【JL035】JALビジネスクラス 羽田~シンガポール 搭乗記

シンガポールへ向かう飛行機はJALの深夜便を利用した。JL035はアメリカンやカンタスなど複数の航空会社とコードシェアを結んでいるが、基本的に乗客のほとんどは日本人だったのが印象的。今回は、JALのシンガポール深夜便を紹介する。

JL035ビジネスクラス 羽田TOシンガポール

羽田空港からシンガポールチャンギ空港までは、およそ7時間のフライトが一般的。今回利用したJL035についても、出発が深夜00:05で到着は現地時間午前6~7時となる6.5時間程度のフライトとなった。中距離圏にあたるこの距離は、航空会社によって、ビジネスクラスのサービスレベルにかなりバラつきがあるという印象だ。

ただ、今回は今まで感じていたJALのビジネスクラスの塩対応を見直すよいフライトとなった次第。

アラスカ航空で予約

今回のフライトの予約はアラスカ航空のアワードチケットとして手配したもの。具体的な発券方法は、以下の記事を参照していただければ。

【特典航空券】アラスカ航空でJALビジネスクラス・アジアの旅
今回はお得な特典航空券の紹介。アラスカ航空のマイレージプログラムを利用してアジアを回ります。もちろん、ビジネスクラスを利用。JALの特典航空券ビジネスクラス...

バンコク片道航空券とシンガポール片道航空券を1アワードで発券できるアラスカ航空券はアジア圏だけに関して言えば最強のマイレージプログラム(2017年時点)と言えるのではないだろうか。まぁ、またいつサクッと改悪されるかわからないけれども。

JALビジネスクラス チェックイン

IMG_5083

今回の旅の出発地である羽田空港からスタートする。電光掲示板を確認して、今回も定時運行されていることを確認しチェックインカウンターへ。

IMG_5084 IMG_5085

エコノミークラスのチェックインカウンターを見てみるとが、ほとんど列をなしていない。というか羽田にも関わらずガラガラだ。なんて珍しい日なのだろう。

IMG_5086

ビジネスクラスカウンターはもちろん待ちなし。ビジネスクラスの恩恵はあまり感じられないが、まぁゴタゴタしているよりは平和的な空港の方がオペレーションのミスも少ないし安心できる。トランクを1点預けて身軽になり、手荷物検査場へ向かう。

IMG_5087

羽田空港を何度も利用していたにも関わらず、今まで気づかなかったのだが、実は羽田空港の優先手荷物検査場は、ビジネスクラス搭乗者は利用できないルールとなっている。

JGC(JALの上級会員)やSFC(ANAの上級会員)であれば、こちらの優先レーンを利用できるのだが、ノンステータスの搭乗者はファーストクラス利用者でないと通過できない、というなんともヘンテコなルールとなっている。

エコノミークラスの上級会員が優遇されて、ビジネスクラスの一般搭乗者が優遇されない理由はかなり理解に苦しむ点があるが、これが羽田空港としての運営ポリシーなのだろう。

幸い一般レーンの混雑具合は比較的軽度であったため、10分もかからずにセキュリティエリアへ入ることができた。

出発前はサクララウンジで夕食&シャワー

IMG_5089

今回は深夜便を利用するため、出発前にシャワーを浴びて寝るための万全の準備をしてから搭乗することにする。合わせて、機内食の時間も深夜日付変更後の時間帯であるため、こちらで夕食となるJALカレーを食すことに。

ラウンジの様子はこちらの記事を参照。

【空いてれば快適】JALサクララウンジ 羽田空港国際線ターミナルへ行ってみた
これから東南アジアを2週間ほど旅してくる。ただ、日本を離れても海外で仕事をしなければいけない状況となっており、結局仕事場が日本から海外に移ったというオチ。ま...

ビジネスクラス ボーディング

IMG_5113

予想外の快適なラウンジ滞在を済ませた後に、優先搭乗が始まっている搭乗口へ向かう。ファーストクラスの表示が出ているものの、こちらはJAL最上級会員向けの案内。今回の便は、ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・エコノミークラスの3クラス制であるため、ファーストクラスの設定はない。

スカイスイートⅡ

JALの中距離用機材は現在、スカイスイートのシリーズかシェルフラットネオの座席が主流となっている。シェルフラットネオは、台湾便でも採用されているが、東南アジアではバンコク線にも利用されている。

シェルフラットネオの場合、機内の座席配置が2-3-2のアブレストとなるため、真ん中の座席となるE列はビジネスクラスにも関わらず、相当居心地が悪かったりする。以前、バンコクからの帰りに真ん中座席になってしまい、相当嫌な思いをしたのが印象として強く残っている。

【JL718】JALビジネスクラス バンコク~成田 搭乗記
今回は、バンコクからの帰国フライトに関する記事。バンコクスワンナプーム国際空港のサクララウンジを追い出されて、軽くテンション下がった状態だが、機内食もあるの...

