【特典航空券】JALで行く直前発券フィリピンマニラ線

今回もブリティッシュエアウェイズのAviosのお得な使い方を一つ紹介。フィリピンマニラ線もお得な路線の一つ。ブリティッシュエアウェイズの特典航空券発券ルールは距離制ということもあり、区切りの距離の境目で必要マイルが上がってしまう。東京とマニラはその関係で言うと、非常に都合良く2,000マイルに収まる距離になっており、たった10,000Aviosで発券が可能だ。

ルーティング

・必要マイル数 10,000マイル(JAL)
諸費用 5,000円
航空会社 JAL
・ルート:成田~マニラ(フィリピン)
予定機材:成田~マニラ ボーイング767-300
・参考価格: 現金で直前発券 約180,000円~、閑散期で発券 24,000円~

今回のフライトは旅行ではなく、緊急的な用事が発生した都合でラストミニッツ発券をせざるを得なくなったもの。マニラはアジアの中でもそこまで人気路線でないということもあり、フライト2日前であってもエコノミークラスに空席があり、10,000Aviosで発券することができた。

東南アジア圏の必要マイル

20170115_009
(ブリティッシュエアウェイズHPより筆者作成)

ブリティッシュエアウェイズのマイレージプログラムではフライト距離に応じて、必要マイル数が上表のとおり変化する。特に、2,000マイル弱、3,000マイル弱の距離にある都市がお得度の高いルートとなる。参考までにアジア圏の主要都市では、

  • 東京ー香港線:10,000マイル
  • 東京ーマニラ線:10,000マイル
  • 東京ーグアム線:10,000マイル
  • 東京ーハノイ/ホーチミン線:12,500マイル
  • 東京ーバンコク線:12,500マイル
  • 東京ーシンガポール線:20,000マイル
  • 東京ークアラルンプール線:20,000マイル

となっており、香港、マニラ、グアムあたりは、たった10,000マイルで発券することが可能だ。ベトナム線、バンコク線も必要マイル数を考えると非常にお得な路線の一つだろう。若干、エコノミークラスではしんどい距離となっているが、直前発券が必要な場合などは重宝することは間違いない。

Aviosを貯めるには?

さて、ここからはAviosをどう貯めるかについて紹介していこう。

アメックスゴールド、SPGアメックス等からのポイント移行

アメックスが頻繁に入会キャンペーンを行っているが、入会キャンペーンで獲得したポイントをブリティッシュエアウェイズのAviosへ移行することが可能だ。入会キャンペーンだけでなく、日々のカード利用で獲得できるポイントも合わせて、Aviosへ移行すれば毎年国内旅行2~3回程度できるぐらいのマイルが貯まるだろう。

特にSPGアメックスは、SPGポイント20,000を25,000マイルへ移行できることで知られている。マイルに詳しくなくても簡単にできる現実的に利用価値が高い方法の一つと言える。

なお、プロパーカードであるアメックスグリーン、アメックスゴールド等のポイントは2017年4月以降1ポイント当たり0.8マイルの交換比率に改悪された。若干お得度が下がっている点には十分注意したい。

※米国アメックスのクレジットカード等の場合、度々キャンペーンが実施されており、ポイント移行時にマイル交換比率がアップする場合がある。ただこれは、日本在住者の場合、利用するのは残念ながら非常に難しいと言える。

イベリア航空からのマイル移行(グルーポン)

イベリア航空のAviosはブリティッシュエアウェイズのAviosと相互交換ができる。そのため、イベリア航空のAviosを獲得できれば、用は足りてしまうということだ。

スペインのグルーポンでは、イベリア航空のAviosを不定期で格安販売しており、当該販売キャンペーンを利用してイベリア航空Aviosを貯めることができる。

なお、過去のキャンペーン時では(為替の影響がどうしても入ってしまうが)1Avios当たり1.2~1.5円程度の販売であり、購入できるAvios数は限定されている上に英語表記もないため、やや難易度が高い方法と言える。

※筆者自身はこちらでAviosを購入したが、システムトラブルに遭い、1年近くAviosが加算されないトラブルに巻き込まれている

ロケットマイルズ(Rocketmiles)、カリゴ(Kaligo)でのホテル宿泊

こちらはホテルを利用して、マイル/Aviosを貯める方法。非常に簡単かつ大量のマイルを獲得できるので便利。不定期ではあるが、加算マイル数が倍になるキャンペーンや加算マイル数が底上げされるキャンペーンを実施している。タイミングやホテル次第では、非常にお得な宿泊プランがあるため、定期的に活用したいサイトである。

