【プライベートプール付!】レクシススイーツペナン エグゼクティブ・プール・スイート 宿泊記

ペナンからクアラルンプールへ帰る前日に利用したのがこちらのホテル。プライベートプール付きで、かなり広々した部屋だったのが印象的。ペナンには全部で5泊したのだが、プライベートプール付きのこちらのホテルはゴージャス感が強く出ていて、ビジュアル的には受けが良さそうなホテルだった。今回はこちらのホテルを紹介する。

レクシススイーツペナン エグゼクティブ・プール・スイート

ホテル名:Lexis Suites Penang
ホテルランク:★★★★☆
宿泊部屋:エグゼクティブ・プール・スイート
予約価格:約12,000円(朝食込みFIXレート)
予約方法:Hotels.com経由

こちらのホテルを利用するきっかけは、翌日ペナンからクアラルンプールへのフライトを控えていたということが発端だ。出発ぎりぎりまで滞在できる空港に程近いホテルを探していたところ、比較的手ごろな値段、かつ、なんだかゴージャス感を感じられるホテルということで、選択をした次第。

予約はポイントサイト経由でホテルズドットコムから

ホテルの予約はホテルズドットコムから。こちらのホテルはブッキングドットコムやアゴダなどの予約サイトにも複数登録されているため、別にホテルズドットコムを敢えて利用する必要はない。だが、予約価格が一緒であるのなら、キャッシュバック特典が最も大きいホテルズドットコムを利用するのが、定石だろう。

ホテルズドットコムは10泊すると1泊無料の仕組みがあるため、部屋代が実質10%割引となる。また、ハピタスなどのポイントサイトを経由した上で予約をすることで、さらに部屋代7.5%のキャッシュバックを受けることができる。具体的には、

  1. ポイントサイトへ会員登録(無料)
  2. ポイントサイトのホテルズドットコムのバナーをクリック
  3. そのままホテルズドットコムでホテルの予約を行う

これだけでキャッシュバックを得ることができる。旅行通なら、極々常識的な予約方法だが、もしまだやっていないのであれば、事前に会員登録を済ませておいた方がいいだろう。
7.5%のキャッシュバックは私が予約を行った際の還元率

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ペナン島南部に位置しており、クルマが必要な立地

こちらのホテルはペナン島の南部に位置しており、ペナン空港からはタクシーで10分少々の距離にある。空港から近いという点では、こちらのホテルは非常にお勧めと言えるだろう。やはり渋滞などを気にせず空港に行ける点はどこの国でも(特に渋滞の多い地域において)立地面では大きな強みと言える。

一方でペナン島中心部であるジョージタウンはかなり距離があり、徒歩では難しい距離。ジョージタウンの観光を中心とする場合には立地的に厳しい面がある。

アバンギャルドな外観

前日のホリデイインペナンからUberを利用して、ペナン南部のこちらのホテルまで移動をしてきた。ペナンの東側はジョージタウンや空港があるが、西側はジャングル地帯となっているのがペナン島の特徴だ。

ジャングル地帯と言っても、道路は走っているので、タクシーで30~40分もあれば島を半周することができる。

ホテルの外観は、高層ビルの造りであり、周りの背の低い民家と比較すると一際目立つ建物となっている。夜になると妖艶な紫やら蛍光色のライトアップがされ、何をイメージしているのかわからないアバンギャルドな建物の外観へ変化していく。

ホテルの裏側には、ペナンの海と面しており、水平線を眺めながらのんびりビーチベッドで寛ぐことができる。ただ、残念ながらペナンの海は汚いため、入ることはできない(ホテルスタッフ曰く、だいぶ昔は入ることができたらしいが、今はもう相当濁っていてとても入れる海じゃなくなってしまったんだとか)。

チェックイン

ホテルに到着したのは午後2時頃。チェックインできるかどうかホテルスタッフへ声を掛ける。

私「こんにちは、この時間でもチェックインできますか?」

ホテルスタッフ「少々お待ちください。確認致しますね」

私「はい」

ホテルスタッフ「そうですね、まだ部屋を準備している段階なのでロビーか8階のフリースペースでお待ちください」

私(あーやっぱ無理だったか~)

こんな調子でチェックインをあっさりと拒否されてしまった。ちなみに、マレーシア人の英語は比較的聞き取りやすい人がほとんどだが、このとき対応してくれたスタッフの英語は驚くほどクセがあり、5割くらいしか聞き取れなかったのが印象に残っている。どこの訛りなのだろうか。気になる。

