【お気に入り】JWマリオット・ホテル・バンコク 宿泊レビュー

JAL深夜便でプレエコにアップグレードをしたものの、深夜便の疲れは若干ながら残ってしまっている。早朝のバンコクは涼しいというよりはすでに蒸し蒸ししている。とにもかくにも、まずは本日宿泊ホテルに向かうことにする。今回宿泊するホテルは、マリオット系列の高級ホテルであるJWマリオット。さて、どのような滞在となったのか。

JWマリオット・ホテル・バンコク
(JW Marriott Hotel Bangkok)

ホテル名:JW マリオット ホテル – バンコク JW Marriott Hotel Bangkok
ホテルランク:★★★★★
宿泊部屋:エグゼクティブルーム
予約価格:約5,300THB(18,000円)
予約方法:Marriott公式経由

本日の宿泊先はこちら。今回もMarriott公式経由での予約を実施。公式ホームページからの予約には必ずMr. Rebatesを利用させてもらっている。

Mr. Rebates

時期にもよるが、年間を通じて5%程度(マリオット会員)のキャッシュバックを実施しているため、マリオット系列だけでなくIHG系列のホテル予約をする際にも利用させてもらっている次第だ。

JWマリオットバンコク公式ページから予約できる部屋は、そんなに多くない。スイートルームを入れても6種類と少なめだ。

  • デラックスルーム 33㎡ ← 予約部屋
  • プレミアルーム 33㎡
  • エグゼクティブルーム 33㎡ ← 宿泊部屋
  • スイートルーム 66㎡
  • ファミリールーム 66㎡
  • ファミリースイートルーム 99㎡
    ※このときは、マリオットゴールド会員としてチェックイン

今回は一番価格の安いデラックスルームを予約。当日アプリ上でエグゼクティブルームにアップグレードしてもらったのがわかったが、部屋の大きさは同じなので、あまり関係なかったりする。

もちろんゴールド会員なので、エグゼクティブラウンジへのアクセス権は部屋のランクに関わらず付いてくる

駅から近くアクセス抜群の立地


BTSのプロンチット駅から徒歩1~2分の距離にあるこちらのホテル。日中の移動であれば、便利なので言うことなしなのだが、今回はJAL深夜便なので早朝着。空港からタクシーでホテルへ向かう。

バンコクは日中渋滞が極めてひどいため、タクシーの利用は非常に気を付けているもののこときは早朝だったのでサクサク到着することができた。時間は午前8時前。

IMG_2611

ホテルすぐ近くのBTS付近で車を泊めてもらい、バンコクの日の出を鑑賞してみる。その後、徒歩でホテルへ。はてさて、チェックインできるのだろうか。

遠くからでもよくわかる外観

IMG_2615IMG_2614

遠くから見ると、こんな感じ。周りは低い建物が多いので、一際目立つこちらのホテル。周りは植物に囲まれている。

IMG_2616IMG_2617

噴水が印象的な外観。

IMG_2618IMG_2619

とりあえず付近でタクシーから降りて徒歩で来たこともあって入口が微妙にわからない。うろうろしていると、タクシー乗り場らしき側を見つけてここが入口とわかる。

チェックインカウンター

IMG_2705IMG_2704

とりあえず中に入ると、ラウンジというかバーを併設したロビーが広がっている。細かいポイントにオシャレかつ金がかかっている雰囲気を感じる。若干年数が経っており、建物自体は古くなっているらしいが、そんな雰囲気は感じられない。

