【いくら盛り放題】狸の湯ドーミーイン札幌ANNEX 宿泊記

本日は、ドーミーイン札幌ANNEXに宿泊している。前日はホリデイインすすきのに宿泊していたが、ホテルをホッピングする形で移動をしてきた。ドーミーインは、日本全国にある大浴場付きホテルチェーンとして非常に有名だ。価格帯も手頃で国内出張先ホテルとして利用している人も多いはず。今回は、そのドーミーインの中でも札幌にあるこちらのホテルを紹介する。

狸の湯 ドーミーイン札幌ANNEX

ホテル名:狸の湯ドーミーイン札幌ANNEX
ホテルランク:★★★☆☆
宿泊部屋:ダブルルーム
予約価格:約8,500円
予約方法:じゃらん経由

札幌という土地柄、週末は宿泊価格が高騰しているが、平日や日曜日の宿泊価格は非常に安価で安定しており手頃な値段となっているのが特徴だ。今回はすすきの駅周辺でホテルを探しており、滞在時間も短いことから夜寝て翌朝早朝に出発するだけのホテルを探していた。そのため、大浴場付きで立地にも優れているこちらのホテルをチョイスした次第。

予約は普段使っていないじゃらんから。じゃらんは使っていないが、会員登録しているだけで、頻繁に期間限定ポイントや割引クーポンが届くため、今回は期間限定ポイント3,000円分を利用してお得に予約させてもらった。

すすきの駅徒歩1分の超好立地

場所は、地下鉄すすきの駅から東へ徒歩1分の距離にある。狸通りの商店街に面しているため、雨でも濡れずにホテル近隣のコンビニなどへ向かうことができる。札幌観光の拠点として利用するのもいいし、出張利用で使ってもいいだろう。周辺には、食事処は豊富にあるため、朝から晩まで楽しめることは間違いない。

ホテル外観は木造感溢れるデザイン

IMG_5065IMG_5064

ホテル入口は非常に便利。商店街につながっており、商店街の中で向き合うようにドーミーインプレミアムが位置している。デザインは木造建築を彷彿させる落ち着いた色合い。撮影は翌朝早朝で撮ったものであるため、人気がないが、夜間は商店街であるため、10時過ぎでも相当往来が激しいのが特徴だ。

目と鼻の先に、コンビニもあるため小腹が空いたときやビールを買いたいときも、すぐに買い出しに行ける点も嬉しいところ。

チェックイン

IMG_5043IMG_5044

今回は外で飲んだ後にチェックインしにホテルへ来た。時間は午後9時過ぎの時間帯。この時間帯だと、大浴場を使う人や夜に到着した人などでロビー付近は多少混雑する一面があったものの、チェックイン自体はほんの1分程度で終わる。

チェックイン時におしぼりをいただいた後、大浴場の説明、夜泣き蕎麦の説明(対面するプレミアム館で提供されているとのこと)などを受け、サクッと手続きは終わる。

IMG_5040IMG_5042

チェックインロビーは簡単なミーティングポイントとなっている。別のホテルに宿泊する友人らを引き連れてチェックイン。ロビーでイッテQを見ながら、グダグダと寛いでいる友人ら。

ちなみにこちらには、ウェルカムドリンクならぬウェルカムセルフドリンクということでコーヒーサーバーがある。

IMG_5046

建物は10F建のこちらのホテル。3階から上はすべて客室となっており、2基あるエレベーターで移動する。

ダブルルーム

IMG_5047

部屋はこちらのダブルルーム。14㎡という極めて狭い部屋であるものの、思ったより狭い印象を感じさせない造りはさすがだ!学生時代の寮のようなベッドと簡易机という構成でワンルームが構成されている。

IMG_5048IMG_5049

シングルルームが割り当てられたが、ベッドはダブルサイズ。14㎡の部屋だが、設備がきっちりコンパクトに揃ってて非常に便利である。1人利用だとここまで快適な部屋はなかなかない。

枕元にはコントロール系が揃っており、ベッドから移動することなく、部屋の照明や空調をいじれるという当たり前の設備をキッチリやってくれる点は嬉しいところ。ヘタに5★ホテルだと、こういう気遣いある配置を完全に無視しているから、やはりこの辺にビジネスホテル特有の居心地の良さがあったりする。