ロビーラウンジは簡単なソファー席があるものの、中華系ファミリーがひっきりなしに現れては消えていくのでなかなか慌ただしい状態。10組に1組いるかいないかレベルで日本人の観光客の姿も見える。

ロビーにはセルフ形式のウェルカムドリンクがあるが、味が付いていないのか、何のハーブティーなのかわからない謎の飲料が置いてあった。個人的に受け付けない味で一口で終了。

また、レストランが隣にあるせいなのかわからないがロビーには虫が多く、ソファ席付近の清潔感はかなり残念だったりして閉口。

1時間ほどぶらぶら待った挙句、再度チェックインカウンターへ行き、部屋の鍵をもらうことができた。なかなか他のグローバルチェーンのようにはいかないね。ホテルのエレベーターに乗って16階へ。ちなみにホテルの部屋の種類は、

  • エグゼクティブ・プール・スイート 82㎡
  • プレミアムプールスイート 89㎡

の2種類のみ。なんとシンプルなホテルだろうか。

ちなみに、こちらのホテルは26階建てで最上階にはルーフトップバーもあるらしい。眺めは相当良さそうだが、正直気分が乗らなかったので今回は訪れず。

廊下は外と隔たりのないオープンタイプのもの。風がいくらか気持ちい面もあるが、ホテル外観のゴテゴテ感に比べると、あまりに殺風景な廊下だ。おそらく建物全部にコストを掛けるわけにいかず、廊下のデザインは手抜きでもしたのだろう笑。

エグゼクティブ・プール・スイート

こちらがエグゼクティブ・プール・スイート。ホテルにはエグゼクティブ・プール・スイートの他にプレミアム・プール・スイートと呼ばれる部屋があるが、”部屋サイズが若干大きいこと”と”バルコニーから海が展望できること”ぐらいしか違いがない。ただ、今回はそこらへんをあまり気にせずにエグゼクティブ・プール・スイートを選択した。

キングサイズのベッドが2台。ロングカウチをオットマン代わりにする豪勢な仕様。

82平米もの広さで、ベッドルーム、バスルーム、バルコニーと広さは十分。あまり一般的ではないが、おそらくバルコニーも含めた広さの表記なのだろう。

ベッド正面には、テレビモニター、ビジネスデスク、ミニバーなどがある。ボトルウォーターもたっぷり4本セットしてくれていた。

1点印象が悪かったのは、扉を開けて部屋に入った瞬間に感じた異臭だ。エアコンを付けて換気をしたら、すぐに解消されたので良かったが、かなりプーンと来る不快な匂いが最初あった。

 

ドアに貼ってあるフロアマップを見ると、全部屋にプライベートプールが付いているデザインとなっている。

バスルーム

こちらはバスルーム。バスルーム自体がかなり広めの作りとなっているので、非常に開放的。かなり大きめのバスタブと洗い場付きシャワールーム、洗面台、トイレ、クローゼットが配置されている。

バスルームと言えど、トイレ、洗面台がちゃんと独立しており、非常に使い勝手はいい。

こちらは洗い場付きのシャワーブースとバスタブ。バスタブのサイズはかなり大きい。ゆっくり浸かりたい自分にとっては、非常に嬉しい設備の一つだ。

バスアメニティも一通り揃っており、手ぶら滞在もできるほど充実している。この辺の対応も嬉しいポイントだ。

なお、クローゼットには扉が2つあり、バスローブやハンガーが掛けてある側とセーフティーボックスが置いてある側の2か所がある。このバスローブ側は全く問題はなかったのだが、セーフティボックス側の扉を開けると、強烈な塩素臭といいますか不快な匂いが漂ってきた。

さすがにちょっと耐え難いレベル。。。まぁ扉を閉めていれば、問題はなさそうなので、放置したがこれはキツイ。。。

プライベートプール

こちらのホテルの売りと言ってもいい全室備え付けのプライベートプール!サイズはそこまで大きくはないのだが、3×4メートル位といったところ。ぷかぷか浮いて楽しむ位にはちょうどいいサイズかもしれない。

サウナルームもあり、スイッチを入れればちょっとしたサウナ体験もできる。

日差しもよく入り、ペナンの街並みやちょっと覗き込むと海側も一望できる作りとなっている。プライベートプール付きのホテルに宿泊したのは初めてだが、予想以上に居心地がいい!笑。匂いの問題が多数あったのはさておき、一気に評価がぐっと上がった気がした瞬間だ。

朝から晩までプールに入るわけにはいかないのだが、テキトウにタイミングがあれば、ササッと着替えてジャポンと飛び込むだけでいいのだから、共用プールとは全く違う楽しさがある。

なお、プライベートプールということもあり、プールにはかなり塩素が撒かれており、恐ろしいほどの消毒がされている。虫が入り込もうものなら、たちまち息絶えてしまうレベル。これが原因かは定かではないのですが、宿泊日夜はやたら顔が痒くて何度も洗面台を往復したのがやや苦い記憶(ペナンでの日焼けの影響も重なったからなのかもしれない)・・・。

共用プールは大きさも十分!

