新社会人に伝えたい元銀行員が教える7つの貯蓄術

4月になり電車にも新社会人と見られるパリッとしたスーツを着て出社する若者がちらほら見られるようになった。社会人になりたての頃は貯蓄法などまったく考えてもいなかったが、最近は多種多様な貯蓄法が出てきている。貯蓄は人生設計と切っても切れないテーマであるため、新社会人の方は一度真剣に考えてみるとよいのではないだろうか。今回は金融業界にいた経験から、一般的なものからちょっとマイナーなものまで幅広く貯蓄法を紹介したい。

その1 一般財形貯蓄

財形貯蓄というものはご存知だろうか。一般企業に勤めているサラリーマンの中には、会社の福利厚生の一環で財形貯蓄制度なるものがある場合が多い。一般的に財形貯蓄とは、給与天引きで積立ができる制度であり、用途に限らず引き出すことが可能だ。

なお、財形貯蓄に係る利息は一般的な普通預金、定期預金も有利であると言われている。ただし、財形貯蓄は会社と金融機関の契約によるものなので、預金利率とほとんど同じ場合もあるため、過度な期待はしない方がよい。

○給与天引であるため、知らず知らずのうちに貯蓄が可能
○通常の預金のように用途に限らず引き出すことが可能
×積立開始日から1年間は払い出しを行えない
×勤めている会社が財形制度を導入していないと利用できない

財形貯蓄については、こちらの記事に詳しく記載。
日本の年金制度シリーズ② ~財形貯蓄制度~

その2 財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄

財形貯蓄の中には「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」という種類もある。「財形年金貯蓄」は老後資金のための積立てができる制度であり、「財形住宅貯蓄」はマイホーム購入資金を積み立てることができる制度だ。

これらは5年以上の定期的な積立が必要となってくることや、引き出し要件が限定されている点に注意が必要だ。一方で、その代わりと言ってはなんだが利息部分に係る非課税措置を受けることができる。

なお、転職や退職(専業主婦等)した場合には、積立が一定期間中断し非課税措置を受けられないケースもあることや、利率が通常の定期預金同様に非常に低い水準である点は留意したい。

○給与天引であるため、知らず知らずのうちに貯蓄が可能
○利子等に対する非課税措置を受けられる
○マイホームを購入する際に、財形持家融資と呼ばれる融資制度を利用することができる
×転職や退職(専業主婦等)した場合には、積立が一定期間中断し非課税措置を受けられないケースも

その3 貯蓄型保険(養老保険等)

解約返戻金があるタイプの終身保険や個人年金保険等、様々な商品がある。一般的な終身保険であれば、毎月保険料を払うことで、満期までの死亡保障を付加させつつ、満期到達時に一時金または分割払いとして受け取ることができる。積立方法や受け取り方など、豊富な種類がある上、税制優遇(生命保険料控除または個人年金保険料控除)も受けることができる。ただし、満期に到達する前に途中解約してしまう場合、商品によっては元本割れを起こしてしまう商品があることや、インフレリスクに対応していない商品がある点には注意したい。

○死亡保障・障害保障付きの商品もあり
○税制優遇(生命保険料控除・個人年金保険料控除)を受けられる
×中途解約により元本割れの危険性
×インフレリスクがある




その4 国債や社債等の購入

先日マイナス金利の件が世間を騒がせたことは記憶に新しいが、貯蓄法として債券に投資することは一つの選択肢としてお勧めしたい。個人向け国債は3年物、5年物、10年物と販売されており、証券口座を保有していれば個人で購入することが可能だ。日銀がマイナス金利を導入したとはいえ、個人向け国債はプラスの金利を保っており、銀行預金と比べても単純な利回りでは優位である。(とはいっても、今月販売されている国債の利率は0.05%と非常に低いのは残念な話だ)

また、社債に投資するという選択肢も貯蓄法として考えられる。開設している証券口座によって購入可否がわかれるが、国債よりも有利な利息がつくことが多い。また、社債の格付けを参考にすれば、十分安全な投資方法といえるだろう。

