ感が薄れているのですが、待たずに乗れるのは本当お得と言えますね。この時間帯なら、超人気アトラクションもバンバン制覇できるのがお得。


まとめ:歳を取っても楽しめるテーマパーク

1日フルでUSJを楽しんでみたところ、パーク内のほとんどのアトラクションを体験できました。夕方からは15分以下の待ち時間で見れたりとそんな混み合った状況ではなかったため、多くのアトラクションを体験できた理由ではないでしょうか。

ミニオンライドは行けなかったのですが、こちらはかなりの人気アトラクション。夕方の午後7時ぐらいでも待ち時間50分とかなりの混雑っぷり。でも土日にしてはきっと空いてる方じゃないのかなと思われます。

何にしろ、普段テーマパークに行かない人でも、今のUSJは楽しいですね!以上、ご参考まで。

札幌1日ぶらり旅 お手軽観光&食べまくりの1日を紹介してみる
先日、プライベートで久しぶりに札幌観光をしてきた次第。札幌の街は、昼間は時計台、庁舎、札幌タワー、北大などを市内観光して楽しむことができる。また、夜は海鮮居...
【クアラルンプール】1泊2日おすすめ観光ルートを紹介
クアラルンプールの街はクアラルンプール国際空港から車で1時間の距離にある。空港からは高速鉄道もあるため、飛行機の乗り継ぎでクアラルンプール空港を使う場合などト...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です