IMG_2703IMG_2706

チェックインカウンターへ行くと、ゴールド会員ということでエグゼクティブラウンジへまず案内される。

ホテルスタッフ「とりあえず、午前8時で部屋が用意ができていないの」

私「もちろん全然いいですよ。この時間じゃ仕方ないですから」

ホテルスタッフ「ラウンジで朝食でも食べて待っててくれます?」

私「あ、朝食いいんですか?ありがとうございます~」

ということで、ラウンジへ行く。いや、英語だから語尾表現はもっと丁寧な表現になると思うけれども。全く嫌な顔されずに案内してくれる点はさすが。

IMG_2702IMG_2639

エグゼクティブラウンジは16階。ホテルキーを指してもらい、エレベーターで16階へ。

クラブラウンジ

IMG_2620IMG_2621

部屋の用意ができるまでこちらのラウンジで待つことに。午前8時。土曜日の朝ということで、もっと混雑しているかと思ったが意外なほど空いている。

IMG_2622IMG_2624

奥にはソファ席もあり、ラウンジにしてはかなり規模がデカい。

IMG_2625IMG_2627

こちらはテラスが見える席。

IMG_2626IMG_2628

テラス席も解放感があってなかなか良い。午前8時だとちょっと蒸し暑いので、遠慮させてもらったが。

IMG_2623

とりあえずサーモン、各種チーズ、フルーツ、オレンジジュースとカプチーノをいただいて休憩。

休憩中もホテルスタッフが挨拶というか話しかけてくれる。ここのスタッフはかなりフレンドリーで、英語も堪能。タイ訛りの英語は所々わからない瞬間もあるが、自分なんかよりみんなペラペラだ。

ホテルスタッフ「おはようございます~。どこから来たの?」

私「おはようございます。日本からですよ」

ホテルスタッフ「お休み?お仕事?いつ帰るの?コーヒー飲む?飲む?」

私「えっと、お休みとお仕事両方ですよ。週明けに。の、の、飲む」

と矢継ぎ早に色々聞かれる。バンコクでも珍しい濃厚積極で朝から驚いた次第。

IMG_2629IMG_2630

さて、ホテルスタッフとのお喋りを楽しんだ後は、朝食メニューを観察してみる。

朝はクロワッサンが用意されている。オーブンで常にホカホカ状態。こういう細かい部分でホテルの差が微妙に出てくる。

IMG_2631IMG_2633

オーブン2個目。こちらにはカップケーキとパンが複数種類。

IMG_2634IMG_2635

オムレツカウンターももちろんあり。

IMG_2636IMG_2637

サラダ、生ハム、チーズ、サーモン、シリアル。

朝食をつまんでいると、部屋の用意ができたとの連絡が。眠いしシャワー浴びたいので、さっそく部屋へ行ってみることに。

IMG_2640IMG_2641

長ーい廊下を渡って本日の宿泊部屋はこちら1618号室。

エグゼクティブルーム

IMG_2642IMG_2645

部屋の広さは33㎡。アップグレードされたと言っても部屋の広さは同じ。どのへんが違うのか、全くわからないのが残念。さすがにバンヤンツリーなどと比べると部屋は広くないが、一人利用なので全く問題ないレベルだ。

