【1万円以下】ルネッサンスクアラルンプール 宿泊レビュー

今回はクアラルンプール滞在時に利用したホテルを紹介。たった1泊だけの滞在ではあり、あまり期待はしていなかったものの中々コスパのよい宿泊となった。

ルネッサンスクアラルンプール
(Renaissance Kuala Lumpur)

ホテル名:ルネッサンス クアラルンプール ホテル Renaissance Kuala Lumpur Hotel
ホテルランク:★★★★★(サイトによっては4.5★)
宿泊部屋:クラブルーム (予約時はスーペリアルーム)
予約価格:約350MYR (約9,000円)
予約方法:Marriott公式HPより

ルネッサンスブランドはマリオット系列であることから、公式ホームページから予約をする。マリオットゴールド会員であるため、無償でラウンジアクセスや部屋のアップグレードが付与されるため、多少公式の値段が高くてもそっちを選択するようにしている。

とは言っても、マリオットも最低価格保証(あくまで他旅行サイトの一般価格との最低価格保証)はされているため、極端に悪いレートを掴むことは少ない。

さらに若干のお得予約方法として、Mr. Rebatesを経由する。こちらのサイトを経由して予約すれば、ホテル公式サイトだろうとキャッシュバックがもらえる。地味に数%のキャッシュバックがあるため、非常にお得。

Mr. Rebates

日本語のサイトであれば、ちょびリッチを経由して予約するのも、簡単にキャッシュバックが得られるのでおすすめだ。なお、ちょびリッチからマリオットやSPGホテル公式HPから予約すると、Mr.Rebatesと同様にキャッシュバックを受けることができる。

大きな”R”のついた高層オフィスビル風の外観

IMG_2414IMG_2415

ホテルまでの行き方は色々あるのだが、KULセントラル駅からタクシーを利用したり、最寄りの地下鉄駅(Dang Wangi Station)あたりから徒歩で向かうのがいいだろう。ホテル自体はかなり大きくしかも高速横に位置しているため、またビルの壁面にルネッサンスのRマークが付いているので、近くまでくればすぐ見つかるだろう。

IMG_2416IMG_2489

東館、西館がありかなりサイズの大きなホテル。どちらから入っても結局東館の受付に案内されるので、とりあえず入口っぽいところから入ってみる。

チェックインカウンターは東館で

IMG_2478IMG_2479

とりあえずホテル中に入ってみると、ロビーっぽい雰囲気のエリアが延々と続く。ルネッサンスブランドらしいベーシックな高級ホテルという印象だ。

IMG_2480IMG_2481

こちらは西館のカウンター。受付に人がいないので、結局東館へ移動することに。

IMG_2482IMG_2483

東館途中には、休憩スペース的なソファやバーがあるものの、空間を持て余しているようなレベル。

IMG_2484IMG_2485IMG_2486IMG_2487

ようやくチェックインカウンターへ到着する。  このときは、クアラルンプール到着が早朝であったため、まだ朝の9時。若干チェックインできるか不安だったものの、WEBチェックインを済ませていたこともあり受付に聞いたらすんなりOKとのこと。

なお、私自身が当時マリオットゴールド会員ということもあり、若干のアップグレードをしてもらえた。どのくらいのアップグレードかと言うと、まずルネッサンスクアラルンプールの部屋ランクには、以下の種類があって、

  • スーペリア 30㎡ ← 予約部屋
  • スーペリアツインタワー 30㎡
  • デラックス 40㎡
  • クラブレベル 40㎡ ← 宿泊部屋
  • ライフスタイルレベル 30㎡
  • ジュニアスイート 45㎡
  • ルネッサンススイート 61㎡
  • プレジデンシャルスイート 202㎡

有難いことに3段階のアップグレード。ライフスタイルレベルの方が値段も高いにも関わらず部屋サイズが狭いのが若干不思議ではあるが、このルネッサンスホテルの立地上、ツインタワーが見えるかどうかで部屋の価値が大きく左右されるらしい。残念ながら、今回の部屋からは見えない位置だった。

なお、プレジデンシャルスイートは公式HPから宿泊可能ホテルとして表示されない。

IMG_2457IMG_2458

他のホテルと同様、クラブレベルへはルームキーでのアクセスがないと、エレベーターで登ることができない。若干設備が古いせいか、エレベーターの挙動がおかしかったり、ルームキーを1回で認識しなかったりとちょっと残念な側面も見えるが、相変わらず内装は綺麗。