ロケットマイルズ(Rocketmiles) 初回1,000ボーナスマイル付きリンク

【ロケットマイルズ】13,000円のホテルに宿泊したら4,000マイル貯まった話
先日、1泊13,000円のホテルに宿泊したところ、4,000マイルが貯まった話。いや、もうちょっと正確に言うと、4,000Aviosが貯まった。なんで?Rocketmilesを使ったから。お...

カリゴ(Kaligo) 初回1,000ボーナスマイル付きリンク

【Kaligo】ホテル予約でもマイルを効率的に貯める方法を紹介する
マイルを貯めたいと考えた場合、一般的には飛行機に乗ってマイルを貯めるというのが、通常の貯め方である。しかしながら、飛行機に有償で乗るという行為が日常的にない...

Marriott Travel Packagesの利用

海外ユーザーの中では、最も効率よい方法と称されることが多い。これが一番お得なはずなんだが、ホテルカテゴリの変更と価格変動も相まって、イマイチどんぶり勘定的な要素が多くよくわからない。ただ、日本の陸マイラー界隈ではなぜか認知されていないが、マイレージランナーの間では、王道な方法を紹介する。

高級ホテルグループのマリオットでは、ホテルポイントを航空マイルに移行することができることで知られている。移行できる航空会社は多数あり、その中にはイベリア航空が含まれている。270,000Marriottポイント(90,000SPGポイント)=ホテル7泊+120,000マイル(ユナイテッド航空の場合、132,000マイル)なので、超お得のはずなんだが、交換ルール上では”同じホテルに7連泊しなければならない”とされている。

普通に考えて同じホテルに7連泊なんてできない人が多いため、数泊しか消化できず残りを放棄する人が後を絶たないのだとか。なので、この方法はホテル利用目的ではちょっとイマイチ。ただし、マイルへの移行としては、かなり有力な選択肢の一つ。

ただし、Marriottポイントは大体0.6~0.8円/ポイント程度の価値なので、270,000Marriottポイント=162,000~216,000円=ホテル7泊+120,000マイルとなり、純粋にマイル交換を目的とするとホテル宿泊数分の影響もあって、交換比率が良い訳ではない。

カテゴリ1~5のホテルは日本にも昔あったが、今はゼロ。バンコク等すごしやすい観光地の一部に低カテゴリのホテルが依然あるが、そのうち上位カテゴリにランクアップするのは時間の問題だろう。7泊もしたい観光地を見つけようとすると、なかなか難しいという現実に直面する。

20170115_011

ホテルランクと移行マイルの関係もあり、すべてがお得と言うには厳しい一面があるが、選択肢として多いに検討したい方法の一つ。

まぁ、私自身の感覚では、今はAviosよりもアラスカマイルに交換する方がお得な気がするが。

まとめ:直前発券に救われた今回のフライト

兎にも角にも今回は直前発券が可能であるブリティッシュエアウェイズのマイレージプログラムに大変救われた形となった。もし現金で発券していた場合、2名で36万円もの航空券価格を購入する羽目になっていたし、普段からAviosを貯めていたことや、航空マイルの知識があったことから、突然の大きな出費を抑えることができた。

フィリピンマニラは旅行目的の発券でも、そこそこ安い航空券が出ている。そのため、必ずしもマイルを利用しなくてもよい地域の一つだ。しかし、タイミングによっては、非常に高い金額のチケットとなってしまう場合もある。うまくAviosを組み合わせることで、お安くお得に旅行なり移動することができる点は覚えておきたい。ご参考まで。

【特典航空券】アラスカ航空でCXファーストクラスを発券する
先日夏の旅行用にアラスカ航空のマイレージプログラムを利用して、キャセイパシフィックのファーストクラスを発券させてもらいました。キャセイファーストクラスはブリ...
【特典航空券】ファーストクラスで発券。ANAマイルで行くアジア周遊の旅
今回は久しぶりにANAマイルを使って特典航空券を発券したので、紹介したい。発券に至るまで、いろいろと紆余曲折があったのだが、これはこれで満足行く旅程が組めたので...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です