香港空港のシャワーが使える空港ラウンジ(プラザプレミアムラウンジ)

香港国際空港からの本日は帰国します。深夜遅くに空港へ到着し、チェックインカウンターへ向かうものの、まだオープンしていない状況です。出発2時間前だから通常はオープンしているのですが、今回利用しているのはLCC。なので、チェックインカウンターは2時間前からオープンする予定となります。周辺には早くカウンターがオープンしてくれないか、と退屈そうに並ぶ乗客がうじゃうじゃと溢れている模様。まだ2時間前だというのにカウンターには並びだし、長蛇の列を成してきました。

わざわざ並ぶのは嫌なので、空港ラウンジでのんびり時間を潰すことにします。今回はLCCでも使える香港の空港ラウンジを紹介。

香港国際空港

香港国際空港は、通常のレガシーキャリア(JALやANAなど)が離発着するターミナル1とLCCのチェックインカウンターが多数あるターミナル2の2種類のターミナルがあります。必然的に、空港ラウンジはターミナル1の方が豊富なのですが、こちらターミナル2にも空港ラウンジはあります。

空港名:Hong Kong Chek Lap Kok Intl (Terminal 2)
ラウンジ名:Plaza Premium Lounge

プラザプレミアムラウンジ

img_2016img_2017

実は、こちらの空港ラウンジはセキュリティエリア外に位置していますターミナル2の到着ロビー側の階中央付近にあるため、3階のチェックインカウンターから、エスカレーターで降りて向かうこととなります。

ターミナル2はチェックインカウンターこそ分かれているものの、セキュリティエリアを抜けた後は、電車に乗ってターミナル1側の搭乗口へ向かうこととなります。そのため、ターミナル2のセキュリティエリアを抜けてから、搭乗口へは15分~20分ほどの時間を要してしまう点には注意が必要です。こちらの空港ラウンジを利用する際は時間に気を付けて行動しましょう。

img_2018

ソファ席中心のラウンジ内部

img_2011img_2015

基本ソファ席を中心に配置されており、かなりの人が入れる模様。かなりボックス席も多く、落ち着いて時間を過ごすことができる雰囲気がします。

img_2003img_2004

非常に混雑をしている場合には、ハイカウンターの席も使用することがあるのでしょうが、この日は深夜ということもあり、ガラガラ。

img_2010

インターネットコーナーも完備されています。ビジネスデスクが見当たらなかったのですが、ここにはないという理解でよいのかな?ちょっと調査できず。

img_2005img_2009

左上の写真は冷蔵庫。ソフトドリンク、ビール、サンドイッチが入っています。

右上の写真はリキュールカウンター。ただし、こちらは有料。なんだか有料って聞くと、あえてお金を払ってまで飲みたいとは思わないのですが、どれくらいの人が注文しているのでしょうか。

img_2006img_2007

冷蔵庫の横には、軽食類が本来あるはずなのだが。。。深夜なのでほぼ全て撤去されています。。。(悲)

今はなぜか食パンだけがそこにある状態。まぁ、直前まで中華料理をたらふく食っていたので、わざわざここで食べるつもりはなく、問題はなしということで。深夜0時を過ぎていると、食事はほぼないに等しいので、この時間帯に利用する場合は覚えておきたいですね。

img_2008

こちらには乾き物やカップラーメンが用意されています。

シャワールーム

img_2012img_2014

今回のラウンジ訪問の目的はシャワールーム。深夜2時出発の便で東京へ戻り、朝空港からそのまま会社に寄る必要があるため、さすがにシャワーを浴びたいところです。このラウンジはシャワールームを併設しており、ありがたく使わせてもらいます。

カウンターでシャワールーム使いたい旨、受付へ連絡した後、スタッフにより2畳ぐらいのシャワールームへ案内されます。ちょっとトランクを開くには窮屈で辛い広さではありますが、シャワーを浴びれるだけ、マシでしょう。

img_2013

シャンプー、ボディーソープはボトル式で壁備え付け。アメニティには歯ブラシがあり、一通り揃っていたのは大変助かりました。ササッとシャワーを浴びて、改めてチェックインカウンターへ戻ります。

なお、ここのシャワールーム。利用したときは若干排水が悪く水が溜まっていたのがちょっと残念なところ。

まとめ:香港にLCCで来たらぜひ使ってみよう

ここターミナル2の空港ラウンジはLCCを利用していても、プライオリティパスを持っていれば利用が可能です。今回はLCCチェックインの長蛇の列に並ぶのが面倒臭かったため、列が解消するまで空港ラウンジで時間を潰すことができました。搭乗口はターミナル1側になるため、時間に余裕があればターミナル1側の空港ラウンジを利用することが可能です。

今回のラウンジはセキュリティエリア外にあるため、時間にだけは気を付けて利用するのがいいでしょう。

また、ラウンジ利用にはプライオリティパスを用いました。LCCを利用していても、空港ラウンジが使えるというのが、プライオリティパスの大きなメリット。海外の空港にはほぼ例外なくという位、空港ラウンジを有しているため、これ1枚で空港での待機時間を有効活用できます。

なお、プライオリティパスは楽天プレミアムカードを発行すると、その特典として無料発行ができます。ぜひ海外へ年間1度以上旅行するような方であれば、非常にお勧めです。

楽天プレミアムカード 新規入会&利用で10,000ポイント付きリンク

今なら新規入会&利用で楽天ポイントが10,000ポイント(最大15,000ポイント)付与されるキャンペーン付き。海外出張者や旅行予定者はこの機会に申し込んでおくことをお勧め致します。


楽天プレミアムカードは年会費ほどのメリットがあるか検証してみる
本日のお題は、「楽天プレミアムカードは、年会費払っても持つべきか」としましょう。”楽天プレミアムカード”は、”楽天カード”、”楽天ゴールドカード”の上位に位置する...
一度は立ち寄りたいバンコクのお勧め空港ラウンジ③(Louis' Tavern CIP First Class Lounge)
今回で3つ目の空港ラウンジ紹介となるが、今回で一区切り。バンコクのスワンナプーム空港のコンコースGには、複数の空港ラウンジが設置されているが、今回紹介するラウ...


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です