IMG_2456

さて、今回の宿泊部屋である26階2617に到着。

キングサイズのベッドが目立つクラブレベルルーム

IMG_2417IMG_2418

40㎡は一般的なホテルの部屋の広さとしては、比較的大きい部類だが基本的な家具や部屋の構成等の配置が変わるわけではない。ベッドルーム、ビジネスデスク、バスルームの3つが配置されている。

IMG_2419IMG_2429

ただし、この部屋の場合はとにかくベッドがデカい!今まで泊まったホテルの中でも随一のように感じる大きさである。枕3つが横に並べられる大きさはキングサイズであることは確かなのだが(もちろん今までもキングサイズの部屋に泊まったことは幾度もあるが)、名前以上にこの部屋のベッドはデカく感じられる。これはベッド自体に高さがあるせいだろうか。

IMG_2421IMG_2420

ベッドサイドのミニテーブルには、ライトスタンドと部屋のライトのコントローラーが配置されており、ボタン一つで部屋の電気をすべて消せるようになっている。

IMG_2422IMG_2428

窓際にはイス一脚とオットマンのセット。あと、ミニテーブル。テレビは埋め込み式ではないので、若干部屋の空間を使用しているが、家具のデザインも部屋全体に合わせており、シックなスタイルで整えている。

IMG_2426

窓からはメナラ・クアラルンプールタワーが一望できる。

クローゼット

IMG_2430IMG_2431

セーフティボックス。シューケア用品もあるのは、出張時に助かる。今回は休暇なので不要ですが。

IMG_2436IMG_2437

紙スリッパ、バスローブもあり。

IMG_2439IMG_2440

使うことはないが、アイロンとアイロン台。

ミニバー

IMG_2432IMG_2433

スナック類があるが、いつものとおり利用せず。有料の水も用意されているが、ボトルウォーターをもらえるのでこちらも不要。

IMG_2435IMG_2441

冷蔵庫内は開けるとこんな感じ。気持ち中身が少ないような気がするが。利用しないけれど、この程度の容量であれば、ミニバーには一杯何か入れておいて欲しい気分になったりする。

ビジネスデスク

IMG_2427IMG_2424

ビジネスデスクも木目基調で落ち着く雰囲気を醸し出している。デスクも広いので、仕事はだいぶ捗った。

バスルーム

IMG_2442IMG_2444

クアラルンプールはかなり暑い気候だが、このホテルにはバスタブがある。清掃も行き届いており、これはこれで嬉しいポイント。

IMG_2443IMG_2445

バスタオルも複数用意あり。バスソルトも用意されており、なかなか嬉しいポイントを突いている。

IMG_2446IMG_2451

シンク周りもバスルームのスペースが広いだけあって、かなり余裕がある。日本のビジネスホテル並(14㎡位はありそう)はあるので、気分がいい。

IMG_2447IMG_2448

アメニティはルネッサンス共通のものが用意されている。

IMG_2449IMG_2450

グラスとミニタオルも用意されている。ミニタオルは高級ホテル感を一層増してくれて嬉しいね。

IMG_2454IMG_2453

シャワーブースが別途設置されているが、こちらのブースは固定シャワーのみ。部屋が27階中26階に位置しているためか、若干水圧に物足りなさを感じる。さすがに日本のような強力な水圧を期待していると、この辺の海外ホテル事情は残念に感じるがやむなしか。

IMG_2455IMG_2452

ドライヤーはバスルームにはなく、ベッドルーム側の引き出しにある。これはイギリスと同じルール。バスルーム内は髭剃り用電気シェイバーのみ電気が使える。

英国王室風のクラブラウンジ

ティータイム

IMG_2459IMG_2460

チェックインが早朝だったこともあり、午前中は睡眠を補充。そのあと、まだ時間に余裕があるのでクラブラウンジのティータイムへ向かう。

IMG_2461IMG_2462

クラブラウンジはそこまで大きくはないものの、ラウンジ利用者もだいぶ限られていることからか快適に過ごせるスペースとなっている。

IMG_2463IMG_2464

このときは、果物やスイーツが用意されていた。なんだか昔ながらのイギリスの影響を受けてるからなのか、居心地は良好。

IMG_2465IMG_2467

とりあえずお菓子とケーキとカプチーノを食べながら、クアラルンプールの情報を下調べ。

IMG_2468IMG_2469

クラブラウンジからは部屋から見えたメナラクアラルンプールタワーがここでも見える。また、奥のほうにくすんだシェラトンホテルの文字が。シェラトンにしては古びたボロイビルに見えるから、もう撤退済のホテルだろうか。

