上海行くならピーチ航空がおすすめ!往復1.5万円ならぬ実質2千円で海外旅行

先日上海に駐在する友人に会いにフラッと上海行きの航空券を手配した。プライベートでの手配ということもあり、格安航空券を狙いに行った結果、最安値とまでは行かなかったがそこそこいい値段での航空券が手配できた。簡単に昨今の上海航空券価格と合わせて、上海へのお得な渡り方を紹介したいと思う。

上海行き航空券の価格帯

上海行きの便はJALやANAなどの日系航空会社が飛ばしているが、その価格帯は思っている以上に値段が張ることが多い。最安値を探すために3ヶ月先(但し、土日限定)の最安価格を調べてみた。JAL、ANA等の直行便航空券の値段は具体的に示すと、こんな感じ。

  • JAL:約100,000円~
  • ANA:約43,000円~
  • 上海航空:約50,000円~
  • 中国国際航空:約56,000円~
  • 吉祥航空(LCC):約20,000円~
  • ピーチ航空(LCC):約20,000円~
  • 春秋航空(LCC):約20,000円~

Google Flightsやスカイスキャナー等でいくつか調べてみたが、やはりLCCだと20,000円あたりが最安値の相場。FSC(フルサービスキャリア)だと、40,000円~50,000円当たりが相場と言った感じ。

また、別途平日出発も視野に入れた場合、吉祥航空で16,000円。ANA、JAL等で30,000円代後半の価格で見つけることができる。平日が使える人なら、なかなかお得かもしれない。

なお、吉祥航空はネット予約ができず、電話予約をする必要がある点には注意。使いたい場合には、旅行代理店やエクスペディア等の予約サイトを利用しよう。エクスペディアで航空券を取る場合、ホテル代も割引が利くので非常にお得となるケースがある。ホテルも同時予約するなら、検討する価値は十分あるだろう。

土日を狙うならピーチのセールがお得

ピーチのセールは何かとお得だ。最安値を狙えば、東京ー上海間が16,000円前後で航空券を発券することができる。運が良ければもっと値段は下げられる。では、ピーチ航空の特徴を以下で紹介しておきたい。

特徴1 成田ではなく羽田発着

東京近郊在住者にとって、地味に嬉しい羽田発着。ピーチ航空は羽田線、成田線ともにあるが、羽田線から上海、ソウル、台湾へのフライトを飛ばしている。国際線が羽田から離発着できるので、非常に嬉しいポイントと言える。

ちなみにだが、成田線は国内線が充実しており、大阪方面へ行く際に重宝する路線となっている。

※成田ー那覇線、成田ー新千歳線は2017/3/26より廃止
※札幌(新千歳)―仙台・福岡・台北(桃園)線が、2017年9月24日に運航開始
※仙台―台北(桃園)線が、2017年9月25日に運航開始

特徴2 セールを不定期開催しているのが特徴

ピーチ航空はセールを不定期開催している。タイミングはピーチ公式メルマガ等で通知されることが多いが、ブログやツイッターでも告知されることも多いので、狙う場合にはチェックしておくのがいいだろう。

今回はスポット的に開催されたセールを狙って土曜(金曜深夜)出発、日曜帰国(月曜早朝帰り)のエクストリーム系旅程を組んでみた。

20170129_004 20170129_005

支払手数料が入ってしまった関係で、15,000円代をオーバーしてしまったが、概ね安価な水準で予約ができた。やはりLCCのセールで週末時に両方とも最安値を狙いに行くことは非常に難しく、どちらか片方に寄せざるを得ない。

とは言っても、合計でこの価格は相当お得なのは間違いない。

特徴3 機内はLCCだけあって若干窮屈

img_2356

機内はこのとおり相当狭いことがわかるだろう。個人的には、東京ー上海間の2時間弱のフライトであっても、かなりしんどかった。乗る場合にはある程度の覚悟をもって臨むべきと言えよう。

特徴4 深夜発着を活用できるか

LCCの国際線の場合、1日1便しか飛ばしていないことも多く、深夜または早朝といったかなり不便な時間帯となることが多い。

今回のケースも金曜深夜出発、月曜早朝到着(上海国際空港を深夜出発する)という、ちょっと利用するにはある程度の覚悟が必要なフライトだ。深夜便の場合、空港内のカフェやラウンジ等が閉まっていることがあり、出発まで快適に過ごすことが難しくなってくるケースもあるので、ある程度そこも覚悟した方がよい。

なお、深夜発着を逆に捉えると、”週末をフルに滞在できる”ということでもあるため、弾丸観光旅行には非常に適しているとも言える。これは個人の感覚もあるので、ある程度の自身の許容度に応じて選択するのが望ましいだろう。

ピーチのふるさと納税が超お得

ふるさと納税をご存じ多い方ももう流石に増えてきたのではないだろうか。お肉やフルーツがもらえるこの制度。実は航空券支払いに使えるピーチポイントも手に入る。

ふるさと納税だと、ピーチポイントが50%バックされる

ピーチポイントはふるさと納税をすることでゲットできることが知られている。還元率が非常に高く、50%の高い還元率でもらえる。もしも使い残したふるさと納税枠があるならば、とりあえずピーチポイントと交換しておく、という方法も有りだろう。詳しくはこちらの記事も参照。

【ふるさと納税2017】寄付額の50%バックのピーチがお得
毎年ふるさと納税の使い道は悩ましいものがあるが、皆さんはちゃんとふるさと納税を有効活用できているだろうか。さすがに財テク初心者でも、ふるさと納税には手を出し...

ふるさと納税を活用すれば、ふるさと納税の事務手数料相当の2,000円だけで海外へ行くことが可能だ。旅行好きなら有効活用するしかない。

上海だけでなく、台北、香港、バンコク線にも使える

ピーチ航空は国際線も充実している。特に大阪発において複数の海外路線を持っており、お勧めできる路線は以下のとおり。

  • 羽田ー仁川
  • 羽田ー台北
  • 大阪ー香港
  • 沖縄ーバンコク

沖縄バンコク線はなかなか面白い路線だが、これはタイ人向けの路線とも言える。片道10,000円から販売されているため、沖縄乗継バンコク行きのようなフライトも組むことが可能だ。

沖縄を楽しみつつ、バンコクも楽しめる。そんな一石二鳥的旅程を組んでみるのも面白いだろう。

まとめ:ピーチ路線でアジアをお得に旅行しよう

今回予約した上海線は羽田発着であったものの、乗客のほとんどは中国人で埋め尽くされており、日本人は全体の2割ほどだった。最近は日本人は海外旅行をしなくなったと言われているが、こんな安価で海外に出られるのに旅行に出かけないのはなんだかもったいないなぁ、と思ってしまう今日この頃。
(もちろんその分、国内旅行に行っていればいいのだが、あまりそういう浮いた話も聞かない)

お手軽に海外旅行ができる方法はたくさんあるので、週末海外ができる上海旅行をしてみるのも、きっと面白いだろう。ご参考まで。

【春秋航空】東京と中国武漢を10,000円で往復する!
投稿の時期が前後しているが、武漢行きの航空券を今回も格安LCCである春秋航空スプリングジャパンで手配した。大阪行きでの航空券手配でも脅威の価格で取れた経緯もあり...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です