IMG_5050

部屋の中には空気清浄機も用意されている。パナソニック製の空気清浄機は、たしかホリデイインすすきのにもあった。札幌のホテルは、空気清浄機は当然の設備か何かなのだろうか。

ビジネスデスク

IMG_5051IMG_5052

デスクもこの通り。さすがにデスクで仕事するのにはちょっと向いてないサイズ。簡単な物を置いておく程度と言った感じだろうか。テレビサイズもちょっと小さ目であるため、ベッドから眺めるにはちょっと不便。

地味に電話がオシャレ。あと、スマホの充電器が各種用意されており、充電器を忘れた人や海外旅行者でプラグ形状が合わない人でも安心だろう。

IMG_5053IMG_5054

こちらはWi-fiとセーフティボックス。スペースを上手く活用しているのが印象的。

クローゼット

IMG_5055IMG_5056

実は、この狭い部屋の中にちゃんとクローゼットも用意されている。右の画像を見てわかると思うが、ベッドとクローゼットは隣合っているのだが、このクローゼットの左側は部屋の入口となっている。

すなわち、部屋のドア→クローセット・洗面台→ベッドルームという構成になっており、部屋のスペースを余すことなく使用している。

クローゼット内には、寝間着や館内用スリッパなど居心地のよいアメニティが完備されている。こういう気が利くアメニティがしっかり揃っているのが、ドーミーインの嬉しいポイントだ。

IMG_5057IMG_5058

クローゼットと対面しているのが、こちらの洗面台。アメニティはもちろん最低限なレベルではあるが、揃っている。

IMG_5059IMG_5060

洗面台の下には、冷蔵庫とティーポット。冷蔵庫は空という点も利用客層の心理をよくわかっている。

IMG_5061

シャワーブースへの入り口はトイレと連結している仕組み。写真だとわかりづらいが、ベッドルームの右側にトイレへつながるドアがあり、シャワーブースと繋がっている仕組みだ。

シャワーブース

IMG_5062IMG_5063

こちらがシャワーブース。1人用のシャワーブースとして、一般的なサイズだ。

そして、シャワーの水圧は尋常なく強い。これは非常に嬉しい!シャワーブースだけでなく、ドーミーインには大浴場があるのが特徴であるため、別にこちらを利用しなくても良い。今回、大浴場を利用しなかったが、ビジネスでの出張時には値段も手頃だけに、そちらを利用するのも良いだろう。

とにかく居心地は抜群と言える。ただ、非常に残念なことに、今回翌朝は早朝出発であるため、いくら盛り放題で有名な朝食が食べれないというのが心残り。。。あぁ、なんて勿体ない滞在をしてしまったんだろうか。。。

まとめ:次回はぜひ朝食付きで!

総合評価:★★★★★:次回はぜひ朝食付きで!
ハード面:★★★★☆:設備は非常に綺麗
ソフト面:★★★☆☆:多くは求めるべからず
コスト面:★★★★★:安価に関わらず、清潔かつアメニティ豊富
アクセス面:★★★★★:すすきの駅徒歩1分

今回の宿泊費用は約8,500円。相場的にはアパホテルの方が安い傾向にあるが、個人的には大浴場や朝食重視なら断然ドーミーインだろう。立地条件や設備面を考えると、価格以上のコスパは確実にあると言える。

また、14㎡という狭さでも部屋の作りを工夫するだけで、ここまで広く快適に使えるものかと驚いた今回の宿泊。こういう部分は他5★ホテルも参考にしてほしいもの。これだけ空間的制約があっても、ここまで快適な部屋はなかなかないだろう。

ぜひすすきの周辺での宿泊ホテル候補にどうだろうか。

狸の湯ドーミーイン札幌ANNEXの最安値を検索する

【早朝出発に最適】ロイヤルパークホテル ザ 羽田
これから台北2泊3日の純粋なプライベート旅行をしに行く。なお、今回は早朝出発のピーチ航空を利用するため、羽田空港で前泊する予定だ。前泊用に使ったのは羽田空港...
ヨコハマグランドインターコンチネンタル 宿泊記
先日IHGグループの最高ブランドでもあるヨコハマグランドインターコンチネンタルに宿泊してきました。インターコンチネンタルは比較的知名度の高いホテルブランドだ...

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です