IMG_2647IMG_2648

枕は部厚めのものが4つ。

IMG_2649IMG_2650

サイドテーブルには、ボトルウォーター。グラスも添えてくれてるのは使い勝手いい。

IMG_2651IMG_2652

一人用ソファにはミニテーブルでウェルカムフルーツが。これは後ほど美味しくいただきました。

IMG_2655IMG_2656

壁には埋め込みテレビ。ごみ箱の底はホテルブランドのマーク付き。こだわってるねぇ、こういう所も。

IMG_2685IMG_2688

窓から外を眺めると、意外にも高層ビルが多いことがわかる。足元には夜の繁華街のナナプラザが見える。

クローゼット

IMG_2667IMG_2668

クローゼットには厚手のバスローブ、その他アイロン、傘、セーフティボックスなど一通りのアイテムが揃っている。

ミニバー

IMG_2662IMG_2663

ミニバーには有料ボトルウォーターとアイスボックスが。朝のこの時間には入っていない。

IMG_2665IMG_2666

おつまみ、コーヒー類も多数。冷蔵庫内もビール多めで用意されている。やはり今回も使わない方向で。

ビジネスデスク

IMG_2654IMG_2657

ビジネスデスクはガラス張り。仕事するには十分なスペース。

IMG_2658IMG_2659

ジムではフィットネスプログラムがあるらしく、スケジュールが記載された紙が用意されていた。プログラムがあるなんて珍しい。

IMG_2660

アウトレットも豊富。日本の端子ももちろんOK。

バスルーム

IMG_2670IMG_2671

バスルームはバスタブ、シャワーブース、トイレ、洗面台とスペース広めに設計されている。

IMG_2672IMG_2673

こちらは洗面台とシャワーブース。水圧は16階という高さにも関わらず良好。なお、宿泊部屋が最上階24階付近だと状況は違うかもしれない。

IMG_2675IMG_2676

アメニティもばっちり揃っている。当然といえば当然。でもこういう所が嬉しいポイント。

IMG_2681IMG_2682

バスソープアメニティはYLANG YLANG(イランイラン)。JWマリオットオリジナルブランドらしい。

朝から晩まで使いやすいクラブラウンジ

部屋でシャワーを浴びて、寝不足を補給。目覚めるとちょうどいい時間ということで、ラウンジのティータイムへ向かうことに。

ティータイムは仕事場に最適

IMG_2690IMG_2691

朝食とは打って変わって軽食モードのラウンジ。

IMG_2692IMG_2693

朝はクロワッサンが置かれていたオーブンはミートパイやスコーンが並ぶ。

IMG_2696

ミートパイとスコーンやタルトをいただきつつ、ソフトドリンクを食す。この後はラウンジで仕事モードにすることに。

ごりごり仕事をしているとあっという間に夕方の時間。待ち合わせの時間も近づいくるが、ラウンジはティータイムからカクテルタイムにいつの間にか切り替わった模様。

カクテルタイムもボリューミー

IMG_2697IMG_2698

カクテルタイムでは、アルコール類が多数提供される。チャンビア、ハイネケンのビールはもちろん、赤白ワインも用意されている。

IMG_2699IMG_2700

Great five collection 2015

置いているお酒はこちら。お手頃かな。ただ、日本じゃ入手難しそうなもの。

IMG_2701IMG_2719

ティータイムと比べて、食事の種類が一気に増えた印象。

IMG_2718IMG_2720

ちょこちょこと満腹にならない程度につまみをしつつ、カクテルタイムを楽しむ。

IMG_2721IMG_2722 IMG_2723IMG_2724

最後の方にはケーキまで登場。ただし、冷凍してあった模様で出された直後はカッチカチ。もちろん美味しかったけど。

この後は、日本からのお客様を夜のバンコク観光案内。もちろんボランティア。ホテルへ帰ってきたのはヘトヘトの深夜1時。さっさと寝よう。

朝食は静かなクラブラウンジで

IMG_2725IMG_2726

翌日遅めの起床で朝食へ。今日は完全なオフなので、出発の時間までのんびりする予定。お腹を満たすべく、この日もラウンジを楽しむ。

IMG_2727IMG_2730

本日もサーモン、チーズ、エッグステーションも楽しむ。

IMG_2728IMG_2729

各種パンも安定したクオリティ。

プール設備も充実

IMG_4606IMG_4605

日中はプールサイドで軽めの運動をすることに。欧米人がほとんどでアジア人は皆無。

IMG_4604IMG_4603

ビル群の合間にあるものの、日差しは抜群。バンコクの日差しは強いので、日焼けする可能性があるがまぁ適度にプール入ってれば問題ないレベルかと。前日飲み過ぎたアルコールと食べ過ぎた朝食は泳いでリセットする。

レイトチェックアウトを依頼しておいたので、この後はフットマッサージへ向かう。リフレッシュした後で、ホテルへ戻りチェックアウト。その後はUberで空港へ。

まとめ:バンコクの快適ホテルライフ

総合評価:★★★★★:バンコクの快適ホテルライフ
ハード面:★★★★☆:ラウンジの快適さといい文句なし
ソフト面:★★★★★:一際友好的なホテルスタッフは◎
コスト面:★★★☆☆:バンコクのホテルの中では高めだがコスパは◎
アクセス面:★★★★★:駅からも近く観光目的にも好都合

今回はマリオットゴールド会員のため、エグゼクティブラウンジを無償利用できたこともあり、ホテルライフの充実度が倍増した次第だ。価格だけ考えると、JWマリオットはバンコクのホテル内でそこそこ高い部類に入る。アップグレードの有無はそこまで関係ないが、ラウンジ利用ができない場合はあまりお得感はないかもしれない。

ただし、毎回食事は外食で済ましてしまう場合には、ラウンジアクセスの有無は関係しないだろう。バンコクは食事処は豊富にあることだし、駅からアクセスのいいこちらは観光にも最適だ。

個人的には、ぜひまたビジネス目的で再訪したいホテルの一つとなった次第。ご参考まで。

JW マリオット ホテル – バンコク JW Marriott Hotel Bangkok

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です