こちらは共用プール。プライベートプールがあるので、別に大きいプールがいるかって話があるかと思うが、やはり大きいプールでがっつり遊びたいって人にはこちらの方が最適だろう。

ちなみに巨大浮輪や乗り物浮輪など遊び道具も豊富なので、友人と一緒だとさぞかし楽しいはず。

スポーツジムも完備

スポーツジムも多数のマシンが置いてある。マシンの種類はランニング系の燃焼トレーニングがほとんどで、鍛えるタイプのマシンの種類は少なめ。ただ、コンパクトながら、設備は揃っているのでちょっとした運動には最適と言える。

夕食はホテル横のローカルシーフードレストランへ

夕飯はホテルすぐ横にあるローカルシーフードレストランのTeluk Kumber Seafoodへ。オープンスペースの雑多なテーブルが立ち並ぶ横はペナンの海の波音が聞こえるなんとも言えないノスタルジックなレストランとなっている。

ちょっとした焼きそば系ヌードルとタイガーを注文。ビールはマレーシアなので、若干高いが食事はローカル価格。

サテー6本も合わせて注文。お代は、これで23.6RM(約600円)。お手軽に食べる程度でOKなら非常にお勧めなレストランだ。

朝食はビュッフェ形式の2階レストランで

翌日の朝食はホテル内にある2階レストランで食す。

9時前後にレストランを訪れたが、リゾート地ということもあり、この時間でもかなり人の数が多い。ビュッフェの品数も他のホテルに引けを取らないくらい多くあり、この辺は非常に満足。

フルーツバイキングや生チーズ、お寿司コーナーなどもあり。さすがにお寿司コーナーは怖くて手を付ける気にはならなかったが。というか、朝飯だし。

今回も食は細く軽めのサラダとクロワッサンを少々。とはいえ、これはこれで美味しかった。

まとめ:プライベートプールを楽しみたい人にぜひ

総合評価:★★★★☆:プライベートプールを楽しみたい人にぜひ
ハード面:★★★★☆:全室プライベートプール!80㎡の部屋!
ソフト面:★★☆☆☆:一部の強烈な匂いのため2★で・・・
コスト面:★★★★☆:安い時期なら12K前後で宿泊可能
アクセス面:★★★☆☆:空港近くは◎、中心地からは×

さて、いろいろ盛りだくさんの部屋ではあったが、平日宿泊だと1泊12000円前後で宿泊できるから驚き。食事なしのプランであれば、もっと安く泊まれることだろう。ペナンのホテル価格相場は、ジョージタウンを外すことで、かなり安価になる。こういう立地的な面を許容できる旅行者にとっては、穴場なホテルなのかもしれない。

立地については、すぐ歩ける距離にローカルシーフードレストランがあり、テキトウな場所で良ければ夕飯には困らない。ただ、周辺へちょっと動こうとするのであれば、必ずタクシーが必要となってくる。そのため、その辺の不便さは受け入れないと難しいだろう。

ただ、そうは言ってもプール付きでこの値段。1泊程度であれば、かなりコスパよく楽しめる気がする。ヴィラ付きの豪勢なホテルに泊まるほどお金を出せないが、一度でいいからプライベートプールを体験してみたい、という人には十分オススメできるホテルと言えるだろう。

Lexis Suites Penangの最安値を検索する

【絶景】ホリデイインリゾートペナン 宿泊記
今、現在マレーシアにあるペナン島に来ている。前日まではペナン島中心部のジョージタウンにあるE&Oホテルに滞在していた。本日からは、こちらのホリデイインリゾー...
【ペナンお勧めホテル】イースタン アンド オリエンタルホテル 宿泊記
先日のマレーシア旅行では、ペナン島にも滞在をした。というか、ペナン島は旅程の中でのメインイベントの一つ。ペナン滞在中の2日間は、ペナン島で一番と言っても過言...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です