Dnataラウンジ(シンガポール・チャンギ国際空港)訪問記

2週間にもわたるアジア周遊旅行を終えて、日本へ帰ります。まずは、シンガポールチャンギ国際空港から香港国際空港へ向かうフライトを利用します。こちらのフライトを待つ間はチャンギ国際空港内にあるDnataラウンジで過ごしました。キャセイパシフィックのビジネスクラスを利用している場合には、こちらのラウンジが指定されるようですね。今回は、こちらのラウンジの様子を紹介します。

 Dnataラウンジ ターミナル1

ラウンジ名:Dnataラウンジ
空港名:シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル1
入場資格:ワンワールド系ビジネスクラス搭乗者以上(上級会員含む)
備考:シャワールームあり。プライオリティパス対応ラウンジ。

チャンギ国際空港でチェックインした際に、キャセイパシフィックのスタッフから指定されたラウンジはこちら。普段からプライオリティパスが利用できるため、敢えてビジネスクラス利用者として使う必要もなかったのですが、特段ラウンジにこだわりもなかったため、真っすぐ向かうことに。

こちらのラウンジはセキュリティエリア内に位置しており、3階にあります。搭乗口は2階にあるため、他のラウンジと同様、エスカレーターで上がって入場することとなりますね。

多数の航空会社が利用するラウンジ

860㎡以上の広さがあるラウンジとのことで、200名以上の乗客が快適に過ごせる座席が用意されています。利用している航空会社は、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、エールフランス、デルタ航空、フィンエアなど多くの航空会社が利用しており、混雑度合いが気になるところですが、私が利用した際は非常に静かで快適な空間だったことを覚えています。

なお、ラウンジ運営時間はAM3:30~翌AM2:30とほぼ24時間運営しており、ラウンジ泊する輩もいるんじゃないかと思ってしまう居心地の良さ。日跨ぎのトランジット時には、逃げ込み先としてありかもしれませんが、いい大人としてあまりやりたくないですね笑。ちなみに、キャセイパシフィック航空のホームページ上は24時間運営の表記があります。

シンガポールと言えばチキンライス!

このあとは、ビジネスクラスの機内食があるため、あまり多くを食べる訳にはいかないのですが、シンガポールでの滞在があまりに忙しくチキンライスも食べる暇もありませんでした。そのため、ちょっとだけラウンジのチキンライスを食べることに。

ラウンジ内はチキンライスだけでなく、春巻きやカレーも置いてあり、お腹を満たす目的であれば、十分な種類が揃っている印象です。シンガポールなので、マレーシアとは違いアルコール類も豊富に揃っています。非常に嬉しいですね。

中ではスタッフが忙しくあれこれと動き回っていますが、基本的に忙しいのはキッチン内部。ラウンジ全体は非常に落ち着いています。

滞在時間中は、搭乗客で混雑することはほとんどなく、非常に快適に滞在することができました。日本の航空会社ラウンジなどの常時、大忙しのラウンジではほとんどゆっくり滞在することはできませんが、海外のラウンジは比較的空間にゆとりがあることが多いです。こうやって落ち着いてフライトを待つことができるのは、なんとも贅沢な瞬間とも言えます。

まとめ:まったり静かで落ち着くラウンジ

正直何か突出して秀でた特徴を持つラウンジではありませんが、何より広い空間とゆったり落ち着けるインテリアや混雑のない空間でゆっくり滞在できる点は何とも貴重なものでしょう。

海外の空港ラウンジは大概ゆったり落ち着いてのんびり過ごすことができるため、そこまで大きな差はありませんが、きっちり空港ラウンジとしての役割を担ってくれる個人的に好きなラウンジのひとつとなりました。

シンガポール・チャンギ国際空港は正直言ってしまって、空港ラウンジを利用しなくても、空港内を歩き回るだけで非常に楽しい場所だったりします。たくさんの免税店などを回りながら、搭乗口までのんびり行くのもいいし、空港ラウンジでゆっくり滞在するのも、どちらもオススメですね。

海外の空港ラウンジはプライオリティパスが便利

Dnataラウンジを利用する場合は、基本的には該当する航空会社のビジネスクラス以上に搭乗している必要があります。ただ、空港ラウンジは使いたいけど、なかなか毎回毎回ビジネスクラスのチケットで移動するのは難しい、という人も、きっと多いのではないでしょうか。

そのような方には、ぜひプライオリティパスの取得をすることをお勧めします。プライオリティパスは全世界に600以上の空港ラウンジと提携しており、このカードを見せるだけで、エコノミークラスでもLCCでもラウンジを利用することができます。

プライオリティパスは楽天プレミアムカードで

そして、そのプライオリティパスを簡単にゲットする方法が、楽天プレミアムカードを申し込むことです。楽天プレミアムカードには、実はプライオリティパスが付帯しており、約10000円の年会費で空港ラウンジをいつでも利用できるプライオリティパスが取得できます。現在、ゴールドカードを持っていない人、頻繁に海外へ出かける人などは持っておいて損はないでしょう。

楽天プレミアムカード



【コスパ抜群】ヒルトン・ガーデンイン・シンガポール 宿泊記
さて、現在はシンガポールに来ている。ほとんどトランジットレベルでの滞在なので、あまり長居することもないのだが、多少街で買い物したい事情もあり、こちらのホテル...
【シンガポール】ホリデイイン エクスプレス カトン 宿泊レビュー
シンガポール滞在1日目。本日から2泊3日でこちらのホテルにお世話になる。すでに6泊バンコクに滞在しており、毎日猛暑の中歩き果てていたため、シンガポール到着の段階...



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です