カクテルタイム

IMG_2471IMG_2476

あんまり食いすぎても色々支障を来たすのだが、カクテルタイムということで足を運ぶ。

IMG_2472IMG_2473

あまり期待はしていなかったものの、かなり種類も多く非常に満足。

IMG_2474IMG_2477

朝食はクラブラウンジで

IMG_2516IMG_2517

朝食もクラブラウンジでいただく。やはりこのホテルはクラブラウンジの利用人数が明らかに少ない。もちろん一杯になる時間帯もあったが、ほぼ独占状態で朝食バイキングを楽しむこととなった。

IMG_2518IMG_2519IMG_2520IMG_2521

通常の朝食レストランと比較したわけではないが、基本的に分量としては十分足りる種類が用意されている。ただ、選べないほど多すぎる、という訳ではないので、もしかすると朝食レストランの方がラインナップは多いのかもしれない。

IMG_2523IMG_2524

クラブ音楽が流れる特大サイズのプール

RenderedContent-11D41348-79D5-4D0F-9BF5-D3EDCDABC492RenderedContent-C175E92B-3B52-4C3B-BE20-3325F26B4B82

さて、クアラルンプールに来たことだし水浴びをしにホテル併設のプールへ。ここルネッサンスのプールは画像で見てはいたものの、なかなかの広さ。これは素晴らしい。

RenderedContent-D921FAE5-B2B3-423E-BF30-14F5E06AA0E9RenderedContent-1440AC7D-1737-4D92-9C37-B583AAFF7D0B

池の形のようにプールが広がっているため、全長がどのくらいあるのかはわからないが、直線距離でつなげば50メートル程度は十分ありそうな距離。ただし、温水プールではないので、気温がそこまで上がっていないと意外に冷やっとするかもしれない。

RenderedContent-A0F494C0-5DF9-4670-AD85-5848BF048DB8RenderedContent-CB04185B-54BF-4513-A72D-10CF98F9DC90

DJブースやバーベキューブースがあり、目の前で料理を注文できるようになっている。クラブミュージックが流れる中、みんなノリノリで酒を飲んでいて超楽しそう。今日はまだ飲めないのが逆に辛くなってしまった。

RenderedContent-937DB3E1-81F8-490B-8D8E-A2103FD00237RenderedContent-60222B02-08AE-4829-B771-CFEBD68D75B4

プールの横にはトイレ兼チェンジングルームも完備。部屋に宿泊しているので、水着に着替えてから降りてくるのが効率的だが、プールそばでも着替えられるのは便利。

まとめ:文句なしのコスパとクオリティ

総合評価:★★★★★:文句なしのコスパとクオリティ
ハード面:★★★★☆:ビッグサイズのプールやクラブラウンジは居心地◎
ソフト面:★★★★☆:アーリーチェックインも完璧に対応
コスト面:★★★★★:9,000円でこの高コスパは文句なし
アクセス面:★★★★☆:最寄駅も徒歩5分以内

このホテルはほとんど文句らしい文句がなかった珍しいホテル。まずは、何といっても価格の安さが素晴らしい。マレーシアという土地柄、ホテル価格が非常に安いということもあり、一応★5に属するこのホテルであっても、9,000円という非常に安価で宿泊ができる。

また、ビッグサイズのプールは南の島ではないにも関わらず、リゾート気分に浸れる嬉しいポイントだろう。好みは分かれるがクラブ音楽流しながら、お酒飲んでのんびりできるのは、個人的にかなり評価高い。

また、マリオットゴールド会員以上であればクラブラウンジへの無償アクセスができるため、ティータイム、カクテルタイムなどちょっとした楽しみが増えるのも嬉しい。何よりラウンジ朝食無料なので、コスパがいいのは外せない。

トータルで考えると、マイナスポイントはほとんどなく、★5ホテルのサービスを忠実に提供してくれるホテルだった。意外性がない分、感動するサービスを受けたわけではないが、安定感があり非常に満足ができた宿泊となった。クアラルンプール滞在時には、ぜひご参考ください。

ルネッサンス クアラルンプール ホテルの最安値を検索する

【新規】ホテル・ストライプス・クアラルンプール AC 宿泊レビュー
クアラルンプールに1泊する際に使用したこちらのホテル。クアラルンプールの中心部に位置しており、2017年にできたばかりということで色々と期待が膨らむ滞在となった。...
【クアラルンプール】1泊2日おすすめ観光ルートを紹介
クアラルンプールの街はクアラルンプール国際空港から車で1時間の距離にある。空港からは高速鉄道もあるため、飛行機の乗り継ぎでクアラルンプール空港を使う場合などト...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です