IMG_5114 IMG_5115

スカイスイートⅡの場合、ビジネスクラスの座席配置は1-2-1となっているため、基本的にどの座席も通路アクセスを確保した利便性の高い構造となっている。また、窓側座席の場合、2A、4A、6Aなどはスタッガードの中でも座席側が窓側に来ており、棚の位置が通路側にあるため、プライぺート感が高くなっているのも特徴だ。

座席配置はマレーシア航空のA330と共通している点も多く、居心地の良さは今回強く感じた次第。なお、ANAのスタッガードほど棚は高くなかった印象なので、プライぺート感だとANAには劣るかもしれない。

IMG_5116 IMG_5117

ANAのビジネスクラスと対比すると、若干プライベート感は下がっている印象はあるが、空間的な快適さは抜群と言えるだろう。座席には多数のアメニティが積まれている。

IMG_5118 IMG_5119

ビジネスクラスの特徴とも言える画面の大きさはやはり嬉しいポイントだ。結局ほとんど利用しない場合が多いのだが、個人的にはただ大きいだけで嬉しい。

右手ひじ掛け部分には座席のリクライニングコントローターが設置されている。

低反発枕で快適度アップ

今回意外に良かったのが、ビジネスクラス全座席にある低反発枕だ。機内のアメニティとしては、かなり幅もあって背もたれ替わりにもなる。フルフラット時の頭の安定感など、機内の揺れを緩和するアメニティとしては極めて優秀で、個人的には全航空会社に導入してほしいぐらい嬉しいアメニティの一つとなった。

残念ながらウェルカムサービスはおしぼりのみ

以前、台北便やバンコク便に乗った際には一切ウェルカムサービスはなかったのだが、今回はおしぼりを提供してもらった。これだけでも嬉しい配慮だ。

他の航空会社はウェルカムドリンクを当然のように提供しており、ビジネスクラスとしての搭乗者を少なくとも歓迎するサービスをしようと努力しているのだから、このへんは最低限頑張ってほしい気がしないでもない。

だが、以前よりサービスレベルが上がった点は良かったと感じました。

深夜便にも関わらず軽食は手が込んでいる

IMG_5126 IMG_5127

深夜便の軽食は大抵簡素なものしか提供されず、場合によってはドリンクオーダーすら取ってくれないこともあるのが、通常のJALのサービスレベル。だが、今回はドリンクオーダーはもちろん軽食も併せて提供していただいた。

ブリュット レゼルヴ 箱付 750ml 並行品(シャルル エドシック)(シャンパーニュ)白【シャンパン コク辛口】【ワイン】【GVD】^VACH25Z0^

価格:4,838円
(2017/10/6 21:58時点)
感想(0件)


シャンパンの種類は、シャルル エドシック ブリュット レゼルヴ N.V.という銘柄。

IMG_5128

このときは、シャンパンをお願いしたのだが、アミューズというか、いつものおつまみスナック(納豆ピーナッツ、おかき)以外に加えてワンプレート料理も提供してもらえた。深夜便としては量もちょうどよく、お酒に合わせるには味もバランスが取れていて、非常に満足。

シャンパンを楽しんだ後は、疲れを残さないために、座席をフルフラットにして就寝タイムに入る。低反発枕の有難みを強く感じた時間だった。

到着2時間前に朝食

IMG_5129

たった7時間のフライトということもあって、睡眠時間は3時間程度しか確保できてはいなかったのだが、機内が明るくなって朝食の準備が始まった音で目が覚める。

IMG_5130

朝食は洋食をチョイス。メニュー一覧は以下のとおり。

  • お目覚めの一杯
    夢工房くまの みかん100%ジュース
  • アペタイザー
    グリーンサラダとハム、チョリソーの盛り合わせ
    ガスパチョ
    魚介のセビーチェ
  • メインディッシュ
    ほうれん草とサーモンのキッシュ
    塩こうじベーコン添え
  • パン
    クロワッサンとブリオッシュ
  • フレッシュフルーツ
  • ヨーグルト アカシアの蜂蜜添え

夜食でおつまみを食べた後の3時間後に、ボリューム満点の朝食を食べることになった。かなり苦しいな。

あと、いつも思うがJALはプレートの紙ナプキン上に直接パンを置くのはちょっと改善ほしいなぁ、とちょっぴり思う。

IMG_5134

最後は目覚めのコーヒーを飲んで、この後の長距離移動に備える。

まとめ:スカイスイートⅡはかなり快適!

以前の台北便やバンコク便がイケてなかっただけなのかもしれないが、今回のシンガポール便は本当に嬉しいポイントが多く、フライトそのものへの満足度がまるで違うフライトとなった。

今回搭乗した便だけがサービスが良かったというわけでないことを祈りたいところだが、また乗ってみたいと思った便なのは間違いない。シンガポール土曜深夜発の便は搭乗率は8割強ほどありましたが、アワードでの予約も比較的容易。

ANAはシンガポールに2017年はファーストクラスを設定しているということもあり、JALも気合を入れているのかはわからないが、コスパの観点からいえばJALも十分ありだろう。以上、ご参考まで。

【TG660】タイ国際航空ファーストクラス バンコク~羽田 搭乗記
ついに長かった旅路も最終局面。タイ航空ファーストクラスで日本へ帰ります。行きもファーストクラスを使っているので、衝撃的な驚きを受けることはないのですが、ファ...
【バンコクスワンナプーム】タイ国際航空ロイヤルファーストラウンジに行ってきた
早朝の便でシンガポールチャンギ空港からバンコクスワンナプーム空港に到着。機内で多少睡眠を補充したとは言え、連日動き回ってたせいもあり、足の裏が痛くて、全身に...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です