※なお、外国債券については利率が高いことが魅力的ではあるが、為替変動リスクが関わってくることや国内の債券市場と比べてデフォルトリスク等が高くなるため十分注意しよう

○預金利率と比較すると高い利回り
○満期まで保有すれば元本保証
×社債はデフォルトリスクが存在(国債ももちろんあり)
×一部のネット銀行と比較すると利率が悪かったりする

その5 株式等の購入

実は株を購入するという大胆な貯蓄術もある。もちろん銘柄によってはハイリスクとなり、元本は保証されないどころか全て失ってしまう危険性もある方法なので十分注意したい。ただ、最近の株式投資はミニ株・プチ株といった非常に小さい金額から売買できるようになっていることや、ある程度の株式を保有していると株主優待券を受け取れるなど、低金利な現代だと非常においしい特典があるのも事実だ。一概にどの株がよいということは決して言えないため、貯蓄の一部を株式に充てて運用するのも、マーケットを勉強するという意味でもよいと思う。

ここでは株式を代表的に書いたが、マーケットを勉強するという意味では、投資信託を積み立てる方法や、金や銀、プラチナに投資するのも世界的な経済の動きを理解できる。ポートフォリオの一部としてこれらのハイリスクなものに投資するのもよいかもしれない。

○株主優待券等のお得要素
○実際に株式投資することでマーケットの勉強になる
×価格変動によるキャピタルロス

その6 確定拠出年金(個人型)

かなりマイナーな年金制度として確定拠出年金(個人型)というものがある。これは、企業年金等がある会社のサラリーマンは現在利用することができないのだが、個人事業主の人や企業年金がない会社に勤めてるサラリーマンは加入することが可能だ。

小規模企業共済等掛金控除による税制優遇が受けられることや受け取り時は退職所得控除(または公的年金等控除)を利用することができる。しかし、原則60歳まで引き出せないことや拠出限度額がある点があるため、将来の老後資金目的以外では利用することができない点には注意したい。

○掛金は全額小規模企業共済等掛金控除
×原則60歳まで引き出せない
×拠出限度額あり

なお、現在国会ではDC法の改正案が提出されており、これが成立すれば企業年金がある会社のサラリーマンでも加入することができるようになる。

確定拠出年金法の改正。その掴むべきポイントをまとめ!

その7 普通預金・タンス預金

あらゆる手続きが面倒くさい人こそ普通預金をすべきだろう。貯蓄をする社会人の中には、どんなに利率が低くても元本保証でいつでも引き出したいというニーズもある。そんな人は、(これまでどおり)銀行口座に預けておくのが一番無難かつ安全だ。

メリットは元本保証(1千万円まで)といつでも引き出すことができる利便性だ。一方で、デメリットは極めて低い利率であることや、給与天引きというわけにもいかないので、貯蓄をする強い意志が必要となる。なお、定期預金となると、利便性というメリットが大きく損なわれるため、短期のものならばまだしも10年程度の長期定期預金はあまりメリットがあるとは言えない。

ただ、細かい手続きなどほとんどいらない場合も多いので、なんとなくお金が余れば貯めておくスタイルの人こそ合っているのかもしれない。

なお、普通預金は2016年4月現在、0.001%(大手都市銀行)、0.100%(ネットバンク)となっているので、既にネットバンクの口座を持っている人やネットバンクに抵抗がない人は、多少利率のよいネットバンクを利用した方がお得といえる。

○特に何も手続きもいらない。給与が振り込まれるのを待つだけ。
○1千万円まで元本保証される
×低利率(ネットバンクなら多少高い)
×貯蓄を成功させるには強い意志が必要

ここまで7つの貯蓄術を簡単に紹介してきたわけだが、最も重要なのは「何で貯蓄するか」よりも「どうやって貯蓄するだけのお金を確保するか」であることは簡単に想像がつくだろう。もし読んでる方が新社会人ならば、手取りの1割でもいいので貯蓄する癖を早めにつけることが、貯蓄をする一番の近道だと思う。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です